未踏の地の行きたいところ

IMG_0010.jpg
山田方谷と聞いて知ってる人は少ないのかと思いますが 
上杉 鷹山は多くの方に知られた財政立て直しの神的なお方ですね

山田方谷とは 幕末期に備中松山藩の経済を立て直した家老ですが興味の有る方は検索して下さい
興味を持ったのは私の尊敬する人の一人、幕末に活躍した越後の河合継之介が多くの私塾や公塾の
先生達の中で唯一尊敬に値する人物との事 自分が尊敬する人が尊敬するのだから興味を持ちました

その山田方谷が家老を務めた備中松山藩の居城が松山城 そして現存する12天守の一つと言う事
その中で一番高地に立つ城 余り有名では無い と言う事は城好きですから行かない理由が有りません 

しかしながらこの城は道が狭い 駐車場が小さい 歩いて登る道が険しいとの三重苦 多くても日に
120人程度しか観光に来ないそうですが 城や石垣が当時のまま残り NHK真田丸のオープニングの
撮影に使われたのが ここ松山城の石垣  とても良い場所でした 

城下町並みも風情が有り自然に昔のまま残った感じです もっとゆっくり滞在して待ちも散策してみたい
でも観光客が来ないので 見る所が少なそうです とても山深い地域に有りますが 行く価値は大です

IMG_0251.jpg
田舎の山城と比較すると松江城は都会の城です 国宝に成ったりぶらタモリで紹介されたり茶人大名松平不昧
人気で観光局の多い場所でした  自分の感想は 普通です 規模から言えば姫路城には及ばないし
ですから普通でした

IMG_0234.jpg
しかし 徳川家親戚筋の大藩ですから 町並みや文化や食についてはとても素敵な松江市です
ご存知 宍道湖に面した料亭で頂いた アナゴはとても美味しく都内と比較すると非常にお安く
歴史と同居してる感じが非常に羨ましい町でした

IMG_0110.jpg
山陰ツアーで必ず立ち寄るところが 足立美術館 庭が綺麗で有名ですね 

確かに綺麗で非の打ち所が無い手入れの庭ですが どうにも好きに成れないのですね
どこか違和感が有りました 収蔵の日本画も横山大観だったり 陶器は魯山人だったりと
一般的に立派ですが、、、 好みは人それぞれですから 何とも言えません

足立美術館で唯一気持ちが良かった場所が 桂離宮の茶室をコピーして造った建物に
茶庭があり抹茶を頂けるのですが 殆ど人が来なくて落ち着ける場所でした

世界的にもお勧めの日本庭園との事ですが 何故か好きに成れないのですね
感覚の合う 農人たちの宮本氏に写真を見せたところ 納得のコメントが、、、

この庭は まるでゴルフ場、、、、
成るほど 借景の自然の景色に対して 作りこみ過ぎた感じが オーガスタに似てる
ゴルフ場のカレンダーを見てる感覚でした  人の手が入り過ぎてる感じが何処か
むずむずしてしまうのです この感じ解ってくれる人居たら お友達に成りたいものです。


山下達郎さんの嫁の家に泊まりました

IMG_.jpg
山陰の旅の宿は 写真の旅館竹野屋 出雲大社の参道に有る旅館です
ここは竹内まりあの実家だそうで=山下達郎嫁の実家と言う事でした(笑

何でも竹内まりあさんが役員に成り資金を援助したのか?最近リニューアルし
甥っ子さんが社長を務めてるそううです 宿の7割以上がファンや関係の人だそうです

何も知らないで予約したのは珍しいと言われました
館内の至る所に 竹内まりあさんの書が掛けてあり ファンの方は喜ぶのでしょうね
食事や館内には時々竹内さんや山下さんの曲が流れ なるほどと思いますが
知らない人はオーナーの趣味と思うのでしょうね スタッフの方が言ってましたが

竹内まりあさんや山下達郎さんの関係が解らない方のアンケートで老舗旅館と
流れる曲の雰囲気が合わないと言う指摘も有るそうです

さてお次は
IMG_1900909.jpg

圧巻の展示 モダンなワインセラーの様な中に 国宝の宝剣や宝矛 そして銅鐸(どうたく)
九州方面が銅剣で近畿が銅鐸と言う分布で 山陰の当りは出土数が少なかったのですが
荒神谷遺跡1984年発見で全国2位に急浮上したという 大量の剣358本 銅矛16本 銅鑼6

更に1996年加茂岩倉遺跡出土銅鐸39個は国宝に成り 島根県立古代出雲歴史博物館に
銅剣と共に写真の様に展示されていました その様は壮観で何とも時代を感じます

学生時代に教科書に出て居た頃と 毎年色々な発見が有り 昔と随分違います
中国の兵馬俑やツタンカーメン王歴史的な発掘や出雲の遺跡の様に工事の途中や
吉野ヶ里遺跡の様に工業団地の工事など 未だ表れない多くの埋蔵物が探査機械の
発展でもっと多く歴史が変る事でしょう  

出雲大社は皆様が知ってる 大きなしめ縄と八足門の前から発見された 1mクラスの
柱を3本束ねて1本とし50mの高さの神殿が有ったと神話が事実だったと言う事でその
模型と発掘された柱が印象的でした。
posted by 喜多 at 11:08Comment(0)日記

ウッドデッキのリノベーション

IMG_1847.jpg

先日10年近く前に リノベーションをしたおもちゃの町T邸
広いウッドデッキを作りまして その一部が屋根が無い部分が有り
痛みが出てきて今回修理をしました

大引きと言う土台の木材は何処も痛んでいませんでしたので 根太と
表面のデッキ材を セランガンバツ材に変更しました(120x30)

以前のサイズは室内にならのw150広い巾のフロアー材を使用してる為に
外部もそのサイズに近い物をチョイスしましたが デッキ材としての物が無く
止む無く 製材して作って頂いたものでした

IMG_1852.jpg

外部の大きな樹木の影響か不明ですが 予想より痛みが激しく短命でした
今回のバツ材は 長く持ってくれる事でしょう 住宅区画の中に有るT邸ですが
落葉樹の木漏れ日が気持ちの良い 湿気の少ないこの時期はまるでリゾート地?
ここで頂く お茶の美味しいこと、、、何処に居るのか? 一瞬忘れて仕舞います


多くの家でウッドデッキが作られて居ますが どの位長持ちをするかと言うと
環境と手入れで同じ素材でも寿命が違うと思います

メンテフリーの樹脂制の物も有りますが どうにも味気が無く メンテフリーを
目指すならば コンクリートやタイル・石など無機質な素材にする方が潔いかと
しかし質量が大きいと 輻射熱の問題や照り返しの問題も考慮が必要です

となると何が良いのか? 解らなく成りますが 腐る素材で長持ちさせる方法とは
塗料や仕上げで持たせる 一番効果が有るのが 雨に出来るだけ濡れない事です
単純に上屋が有る テラスでは無くベランダにすれば良いのです

高温多湿の日本の気候では イメージ通りのリゾートチックなウッドデッキは難しく
縁側的な屋根を付けるのが 懸命ではないでしょうか?
最近は雨の痛みも有りますが 強くなった紫外線の痛みも非常に深刻です。

posted by 喜多 at 09:51Comment(0)日記

旬の物 生ニンニク 株式会社農人たち

IMG_1858.jpg

宇都宮市叶谷町でオーガニック野菜を作っている 農業法人㈱農人たち 様の
仕事を請け負いまして現在進行中でして 最後の追い込みに入ってますが

工事状況を視察に行ったときに 農フェスを前に試験堀した生ニンニクを頂きました
6月3日に今年のニンニク堀イベントが有りますが その前に生育状況と味は?

昨日スパゲッティーアーリオオーリオを作り 試食しました 
オリーブオイルでカラットチップにしたり ホクホクだったり良い香と味を堪能しました

一緒に合わせたのが 春キャベツでしたが あっさり塩味で甘みも出て美味しかったです
オーガニックであるのでにんにんくの葉も刻んで炒めて頂きました ふっくるらと育った
今年のニンニクも美味しく来月から一般販売するので楽しみにしています

IMG_1840.jpg
建築工事は現在追い込み中でして来月末の竣工を目指していますが 付随工事もあり
まだまだ 工事は続きます

最終工期は未定でして ガウディ的に少しづつ変化して行きますので どの時点で
公開して良いか オーナーさんと悩んでいるところです

素敵な農場も日々進化して行き 作物の生育と環境が凄い勢いで変わりますね
建築と作物の関係でも新たな試みも検討していますので此れからが楽しみです。
posted by 喜多 at 10:59Comment(0)日記

ホフマン式綸窯 明治時代に活躍したレンガ工場

IMG_1700.jpg
随分昔に ホフマン式のレンガ窯を保存するという趣旨の集会に行き
この窯の存在を知りました その時は崩壊の恐れが有るので中には
入れず 外からの見学でした

今回綺麗に成ってから初めて訪れましたが 説明付きで見学をして
窯の仕組みや当時 作業に携わった人の話や此処で遊んだ人たちの
情報が集まり 窯が活躍してた頃の話を面白く聞けました

明治から大正の頃全国で50箇所近く同じ様な窯が有ったそうですが
現存する物は4棟ですが 形が有るものはここ野木町だけだそうです

IMG_1707.jpg

内部は16室の窯に分かれて居ますが イメージしていた部屋ごとの仕切りは無く
全てがつながって居るので一周100mの円に成って居るので丸いトンネルです

16室に分かれているのは 其々にレンガを入れて焼いたり 冷ましたりするのです
時計回りに搬入や搬出を窯に火を入れたまま出来るので永久的に繰り返す事が出来る

本焼する窯の上から燃料の粉炭を入れて 空気の流れをコントロールするダンパーと言う
弁の開け閉めで1部屋の温度を1000度に上げて本焼をします 熱い空気の流れ方で
少しづつ温度を上げたり冷ましたりするのでエネルギーロスが少なく大量生産に適してる

年間の生産量は450万個に達するとかで 東京駅や横浜赤煉瓦倉庫など多くのレンガ
建築に使われたそうです

IMG_1712.jpg 

燃料の粉炭を入れる場所ですが その投入口で近所の子供が遊びに来て 職人さんが
イモや栗など焼いて食べたそうです 当時の風景を想像し微笑ましい話しです

この窯が出来るまでは 敷地内に有った登り窯でレンガを焼いて この英国式の
ホフマン窯を作ったそうです 安土桃山時代の頃から明治までは登り窯を使って
いたのですね

明治以降 西洋式の建築技術が入り 鉄やレンガ造りの鉄橋や建物が増えた時代ですね
近代日本の建築に多く使われた建材の製造拠点を見るのと 当時此処で働く人々の姿が
想像できる展示は必見です是非お出掛けして下さい。
posted by 喜多 at 09:43Comment(0)日記

老舗が老舗であり続ける理由

IMG_1817.jpg
全国に老舗と言われる店は沢山ありますが 全国的に名前の通った老舗
小田原のかまぼこ屋さんとか 取材を見た事が有りますが 日々進化し
前に進んでいるそうです 

伝統的に古い製法で同じ物をただ作ってる訳ではないそうです
写真のパッケージですが 東京のとらやさんの限定で出した商品
どこか宇宙食 宇宙飛行士もようかんが食べたく成るのかも

パッケージから中身まで伝統的なとらやのようかんとは別物でした
美味しいか? と聞かれると自分はいまいちですが
外国の方々には受けるのかもしれません

しかし何とも面白い挑戦ですね 進化する老舗!
新しく美味しい店が沢山出てきますし 食も絶えず流行りやブームが有り
TVで健康食を取り上げると 翌日の売り上げが上昇したり

海外からの新しい情報に 物凄いスピードで人の好みが変ります
そんな中 100年以上も老舗であり続ける事は凄いことですね

食品だけではなく ロングセラー商品に見習いたいおもです。
posted by 喜多 at 09:57Comment(0)日記

GWの過ごし方

IMG_1834.jpg
大荒に良い天気と当りハズレのあった連休でしたが 旅行に行かれた方は
どちらの天気だったでしょうか、、、  

ここ数年はカフェのお手伝いと言う事で 何処にも出かけず家カフェ(パンカフェ)
掃除とテーブルセッティング以外は手伝う事も無いので 保育園担当!!

COTO&MOMO 二人とも少しは楽に成ったのか? 手が掛かるのか?
どちらもですが 一人で有れば良い子ですが 

下のMOMOが何でも出来ると勘違いして大変です 何をするにも2人一緒、、、
車の移動から買い物カルガモ的に連れて歩くのも気を使い大変です

ダッコも二人? 膝が痛いのですから、、、聞いてはくれません
そうは言っても ありがたい事ですが体力を使います
早く手が掛からなく成って欲しい様な 少し寂しい様な 下の子などは
このままで居て欲しいと思ったりしています

IMG_1837.jpg

婿殿はサービス業で連休は連日仕事で GWは何処にも行かずにパンの仕込み
カフェの手伝いや子供を遊ばせたり 自分の子供には何もした記憶が有りませんが
この子達には 色々とさせられているのですね

土日のカフェが終わり 遊んであげられなかったので 作るお菓子をせがまれます
今回はすし屋シリーズで 一緒に作ったのですが中々リアルです 
作る事が面白いので 出来た物を好んで食べませんが 感心するほど良く出来る!

男の子だとプラモデルとかなのでしょうが これから先どれだけ付き合って行けるのでしょうか?
それでも昨日は天気が良かったので上の子をバイクに乗せてあげました 気候が良いので
気に入ったみたいです  オトコの趣味の理解者にしておかないと、、、、

posted by 喜多 at 14:01Comment(0)日記

新旧ミニミニ大作戦?

IMG_1731.jpg
新旧ミニですが 新の方も10年以上前に出た車ですね
古いミニも インジェクションに成ったローバーミニです

BMWのミニも大きいと思いますが 最新の物と比べると
初期型は小さいと言うのが印象です

オールドミニは現在の軽自動車規格よりも小さく 昔でも
小さかったからミニのネーミングが付いたのでしょうが
英国で税制制度で巾の狭い物が安かったのが事情で
MGもロータスも皆幅が狭かったです

現代に道を走るオールドミニは 本当に小さい そして可愛い
最近はめっきり見なくなった車ですが 是非長く乗って欲しいと
考えます

BMWミニも初期型は 今改めて見ると中々味の有る良い車です
古い物に手を入れて乗るのは とてもエコでカッコよいものですね!
posted by 喜多 at 11:59Comment(0)

オトコの料理茶懐石を作る

2月から仲間8名で オトコの料理道場と称して
本格茶懐石を習うと言う事で今回は「椀物」
IMG_1787.jpg
茶懐石のメインディッシュと言えば 碗ものです
亭主の心入れが凝縮した一碗を作ります
今回は海老新庄を作りました 

出汁は前回作りましたのでそれを新庄にはります
はものすり身(たら50はも50)200gに海老を
すり身100gタタキで100gを投入し浮粉で硬さを
調整し蒸し器で仕上げました 葉物と竹の子木の芽で飾り
出汁を注ぎました

ふわふわに出来ました 硬いとかまぼこに成って仕舞います
その他の新庄もアレンジしてみたいと思います

二品は強肴(しいざかな)です お酒を進めるのに最適ですね
懐石に付き物のお酒を 更に進める為の珍味的なものです
IMG_1783.jpg
生麩を片栗粉でまぶして茹でて松の実を炒った物とふきのとうと
玉味噌とあえます 春の香一杯の酒のつまみです これも味噌が肝
良い味噌が手に入れば略々完成かと 卵黄を加えて酒と砂糖を加え
火に掛けて練り上げます するとこくが出るのですね

IMG_1784.jpg
懐石の最後に湯桶と香の物が必ず出ますが 沢庵は必須で
本日はキュウリの諸味つけとごぼうの春ごぼうの醤油付け
和え物の奥の深さを体験しました。
posted by 喜多 at 10:13Comment(0)syoku

春らんまん

IMG_1699.jpg
先週開花から3日目で満開のさくら 菜の花も コブシ 梅も残り
庭の白やしおつつじも満開です 今年は冬から一気に初夏に成って
花が全部咲いてしまいました

北海道に住んで居たときに 4月下旬に成るとライラックや桜や梅
タンポポなど全ての花々が皆 咲いてしまいビックリしましたが
北海道の特徴だと知りました

本州では草花や梅から春が始まり5月くらいまで 気候の良い
春を長く味わえましたが 今は四季から二季に成って仕舞いました
温暖化か都市化かエルニーニョかわかりませんが 丁度良いが減り
寒いから激暑い夏そして急に寒くなる やはり変ですね、、、

地球大丈夫? と本当に思います

今日から新年度ですが あちら此方で ピッカピッカの一年生が見られます
新社会人も スタートのシーズンですね!
posted by 喜多 at 08:50Comment(0)日記

星野源さん表紙an anにたかはら歯科クリニックが掲載されました

IMG_1320.jpgIMG_1295.jpg
3月21日発売のananに掲載されました(星野源さん表紙) 
春から始めるカラダメンテで取材されてました(P103)
アンアンから直接取材の申し込みが有ったそうです
90年続く4代目の歯医者さん? オシャレな建物が目に止まった!
と勝手に考えて居ますが、、、

爽やかなイケメンの高原先生とオシャレなクリニックで
セレックと言うセラミックの白い歯がその日に入る画期的な機械も導入
時間の無い方にも準則に対応可能な歯医者さんで開業半年ですが
順調に患者さんが来院されてます

最新の機械と最新の衛星管理に気を使うクリニックは
建物の設備もエアコンを使わない 完全輻射熱冷暖房で
快適な院内環境です。

宇都宮市上桑島町1277-8 日曜木曜休診
http://takaharadental.com/
是非見学に行ってみて下さい

488GTBドライブ

IMG_1594.jpg
先日最新のフェラーリをドライブする事に成りました
残念ながら800kmの新車で 慣らし運転で5000回転以下
本来なら8000回転オーバーの回転まで瞬時に廻るエンジンに
廻り過ぎない様に気を使いながらのドライブでしたが そのスペックの
片鱗は十分に感じました

フェラーリ488GTB ご存知308GTBからの系統の最新型で
時代を反映するターボエンジンで670馬力を発生します
88年に発表されたF40と言うスペシャルモデルがターボでしたが
F40とは全然正確の違うエンジンでした

ハンドルに仕込まれたキャラクター選択スイッチで最初にスポーツを選び
スタートしハドルやシフトブレーキの確認をして10km程走り
その後サーキットモードに切り替えると 音の抜けが変わり足の硬さが
締まりました ミッションの変速スピードが早く成りレスポンスが
鋭く変化し非常に乗りやすく成った 更にサーキットモードやその上の
サーキット+が非常に楽しいものです

昨今のフェラーリ限らず ハイスペックに成りすぎたのでPCが介入し
素の車を運転出来る物が少なく成りましたが 事故が減ったので
保険も安く成ったと言う何とも不思議な現象です
IMG_1595.jpg
500馬力オーバーの車をトラクションや横滑りの防止の介入無しに
運転するのは非常に難しい事で アナログな車の経験が無いと乗りこなす
事は不可能でしょうね

F40を運転してる時は 片時も緊張のスイッチは切れないのですが
488はラフドライブの出来る ふと気を抜いて運転する時間が長く
フェラーリを運転してる事を忘れてしまい AMGにでも乗ってるかと?

それ位に速さとリラックスが矛盾してる車でした 安全な車に成れば
成る程 気が抜けてしまいます それはコンピューターの力を借りてる
由縁でして それらの介入の無い車でハイパワーな車は現在では無くなり
古き良き時代は2000年以前の車

言い方は悪いですが 誰でも普通に早く安全に乗る事が出来る物です
自分の感覚が稀なケースだと理解してますが 自分にフィットする物は
これでは無いと感じたのも良い経験でした 最新のポルシェにも似た
様なフィーリングが有りました 時代なのですね。
posted by 喜多 at 09:51Comment(0)

流麗なクーペが必要な理由

IMG_1378.jpg
街中や観光地などRV SUVなどの多目的な車が多くを占める時代
確かに広さと快適性が向上し欠点が見つからなく優等生的な車で
多くの支持を得てスポーツカーメーカーも続々と参入してますね

車高の高い車の運転席に座ってみて 眺望が良く先の見通しが良く
運転がし易い 後席のドアーはスライド式がが多く シートも高く
乗り降りがし易い 足回りの進化とタイヤの進化で乗り心地も良い

総じて欠点の見当たらないので 多くの支持を得てるのが理解出来る
ヤンチャ系の人達も 強面の顔つきが多数有り黒系も良く見かける
全体的に欠点が見当たらないRV SUV売れる理由が解ります

そこで趣味性を全面的に考えると 街中に多く生息すればするほど
選択肢は減って行くもので 皆が乗ってる物は選ばないものです

使い勝手は非常に悪く扱い難い物ですが クーペと言う選択肢
実用と程遠いほど カッコ良く見えるのですね、、、
2ドアーの車はドアーが大きくドアーも厚い故に駐車場での乗り降りは
非常に厄介です 後部座席の有る物も 窓が小さく開放感が乏しい

そんな不自由な車ですが デザイン的には自由度が有り美しいフォルムの
車が多いのですね 車は趣味の物と言う時代の残された少ない存在です
四角い車が増えれば増える程 美しいクーペが際立ちます

実用本位で選ぶと軽のN-BOXを代表する物で十分です 100kmしか
法定速度では出せませんが200kmを超える性能の車が多く売れるのも
ギリギリでは無く余裕が欲しいので 無駄にカッコ良いのも形の余裕と
言う物では無いでしょうか? 街中でカッコ良い車探してみて下さい。

余裕=エレガント そんな車をお乗りの方は運転マナーもエレガントに
行きましょう、、、。

posted by 喜多 at 09:34Comment(0)

階段のデザインと使いやすさ

tomari - 004.JPG
我が国の殆どの住宅では平屋は少なく 階段を設置した物が殆どかと
出来れば 平面で生活をするのが理想ですが 土地の狭さや建築コストの為
複層建てが多いのが現状です 

健康住宅と言う観点では階段を毎日上り降りすると 基礎体力が増強するとか
バリアフリー過ぎるのも如何なものでしょう 多少の運動が必要な生活は
健康に良いのかもしれません

そんな階段ですが どうせ作るなら楽しく使用できる物にしたいと言うのが
階段をデザインする事につながります 階段そのものがオブジェに成るか
階段を登ることで目線を変えて 気分も変える 登ることで楽しく成る
そんな階段を何時も考えています

我家のリビングにも小さな階段がありますが そこは孫達の遊び場で
どうにも居心地が良さそうで 机の様な使い方やジャングルジム的な使い方
ものを並べる展示棚とかアイディアに寄って様々に変化します

子供の固定概念が無い事には驚かされますが 何時までも子供の様な柔らかい
思考で暮して行きたいものですね。

流行に敏感でもないのですが?

インフルエンザに掛かったのは何時だったか? 記憶に有りません
自営に成って30年近く成りますが掛からなかったのです

先週 孫の学習発表会が有りそこでいただいたのか?
金曜日辺りから調子が悪く 他の用事で耳鼻科に出掛けたら
インフルエンザB型だと言う事で 暫く人との接触を控え
篭り生活 孫達も隔離 しかし上さんに移して仕舞いました

今年は周りの多くの人がインフルに掛かったと聞いていましたが
自分も掛かってしまいました 

昨年の春から膝を痛めて 運動を控えていまして 基礎体力が
落ちてると考えて居ます 膝は漸く80%位まで回復してますので
温かく成ったら少しづつ体を鍛えようと考えてます

まだ掛かって無い人もお気をつけ下さい。
posted by 喜多 at 16:21Comment(0)日記