オリジナルの家具 デザイン家具を作る

benchi.jpg
建築家と言われる職業は 建物だけでは無く 庭やガレージ アプローチなどの
外観をデザインする事も 重要な仕事だとおもいます

そして内部に関して カーテンや窓周りのセレクト 壁面を飾る絵やオブジェにも
気を使いたいものです

そして何より大きな存在が 家具ですね、、、
家具のセレクトは勿論 出来れば建物やオーナーに合った家具をデザイン出来ると
良いのですが 予算と時間の問題で感覚に近い既製品で妥協します

無論 妥協と言っても優れたデザインの家具は沢山有り それを上回る物を
作れるのか? と突込みが入りそうですが  オリジナル家具の醍醐味は
寸法や搬入を考えずに その建物の一部と成れる様な 建築の一部に他ならない

何気無い棚や物入れも家具の一つで 建築中で無ければ出来ない物も有るのです
既製品は 平均的な利用者を目的として作られるので 
  例えば  ダイニングテーブルなど一般的なサイズが有る 長さ1。4m~1.8m
       これは 材料の定尺が1.8mでそれ以内が殆どです
そんな状況で 2mを超える 大型のダイニングテーブルは非常に高価ですね
大きなダイニングが入る家=大きな家=お金持ち  と言う訳で極端に高価になる

また消耗する家具たちは 安いと言えども如何なものか?
家と同じか 雨風が当たらない家具は 家より長生きして欲しいものです

IMG_0229.jpg
写真は椅子の博物館に行って 考えさせられた事が

物の寿命(建物・家具・その他)とは
  素材の寿命    構造上の寿命   そしてデザインの寿命が有る

Yチェアのペーパーコードは無論消耗しますが 張替えが可能ですし
構造フレームも相当長く持ちそうですし 修理で治ります
何より 長い間 世界中で作られてる一級品ですので飽きが来ない
などを考えると 10万前後と安くは無いが 高くも無いのでは、、、

自分が携わる多くの施主の方々に ご理解をして頂き良い物を
セレクトさせて頂いてます そしてそれらのヒット商品に負けない
オリジナルの家具が出来ればと 日々考えて居るのです

此れから始まる益子の家にも 3m位のテーブルを作りたいものです。

刺激をうける旅は ニューヨークで 降り注ぐ太陽はLAで

IMG_0348.jpg
ダウンタウンは活気にあふれ 刺激的な街です
正に米国経済の中心と言った感じでしょうか?
IMG_0338.jpg
西海岸は降り注ぐ太陽が 陽気にさせるのか? 
海岸沿いのドライブもついついスピードUPして
パトカーに捕まってしまうのでしょうか  遊覧飛行から、、、

IMG_0360.jpg
ダウンタウンは至る所に 高層ビルが立ち並びます
うすうす感じて居る方は この写真で確信が持てましたか?

自宅から45分で行ける世界旅 ワールドスクエアー
数十年ぶりのNYの旅他 けっこう楽しめました
行った所を確認したり 新たな旅の構想など見方は色々
是非ともお勧めです。

昔から欲しい物 そして昔から変らない趣味とは

この夏に 昔からの友人たちと たくさん話をした

近況の話し 仕事の話し そして健康の話は皆 食いつくのです(笑
07_lamborghini-centenario.jpg
仲の良いと言うことは 皆共通の趣味が有ったからでもある
そして皆 車好きで有ったが 今乗ってる車の話をすると
軽自動車やハイブリッド 無論外車も居るが少数派、、、

自分のブログを見てるとかで 自分が今でも車バカを継続してる事が
皆には不思議なようで 此方から言わせると変った皆が不思議であった
11223344.jpg
学生時代からオーディオも大好きでも 買える器材には限界が有り
ステレオサウンド(雑誌)の表紙を飾る器材に羨望の眼差しで見ていた

そんな80年代の物が 今でも輝きを放ち今でも中古の人気があり
少し頑張れば買えるところに有るので 今でも頑張ろうと考えてるが
それも 車と同じで あれだけ好きだった連中も 今は音楽も聴かないとか、、、

日々の中で ゆっくり音楽を聴く事 中々出来ないのは理解しますし
ネットワークが発展し安易に聞けるが 聞くぞ!って感じで聞くのが良いのですね

昔は皆 家にはソコソコのステレオが有り 流行のレコードを貸したり借りたりし
そしてバンドする? てな感じで 音楽が身近に有った様な気がします

趣味も40年も変らず続ける事は 普通で無いのだと感じた夏でした



「普通と違う」のがデザイン? ホキ美術館 

IMG_1484.jpg
千葉県に有る ホキ美術館に行って来ました
写真は正面玄関へのアプローチですが この建物は30mに及ぶ
カンチレバー(片持ち構造体)が有名でそれを見に行ったと言う事

片持ちのカンチレバーの四角の筒が100m近く横たわり それらに
沿う様に 数本の四角い筒で構成されています

自分も規模は小さいが同じ様な図面を書いたので興味が有りました
この美術館はAEDのメーカが作った施設と聞いていましたが
日本で始めての 写実的絵画専門美術館だという情報ですが
展示内容には殆ど興味が無く 建物目当てだったので中々尋ねられなかった
IMG_1474.jpg
一般の建物では考えられない 非常に面白い建物で構造の面白さが際立つ
そんな美術館は普通の住宅地に建っていました これが意外でした
自分の撮った写真もそうですが 一般の住宅を写さない様にするので
雑誌で見た物にも 片側の公園の緑がバックです

この建物の北側に何件も建つ家からは 目の前の窓も無いグレーの
長い鉄板が見える 首都高や新幹線の防音壁の様です
建築に興味の無い方が訪れると 道路が有る様に見えるのだと、、、

そして何よりも残念なのが 美術館のレストランで少しお高い食事を
メインの窓から見える景色の先に見える 沢山の一般住宅たち
洗濯物や 多くの生活感満載です 残念!!

非日常を求めて来るのが この様な場所ですが 現実に戻されます
違った立地に有れば さらに良い建物だったのでしょうね! おしい~っ。

つながる旅 一つの出会いから色々な事がつながった 関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅 ピエトラサンタ 安田侃

IMG_0017.jpg
関口知宏さんのヨーロッパ鉄道の旅で トスカーナ地方のピエトラサンタに
途中下車を イタリアを代表する白大理石の産地に降りて 駅舎に有るオブジェが
先日行った アルテピアッア美唄の安田侃氏の作品に違いないと 安田氏が構える
アトリエがイタリアの何処か? と検索するとピエトラサンタに有る

ピエトラサンタは 北イタリアの西海岸で地中海に面した 良質の白大理石の産地
ミラノドーモにも使われている この町が1995年8月3日 文化友好都市提携したのが
宇都宮市です 大谷石の産地と言う事ですが 自分にとって非常に面白い事です

一人の彫刻家の作風が解ると 何気に見ていたNHKの関口知宏さんの番組で日本の作家の
作品を知り そしてその町と自分の住んでる町がつながるなんて 数ヶ月前までは
考えもしない情報で イタリアの小さな町にも非常に興味が涌きました

小さな町の物語や イタリアの番組は何気に見てますが どこかで何かがつながる
ベネッセ直島(香川県)→アルテピアッツア美唄(北海道)→ピエトラサンタ(イタリア)→宇都宮
この繋がりが更に広がる気配がします(笑

写真の物は黒御影石ですが TVではビアンコでした その石をイタリアから輸入して造ったのが
先日ご紹介した 作品 白い玉石もイタリアから輸入した物と聞いてます。
IMG_0079.jpg