Porsche 911 ポルシェ911って?

IMG_1811.jpg
老若男女が知ってるスポーツカーのメーカーと言えば
 ポルシェでしょうか?  
 高級車? と聞けばベンツ、ロールスなどと言う答えが多いかと
無論ポルシェも高級車の部類でしょうが ポルシェのイメージは
スポーツカーが定番でしょう

近年カイエンと言う4WDのヒット商品を出してから4枚ドアーの
ポルシェも今では販売の大半が4枚ドアー車です

スポーツカーメジャーメーカーで4枚ドアーを作って無いのはフェラーリと
ロータスくらいでしょうか? ランボルギーニも昔RVを作ってたし

ポルシェも中国のマーケットで911と言う商品が中々理解をして貰えず
苦戦をしてましたが 大きさとネームバリューとでカイエンが大ヒットし
世界的にもヒットして今の好調なポルシェを牽引しその後 パナメーラや
マカンと言う4枚ドアーシリーズを次々にヒットさせて過去最高の販売
台数に至ってると言う事です

それら多くの車が売れるのも ポルシェと言うブランド力の成せる技
同じ兄弟車のワーゲン・アウディーの物とは味付けを変えて 金額の差を
オーナーの満足度に変える まさにブランド戦略のたまものですね

そのブランドを半世紀に渡り 牽引したのが 911と言う車種の車です
車好きな人で有れば誰でも意識した車です 確かに自分の車好きな友人達の
殆どが所有経験が有り 経験の無いのは自分だけ? 

今更言うまでも有りませんが 911と言う車の一環した特徴は後ろのタイヤの
更に後ろにエンジンが付いているRR方式の車と言う事です

年配の方は 初代フォルクスワーゲン ビートルと言う車が正に同じレイアウトでした
これは設計者が同じと言う事で 室内を広げ4名が乗れるスペースを確保する為に
後ろの席の更に後ろにエンジンを積んだのです 雪の降るドイツでは駆動するタイヤに
エンジンの重さが加わり発進の時に有利だったり 当初は空冷と言う

現在では考えられないシンプルなシステムで911は1998年まで この古い
システムでエンジンを作ってました シーラカンスの様な車ですね

エンジンのシステムは変化してもレイアウトは未だに継承してると言うのが
特徴で一番後ろに重いエンジンが有ると言う事は色々な癖が出るのですが
その癖が 911の最大の魅力だったりした為に 多くのそれ以外のシテムの
車を出しましたが ヒットした物が無く 結局は911がベストと言うくりかえし

それが先に述べましたが 911以外がヒットして売れまくってるのは何故?
2枚ドアーに拘らずに 思い切り違ったRVとか違った車種に展開した結果
市民権を得て そこから色々な911以外が売れ出したと言う事です

IMG_1816.jpg
ポルシェが一環して貫いてる事 それは物作りへの正直な姿勢ですね
写真はシフトレバーの工程が解る物ですが 通常は型に流し込んだ物を削る
これがコストを考えると当たり前ですが

左のアルミの塊から削り出すと言う 何とも勿体無い贅沢な手法でして
ここだけの筈は無く この様な作り方を何%するかでコストが掛かる
それが価格に表れると言う 高くても納得のゆく事です

他のブランドでも 昔はそうでしたがブランド力で大したコストを掛けなくても
法外な高い金額で売れると言う事で 何だか?と思うメーカーも多々有るのです
勿論 今のポルシェもその傾向に走ってますね

まとめ
 911と言うシーラカンス的 古典的なシステムを長年磨き上げて今でも
 継承してると言うのが何とも魅力的でも有るのですね(メカの話しです)
 デザインのポリシーは 質実剛健と言うか?硬派と言うか? 女性受けは
 しませんね、、、(最近は少し変わったかな)
 目に見える部分よりも 体で感じる部分のコストと手間を掛けた所が
 何ともニクイのですね、、、解り難い良さが911の魅力で多くのファンが
 居るのでしょうね。


仲間と秋の紅葉ツーリングに出かけました

IMG_1871.jpg
紅葉の時期と言う事で 休日は大変混雑が予想されます
天気予報は雨  晴れ男の自分が企画するのですから、、、
降るはずがありません

と言う事で 見事に晴れました

朝9時少し前に集まりました 駐車場で行き先へのルートと休憩場所の
アナウスをして向かう所は
IMG_1882.jpg
歴史的建物保存地域である 福島県大内宿に行きました
このところ人気が高く渋滞も予想されましたが 非常にスムースに到着
ヤジさんキタさんが出て来そうな 江戸時代そのままの宿場町です
IMG_1892.jpg
里の秋を近くで愛でることが出来ました さて大内宿と言えば有名なのが
ねぎ蕎麦という食べ物です そばは普通の田舎そばですが その食べ方に
特徴があります ねぎ蕎麦を注文すると
IMG_1891.jpg
写真の様に ねぎが1本器に乗ってきます お店により箸は着きません
勿論 お願いすれば箸もいただけますが ねぎを箸の代わりに使うのが
特徴でして ねぎをかじりながら蕎麦を食べるのです 何とも不思議です

ねぎ蕎麦の由来は そばも細く長くと言う年越し蕎麦が有名ですがそれに
ねぎを添えることは 細く長くの他に白髪のはえる迄 元気に、、と言う
願いを込めたとか? 箸が無くねぎで代用したとか 諸説ありますが
ここ大内宿の名物に成ったと言う事です

古い日本の原風景をみた様で中々良い経験でした 会津若松と日光街道の
田島の中程に位置することもこの宿場の発展したとか そして明治以降の
街道の発展にそれてしまい タイムスリップしたのがこの里で開発されないで
良い事もあるのですね。

次は何処に行こうかな? 前回は鹿島神宮でした 雪の無い南の方面に、、、
ではまた楽しみにして下さい。

至福の時 それは美味しい料理とお酒そして素晴らしい会話  特別ゲストに大手音響メーカーのOB技術者をお招きして

いつも美味しい物を頂いてる 男の料理 師匠T氏のお宅でお食事会
スペシャルゲストは奥様の知人で 元音響会社の技術者ご夫婦F様と
その時の同僚で有り 現在も音楽業界で活躍されてるW様です
IMG_1963.jpg
師匠(ソムリエの父)宅の食事は 食事とワインのコラボが最高です
この日はニュージーランドの白と奥様お手製いくらと朝採り野菜 
F氏奥様のお手製 特性ラザーニアも最高でした

師匠の最近のお得意 低温調理のローストビーフかと思いましたが
IMG_1964.jpg
大田原牛のステーキでした 噛むと肉の繊維を感じ中から美味しいエキスが
出てきます 良い肉の硬さは何とも言えません わさびで頂きました
赤ワインはOGだったか? 定かでは有りませんが タンニンが強く
ステーキの油ととても良いマッチでフランスの高級バターをのせたのと
ベストマッチでした

さてオーディオの話しですが マイブームのバックロード型のスピーカーや
バスレフ 密閉型などの特性やアンプとのマッチングや世界的に有名な
器材の話しや高級ケーブルの可能性や使い方などあれこれ質問しましたが

的確にわかり易い説明と解説に またケーブルの金属の配列の抵抗やそれを
無くす単結晶型やケーブルにも慣らしが有ると言う事や目から鱗がいっぱい
そしてW氏は現在 ハイレゾのソフトの担当されていてイタリアに録音に行ったり
多くのアーティストのレコーディングにも関与されてるとか

マスター音源の話やレコードからカセット・CD・配信型・ハイレゾに成った経緯や
浦話しなどとても貴重な時間でしたがまだまだ足りない感じです またお話を
聞いてみたいものです

〆は
IMG_1966.jpg
得意のプリンですが 今回はかぼちゃのプリンでした 大人向きのビターなカラメル
生クリームをかけて頂きました 下ごしらえに費やした時間の分だけ奥行きの深い
味でした 頭もお腹もとても満足な一時でした 皆様ありがとう御座いました。

車 オーディオ そしてコーヒー 趣味の香りがプンプン?

IMG_1915.jpg
趣味の世界は 効率やコスパとか度外視の最たるものです
車もただ人を乗せて移動する物と言う定義で有れば 何でも良いし
オーディオも音が出れば何でも良いと言うので有れば CDラジオで良い
コーヒーも昨今 コンビニのカフェが中々のレベルでしかも安いのですが

お気に入りのレコードをかけて 美味しいコーヒーを飲む為にあれこれ考え
最近の会社でも自宅でもエアロプレス、昨年春にシアトルで出会った入れ方
最近 町のカフェでもこの方式の店が出て来ました

エアロプレスはアメリカで考案されたお手軽なエスプレッソを入れる方法です
対して写真のエンブレムご存知でしょうか? La Pavoniと言うイタリアの
エスプレッソを生み出した100年以上も前の会社です
IMG_1912.jpg
EUROPICCLAユーロピコッラと言うこれまた50年も形の変らないエスプレッソマシンです
仕組みがシンプルでボイラーのみが電気ですが圧力は人力でシンプルその物です

50年も変らないと言うと アラジンのブルーフレームなど良い物は多くの
時代に存在して此れからも変わらないと思われます

随分前から美味しいエスプレッソを飲みたいと考え 大型の業務用から
家庭用の様々な物を検討してきましたが 結果的に先ずはグラインダーが
一番重要だと言う事に成りました 

昨年からエアロプレスで入れるさいに手引きやメジャーなミルを使ってみましたが
現在使用してるボダムのグラインダーが中々良いのです、、、しかしメカ的には
良いのですが 家庭用で馬力が無いのです 硬い豆は途中で止まって仕舞います

このコニカル刃の業務用は数十万もするので買えないのですが 美味しい
エスプレッソの80%は 良い豆を良いグラインダーで挽く 
残りを オートマ機械か マニュアル機械かで淹れれば良いのです

長年お付き合いの有る玄豆屋(白河市)さんから 長期在庫のマシンを
お安く譲って頂きました 車もそうですがオートマを求める人が多く
完全手動式の物は売れないのか? ネルドリップで売ってるお店の為か?
解りませんが 縁が有って自分の所にやって来たのです

小さくても存在感の有るたたずまいが イタリアの機能デザインを感じます
機能とデザインとのバランスをいつも考える自分にはとても嬉しい道具です。