原付バイクの可能性と魅力

cabu_2282.jpg
最近知った事で 原付バイクって!50cc以下だと勘違いしていました
125CC以下までが 原付で 50cc以下が原付1種で そて以上が2種と言う
ナンバープレートの色ですが 50cc以下が白  最高速度30km 交差点2段右折
              90cc以下が黄色 最高速度50km
              90cc以上がピンクです 同上
40年以上のバイク人生で 50cc~125ccのバイクの経験が無く
車検が要らない 250cc以下のバイクは所有しましたが 何故125ccを
選ぶ理由が解りませんでした 125cc以上250ccは高速道路も走れるし
125ccでは高速や自動車専用道路は走れない 故になぜ存在するか?不思議でした

最近知ったのですが 125cc以下の原付は任意保険のファミリーバイク特約に入るので
自動車の任意保険にプラスすれば 非常に安く保険に入れるそうです

勿論税金も 年間1000円~2000円ですので懐に優しいのですね
街中の移動や チョ乗りには十分な速さですので 実用性は十分です

そして大きなバイクを持ってる方のセカンドバイクとしての人気も高いとか?

遅ればせながら 125cc以下のバイクの魅力に徐々に魅了されてます
そして急速に仲間も増えています 来月に仲間と第一回原付ツーリングを
計画してまして 宜しければ春を感じて一緒に走りましょう!

PS 写真のリトルカブは最近購入した友人の物ですが 中々早いです
   カブの渋い魅力に最近感心してます。

孫の成長 ジージの老化?

d0186854_1528474.jpg
今年ももう直ぐ GWですね
孫の小さい方momoがGWが来ると1歳に成ります 

上は2歳と半分ですが 何でも話を理解して面白くもごまかしが効かない(汗
下も1歳と成ると 何かと煩い! と言うか 気が強い、、、

妹が可愛い盛りで周りの人にチヤホヤされると やきもちを焼き妹虐めが始まります
いじめられても邪険にされても 下は逞しい! おねーちゃんが大好きです

おねーちゃんは 邪魔な存在ですが じきに一緒に遊べる様に成れば変るでしょう


一年で色々な事を学び ほぼ何を言ってるか理解したり 成長は凄いですね
逆に自分達の年代はと言うと 目の能力は衰え体力も低下気味 物忘れも
新緑の様なエネルギーに満ちた子供達 こちらはやっとぶら下ってる紅葉の葉?

紅葉の様に綺麗であれば良いのですがね(笑

少しでも元気な子供達に エネルギーを分けてもらってる今日この頃です。

Drアレックス・モールトン

Dr. Alex Moulton.jpg
写真の人物は Drアレックス・モールトンと言う技術者
50年以上前に 小さなタイヤの自転車を作る会社を作り自転車の世界では
有名な方です ママチャリの様なスポーツ車をミニベロと呼びますが

大きなタイヤの競技車両を小さなタイヤのママチャリ見たいのが抜いて
行く事を想像して下さい とても不思議な光景ですが 理論と技術により
数々の最高速記録などを打ち立てた技術者です

そんなミニベロが
moruton speed.jpg
金属のトラス構造で出来ています 前後にサスペンションを搭載し
小型タイヤは高気圧の8kg~9kgもの空気を入れて転がり抵抗を
軽減し 小さなタイヤは空気抵抗にも優れてるが気圧が高いと乗り心地が
悪い そこでサスペンションを付けたと言う事です

最近はサスペンションの付く自転車も珍しくは無いですがそれは
ジャンプや段差を乗り越えるショックを和らげる物でモールトンの
それとは目的が違います
moruton pylon.jpg
不思議な乗り心地と加速感が独特です デザイン的にも美しく進化しています
しかし とても高価な自転車で持ってる人は少なく 中々お目にかからない自転車ですね

素材革命が進み 現在ではアルミやカーボン構造の物で数百万の自転車も有り 世の中の
ハイエンドの価格が以上です 何でも高ければ良いと言う物でも無いと思いますが 
格差社会の現代は 青空天井の価格設定に市場が有るのですから 何だかな、、、

自分の周りで原付(125cc以下)のブームで 久し振りにカタログ等をみますが
バイクもとても高く 約2倍に成ってるのでビックリですね 一方では中国製の極端に
安い物も沢山有り 価格とコストとにらめっこ! 

栃木県教職員共済会のニューみくら リニューアルから1年

IMG_0213.jpg
築35年 小規模な変更はある物の昭和の雰囲気が全面の店舗
それでも 県の建物ですから堅牢で良い物を使われています
しかし 丈夫とオシャレはイコールでは無いのですね、、、

時代と共にバージョンUPも必要です 今回のご依頼では
お一人様を上手に座らせて 空き席を無くす事です

相席などで対応してましたが どうにも効率が良く無いと
また配膳の動線が悪く 厨房も丸見えですし 会計の列と
ドリンクバーがクロスし更に配膳が交わります

IMG_0805.jpg
お一人様の問題は 窓に向いたカウンターで 36名が座れます
この席が人気が有り お二人様でもカウンターを希望される方が多いそうです

窓面を全面カウンターにした為に BOX席との目線が合わなくて
居心地の良いシートに成りました

以前はTHE昭和のお店でしたが リニューアル後は 若い女性の方々が
増えて 随分と雰囲気が変りました 順調に来客数も増えていて肩の荷が
降ろせました

県庁職員専用では無いのですが 一般の方々は少なかったのですが
最近は 県職員の方以外の方も増えた様です

ほんの少し変化する事で 大きく流れが変る事もあるのです
公の経営の店舗でも良いサービスをすれば 利益に繋がります
お値段も安いし 料理も美味しい「ニューみくら」どうぞ
ご利用して下さいませ。