旬の野菜 無農薬とか有機野菜

DSC00260.jpg
ハウス栽培や海外からの輸入で旬の時期が曖昧な昨今
無農薬でありながら美味しい野菜を作っている「農人たち
オーナーさん曰く 其々の旬のど真ん中を目指して作る事
以前はハウス栽培もしていましたが 最近は露地物が殆ど

オーナーさんの話しでハウスはサラリーマンの如く
雨でも雪でも収穫が出来る=休め無い 天気と共にある農人なのが、、、
人間的で無いのと経費がそのまま商品に跳ね返るってどうなのか?

試行錯誤して今年からハウスは全て辞めた潔さに自分も賛成です
業種は違えども 人が人らしく生きる 食べる 住まうこととは
自然に逆らわずに上手に暮らすことと自分も思うからです

パリ協定 COOP21で二酸化炭素の排出量の制限が厳しく
車も住宅も変な方向に進みそうです 
 住宅はゼロエネ住宅とかで使用量と太陽光発電などでプラスマイナス=0
 断熱サッシや断熱材の質を上げてロスを少なくする 
 省エネ家電を使い使用量を抑え それを自給自足の様に太陽光を使う

それでもそれら商品を生産するにもCO2を排出してるので何とも言えない?
そしてそれらの商品が何年も使える物か? 不安は残る
茶道をして感じる事は 昔の生活の一部を再現してる様で
エアコンも無い時代に如何に 厳しい自然に順応し楽しんだか
すると昨今の大掛かりな住宅の設えがメタボ以外の何でも無い

そしてそれらの大掛かりな建物が何年もしないうちに取り壊され
また新たに同じ様な建物を建てる光景を何度も見てきた

先進国で住宅メーカーがCMをしてるのは日本だけだとか?
多くの国は地域ごとの工務店みたいな所が200年以上耐久性の有る
建物を造ってるからで 風土や気候を熟知した伝統の工法で建てられてる

日本も嘗ては農家のボロ屋でも100年150年は平気で使っていたが
現在は50年も建て替えしない物は稀であり殆ど無い 
  その理由として生活家電や個室の需要など生活の変化が著しく
  明治以降 西洋風の生活に憧れるところが大の為と思われる
世界的な異常気象や温暖化で昔と同じ様には行かないものの
生活様式が安定してきた昨今では 100年や200年の寿命の住宅を
建設しても良いと思います

そこで何時も言ってる事だが建物は寿命は有るが デザインの寿命が問題です
何時の時代にも愛される建物で有る事が寿命を延ばすキーポイントです
  今は最先端のハウスデザインでも そのメーカーの20年前の建物を見て
  今と変らなくカッコ良く素敵でしょうか、、、?
  最先端の住宅も20年ごは同じ様に成ると考える それは魅力的か?

京都の古い住まいを見ると今でも十分素敵で 流行に左右されない完成のデザイン
トラディショナルデザインは何時の時代もスタンダードで有りえると考えます
過度な装飾や流行を取り入れず 昔のカッコ良い建物を目指して行きたいものです

野菜の話しから滑りましたが 科学で季節など関係なく収穫が出来ると言うのは
おごった考えでは無いでしょうか?  その時期の物を美味しく頂き季節を感じる
食も住宅もその様にしたいものです。
posted by 喜多 at 15:43Comment(0)syoku

アルピーヌビジョン

IMG_0200a110.jpg
古いフランス車にも昔から興味が有りましたが手を出しませんでした
シトロエンもDS GS SMなど興味が有る物の 危険な香りが、、、

そしてスポーツカー好きとしてはA110とか5ターボ(初期)など
昔から乗ってみたい車 メガーヌRSが当社の駐車場に生息しだして
多くの仏車数寄が寄ってきます そしてBXが着てからは更にコアーな
方々が集まり出して こんなに仏車数寄が多いとはビックリしました

今度リリースするアルピーヌビジョンは如何な車でしょうか?
今時なTTの様な車に仕上がってるのでしょうね きっと?
posted by 喜多 at 09:14Comment(0)

暑くないお盆休みが過ぎて 今年も後半です

IMG_0767.jpg
しかし 肌寒いお盆休みでしたね、、、
空梅雨の6月頃から涼しい8月に成ると予想しましたが
本当に その様に成って仕舞いました 工事的には良かったのですが
農作物や今後の天候が気に成りますが 来週は暑さが戻るとか?

夏は夏で暑く無いと活けませんね 経済効果も下がるとか?
地球規模で異常気象に成ってますが 今後どの様に成るのか検討が付きません
建物を造る仕事に従事してる者として 予想数値を大幅にUP?でも費用が?
備える事にどれ位の予算を使わせてくれるのでしょうか? 

今回の写真は8月3日にオープンした「たかはら歯科クリニック
デザインと機能に多くの時間を費やしましたが 最後まで悩んだのがこれ
IMG_0752.jpg
キッズコーナーの設置です 自分はキッズコーナーは否定派でして
大人のデザインと上手く融合し難いのではまた 安易に子供にその場所は
自由で何でも有りと思うのでは? 通常の待合室に大人と一緒に座り
絵本や簡単なおもちゃで遊ぶ程度が良いと考えているのですが

ここ数年 孫のちびっ子達の行動を見て考えるに おもちゃの締める割合が
可也大きいのですね 何処かに行くよ!と言うと「そこにおもちゃ有る?」と
かえって来ます おもちゃの重要性が大きいのですね

歯科治療は大人でも嫌いな場所ですから せめて楽しいおもちゃは有っても
良いのでしょうか? それでも積極的に行きたい場所ではないかもですね
IMG_0776.jpg
歯科医院でのディスプレーでカウンターの上に多くのオーラル商品が並ぶのが
どうにも好きで無いので カウンターのトップをガラスにして商品をその下に
並べてみました クールでスッキリした待合室と楽しそうなキッズコーナー
子供の目にどの様に映るのでしょうか? 子供に聞いてみたいものです。
posted by 喜多 at 10:15Comment(0)日記

夏の旅 出羽三山

IMG_0852.jpg
平山郁夫氏が描いた慈恩寺境内の宝蔵院表門 境内で一番古い建築物とか
鎌倉以前の仏像の宝庫と称される 慈恩寺 嘗ては奈良東大寺寄りも多い
石高で3000石の所領を安堵されて 一般の檀家を持たない高貴なお寺

現在では出羽三山と言うと 月山・羽黒山・湯殿山と言いますが元は
慈恩寺が庇護していた葉山が入って居て 湯殿山は其々の奥院だったそうです

東北新幹線の小冊子トランベールで紹介されて最近はパラパラと訪れる人も出て
来ましたが 重文クラスの仏像をゆっくりと直に見れるのですから仏像好きには
たまらないポイントです

その少し上に有る 天王寺展望台からの眺めは最上川を中心に山形盆地が一望出来 
東は蔵王連峰 西は月山をはじめそれに連なる山並みが見える絶好の眺望です
IMG_0848.jpg
芭蕉さんもこの眺めを暫く眺めたことでしょう 誰も来ない場所ですので
誰にも遠慮する事無く 眺めていました 正に独り占めの贅沢です

その後メジャー所の立石寺 山寺に行きましたが流石に観光地という感じです
格が高いが故に衰退してしまった場所や昔から庶民の観光地に成った場所など
継続して集客を続ける事は凄いですね、、、パラダイムシフトが無い観光地
今後も円仁さんの徳が続くことでしょう。
posted by 喜多 at 10:07Comment(0)