夏の旅 出羽三山

IMG_0852.jpg
平山郁夫氏が描いた慈恩寺境内の宝蔵院表門 境内で一番古い建築物とか
鎌倉以前の仏像の宝庫と称される 慈恩寺 嘗ては奈良東大寺寄りも多い
石高で3000石の所領を安堵されて 一般の檀家を持たない高貴なお寺

現在では出羽三山と言うと 月山・羽黒山・湯殿山と言いますが元は
慈恩寺が庇護していた葉山が入って居て 湯殿山は其々の奥院だったそうです

東北新幹線の小冊子トランベールで紹介されて最近はパラパラと訪れる人も出て
来ましたが 重文クラスの仏像をゆっくりと直に見れるのですから仏像好きには
たまらないポイントです

その少し上に有る 天王寺展望台からの眺めは最上川を中心に山形盆地が一望出来 
東は蔵王連峰 西は月山をはじめそれに連なる山並みが見える絶好の眺望です
IMG_0848.jpg
芭蕉さんもこの眺めを暫く眺めたことでしょう 誰も来ない場所ですので
誰にも遠慮する事無く 眺めていました 正に独り占めの贅沢です

その後メジャー所の立石寺 山寺に行きましたが流石に観光地という感じです
格が高いが故に衰退してしまった場所や昔から庶民の観光地に成った場所など
継続して集客を続ける事は凄いですね、、、パラダイムシフトが無い観光地
今後も円仁さんの徳が続くことでしょう。
posted by 喜多 at 10:07Comment(0)