カブの日 スーパーカブでツーリング

IMG_1015.jpg
週末にお天気が良かったので 7台の原チャリで袋田の滝に!
124ccのクラッチ付きの変なカブで出掛けました
片道70kmの距離ですが 田舎道で信号も無く 適度に
カーブが有って中々良いコースでした

少し走っては 一服です バイクを見ながらあーだ こーだ
他愛も無い会話ですが 楽しい会話です

其々のバイクに拘りが有り 皆ピッカピカに磨いています
そして毎回見るたびに何処か部品が違い コツコツ仕上て居ます

今回の自分の相棒は 昭和の日本の働くオートバイ
「スーパーカブ」 新聞屋さん銀行さん 郵政カブなど
ピザの配達のオシャレバイクとは違い必実剛健な物が
IMG_1013.jpg
昨日銀行のおにーさんが乗って来た 最新のスーパーカブと
2ショット 随分と様変わりしましたね 
2007年から排ガス対策でインジェクションが採用され
足回りがボトム式からテレスコピットと言う普通のタイプに
ハンドルがメーター一体鉄板の曲げたカバー式からパイプ式
60年も前の設計が最近まで使われた稀なケースですが

普通のオートバイに成ってしまったのが少々残ねでは有りますが
燃料タンクがボディー(シート下)の中に有るとか
レッグシールドが付いてる等 変らないデザインは踏襲されてます

IMG_1012.jpg
自分のカブは プレスカブと言う種類で その名の通 新聞屋さんモデル
銀行タイプも類似ですが 前に大きなカゴが有りその前にライトと
ウインカーが付いて居ます 荷台は大きく伸ばされて 大きな荷物が
乗るのです その他ブレーキや足が経験で丈夫に変っているのですね

現在のカブと昔のカブを見るに 個人的に味が無くなったと思われ
それは耐久性より安全性を重視してサスペンションのストロークを
長くして 旋回時の転倒を少なくしました 引き換えにカブの
特徴だった フロントのボトムサスペンションが無くなりました

性能は悪いのでしょうが デザイン的郷愁が消えて 味気無い
古き良き物 それを残しながら 性能を上げる方法は無かった
のでしょうか? ポルシェがRRを必至に守って居る様に

最近のホンダ カブは中国で製造されてるそうですが 
製造1億台を達する今秋 日本でも製造するとか?
排ガス規制で50ccが難しく原付50cc免許を
100ccとか125ccにするとか? 

8月に製造を終えた ホンダモンキーも排気量UPして
復活するとか? うわさが出ています
普通免許で乗れる50ccでは今後の排ガス規制について
行けないので 免許の枠の変更も有るとか?

その昔 軽自動車も360ccでした それが550ccに
現在は660ccですので昔の倍近い排気量ですね。

因みに今回のツーリングでは 160kmを走り3.1リッター
燃費は51,6km/L ハイオクでも500円入らないですね。




posted by 喜多 at 10:58Comment(0)

音楽を楽しむ方法の可能性は無限に! 一つの方向性 自作スピーカー

IMG_1005.jpg
最近はイタリア製のスピーカーに凝ってますが
それと対照的に 自作スピーカーの可能性を追求
メーカーの優れた名器も良いのですが お粗末でも
自ら作る喜びもひとしおです

数十年前に有名メイカーからバズーカと言う筒型の
スピーカーが発売されて音はともかくそのデザイン性に
興味を持ったのです

あれから数十年 バックロード型を作ったりしてますが
塩ビパイプを使った 格安スピーカー製作をとのタイミング
友人の友人が丁度同じ様な物を作っていましたので 参考に
聞いて居ます

IMG_1002.jpg
設備や樋などに使う 硬質塩ビパイプを使います
色々な物が作られていますが 自分の惹かれる物が中々無い
デザインに優れてる事が 自作の何よりの事です
だって 音質的には既製品に任せれば良いのですから
個性的な自作スピーカーが出来れば 面白いと言うのが
そもそもの考えです

今回その感性に近いのがこの形です 
兎に角 簡単でカッコ良く それなりの音で十分です
自作スピーカーをこれから作ってみたいものです。
posted by 喜多 at 22:26Comment(0)

ロングセラーに見る 変らない物は凄いのですね!

IMG_0971.jpg
工業製品の中で ロングセラー品に何時も敬意を持っています
そして長い需要が有る事や時代が変っても需要が有る事は
作り出した時から長く売れると思ったか? 偶々か?

この夏生産を終了する ホンダモンキーが大変な人気でして
ここ半年の相場が異常ですね 今後も高値が続きそうです

そして今回の写真のご存知 働くオートバイ 「ホンダスーパーカブ」
ビジネス使用では無く レジャー目的でも細々とファンが居る
100%のモンキーの比では有りませんが 少しづつ改造品なども出てます

働くバイクとしてのイメージが強いカブを如何にカッコ良くするか?
難解で有れば面白いので 自分もカブのカスタムに年初からチャレンジ中
カブの代名詞 レッグシールド(白い泥除け)これを外すとカスタム度が
可也UPしますが 自分はこれを残します 1958年に誕生したカブは
未来素材の塩ビのパーツを選択し伊国のべスパーやスクーターの多くは
板金のレッグカバーを装着してました 当事の先進技術でしょうか?

IMG_0969.jpg
そんなマイナーな趣味の世界 スーパーカブの改造車でしたが
BSTV所さんの世田谷ベースで先日 所さんスーパーカブを買う!
そしてそれと同時にデイトナ等の雑誌で所さんカブ特集

以前に所さんプロデュースでカブを仕上たのでしたが
その頃は まだそんなに乗り気で無かった物の 
今は歴史から勉強しOHVの頃のカブを買ってレストアし
比較的新しい物を旧車風に仕上る 自分が作ってる物と
似てるかビックリです

所さんは ライトとハンドルが分かれたカモメスタイルですが
ハンドルの表現は諦めてパイプハンドルを使ってます
自分はオリジナルを重視しながら チョップトップにし
ロング&ローをイメージし ステップも拘ったのです

今が旬と思ってカブに取り組みましたが そろそろ他に
目を向けなくては活けませんね! 皆が解ると面白く無い
誰も見向きもしない物にこそ面白さが有るのですから!(笑
posted by 喜多 at 09:51Comment(0)

ジージの休日

IMG_0954.jpg
週末をちびっ子達と過ごす時間が多いこの頃
毎月最初の土曜日曜はぱんカフェの日と言う事で
ちびっ子達が泊まるので 色々と子供の遊びに付き合う

IMG_0891.jpg
何年も触れたことの無い 粘度で遊ぶのですが 色の多さにビックリします
そして 子供の創造性に触発されて少しだけ手伝って仕上ますが 本人が
納得しません 感性の触発に成ってます(笑

IMG_0966.jpg
自分の娘のころから有る 自分で作るゼリーのお菓子 娘と造った記憶は無く
ちびっ子達のおもちゃやお菓子など 知らない世界が沢山あるのですね
3歳に成ったCOTOはレゴブロックで上手に色々と作り出すので感心してます

1,5歳の頃から ネジを締めたり 物を解体したり 男の子のように
メカ好きの理系女子ですね またママの手伝いとかでパン生地をこねる
手つきも中々器用で根気強いので物を造る人に成りそうな予感ですね

3つ子の魂、、、と申しますが 色々な個性が出る年頃でそれも面白い
1,4歳のmomoは 純粋に無垢な存在で本能のままに 姉と対等だと
歳が近いと何でも出来ると勘違いしてるものの 果敢に挑戦する為に
何でも早いので 色々と大変でそれも楽しいものです

  知人の小児科の先生から聞きましたが 子供は4歳位に成ると人間に成る、、、
  3歳までは犬や猿でも略同じ知能で行動も同じだとか?
  それが4歳に成る頃に大きく変化するのが 未来を想像する事が出来るのだとか

  どんなに賢い犬や猿でも 未来の話は理解できないとか
  例えば 明日の為にお菓子を残すとか 苦い薬もその後 痛みが無くなるとか
  楽に成るので 我慢すると言う 近い未来を想像して納得するそうです

上記の事を理解し出した 姉cotoは猿から人へ変化中です
妹momoはお猿さんそのままです(笑


posted by 喜多 at 11:49Comment(0)日記