小さな旅 その2 旧田母沢御用邸

IMG_1203.jpg
台風も無事に過ぎ 青空の月曜日です
数週にわたり週末が天気の悪い日が続きまして
多くの行事が日延べに成ってると思いますが 此れからは大丈夫かな,,,

さて先日ご案内した 米国からの初来日のお嬢様を 案内した場所は
東照宮では無く 旧田母沢御用邸でした 何故なら泣き虫山の借景が
とても綺麗で 建物も雅やかな美を感じる場所だからです

東照宮は建物はきらびやかで(派手)で 立派ですが 庭とのコラボが
無いのが おそらく好みでは無いと判断から此方にご案内しました

彼らも東照宮の情報はパンフなどで見てチャイニーズスタイルと評して
日本に来たのだから日本らしいものを感じたいと言ってました
多少リップサービスも有ると思いますが 自分の気持ちの良いポイントを
ご紹介し感じて頂ければ良いのかと思います
IMG_1170.jpg
宮殿造りの特徴の 中庭が美しい!
中に向かって開けてる感じのコートハウスコンセプトは 米国では
真逆の発想でしょうね 大自然がふんだんに有る国で且つ開拓は
外での生活が基本で 毎日がアウトドアーキャンプみたいな
自然の中に身を投じる生活と 自然を感じる生活は立ち居地が
全然違うのでしょうね

非日常を体験して頂き 更に密度の詰った京都へと向かうのですから
公家さんのエッセンスの予習に成れば幸いです
お嬢さんの仕事のヒントに成れば良いのですが 日本を旅して
何かインスパイヤーされる事を願います。

スチィーブパパは日本に数年住んで居ましたが 北海道には行って無い
今度 自分に北海道を案内しろと言ってましたがワシントンはとても
自然豊かで湖も多く物凄く北海道に似て居て 余りお勧めでは無いと

彼はわかった では違うところを考えてくれと結んだ! また孫を連れて
来て下さい。
posted by 喜多 at 09:54Comment(0)

ガーリックポット デザインを考える

IMG_1026.jpg
お仕事の依頼を受けてる 農人たち

 農人たち   宇都宮市叶谷で有機工法で野菜を作る
農業団体? 農業法人で考えを共にする方々をまとめる中心で
高島屋や青山マルシェに出品してる 国産有機にんにく等
美味しい有機野菜を作るグループです

その農人たちさんから ガーリックポットのデザイン依頼を受け
描いたのが六角スイ型の1ヶ入れポットです 
六辺ニンニクをモチーフに 柄の長いニンニクを収納し
常温で保存するセラミックの容器です 更にブラッシュUPして
ニューヨークの有名レストランに並べても絵に成る様にと、、、

農人たち代表の宮本さんは NYのオーナーシェフとも交流が有り
また NYのギャラリーオーナーともお知り合いとか?
通常の農家のネットワークと随分違うところが非常に良いのですね

別の業界で東京で長年活躍された方ですので 販路も独特で面白い
全国に講演などでも駆け回るお忙しい方ですが 第一次産業の農業と
言う所が非常に興味が有ります

宮本さん曰く
 有機だの無農薬、、、美味しくなくては何も意味が無い!
 毎日食べる 安心で美味しい物を提供したいと事業を起こし
 若い農家や後継者の急進存在に成ってます

話しはそれましたが 色々と思想も合う方でして 当社への仕事の
依頼も 非常に楽しい未来を作るお手伝いが出来る仕事です
職場の建築 自宅の建築 農業で必要な収納や格納のデザイン
そしてオープンスカイキッチン(レストラン)のデザインなど
今後長く継続して行くパートナーさんです

小物のデザインですが とても先の広がる楽しい仕事です
企画に携わる方々の交流も更に広がり夢の有るプロジェクト
忙しいときにこそ 良いアイディアーが広がります。

小さな旅 そして大きな旅?  イタリア大使館別荘と英国大使館別荘

IMG_1072.jpg
スティーブ親子と作家Fさん親子と小さな旅に出掛けました
スティーブは米国シアトル在住の建築家 

お嬢さんはセントラルパークなどのガーデン設計をした会社の
デザイナーさんでして 今回日本に来るのがはじめてでして
私は小さな旅でも 彼女には小さく無いのですね(笑

スティーブにはシアトル滞在のおり長くホームステーさせて頂きました
作風やテクスチャーなど共通点が多く 作品を見せて頂くのも勉強に成ります
今回彼の最新作のアリゾナのビラが竣工して一息ついて旅に来られたので
ゆったりとしたスケジュールにしました

彼の好みは有る程度理解してますが お嬢さんは初めての来日ですので東照宮は
外せない所ですが 東照宮は建物は有っても庭が無いので潔くカットしました
ちょっと変ったガイドですので、、、

最初に出掛けたのが
IMG_1111.jpg
アントニン・レイモンド設計のイタリア大使館別荘です  昔はこの前のエリアで
水上スキーを毎週してまして 懐かしい場所で此処から見る夕景がとても素敵で
湖の多いシアトルと何処か似ていて そこに佇む建物と自然のバランス彼の好みかと

そしてそのお隣に建つ
IMG_1127.jpg
英国大使館別荘 英国大使であり維新に影響を与えたアーネスト・サトウの
個人別荘だった所が後に英国大使館に成り現在に とてもシンプルな美しい建物で
IMG_1129.jpg
内装は白くモダンで且つシンプルで清楚な感じがとても素敵で スティーブも
対照的な作品にとても喜んで頂きました 共に木造建築ですが 自然環境の厳しい
日光の高地で100年以上もしっかり建っている姿は 寺社仏閣とは違っても
日本の木造建築も中々なものですね

このエリアで紅葉の早いのが 竜頭の滝
IMG_1162.jpg
上の湯の湖から流れる水はとても冷たく その影響か? 紅葉が早い
滝を眺めながらコーヒーを飲めるカフェも有りまして ここの
雑煮がお勧めです もちが揚げ餅でしてカリカリとモッチリが
癖に成りますよ!

次回は東照宮をカットして向かった場所とは?

 
posted by 喜多 at 10:50Comment(0)

日光金谷ホテル 100年カレー

caption.jpg
山沿いでは 紅葉も色つき始める頃に日光に出かけました
シアトルからのお客さんのリクエストに答えて久し振りに
出掛けた日光ですが 平日でも多くの人でした

さて外国から来て頂いた方に 一番気を使うのが食事です
夕食は日本食が食べたいと言う事で宇都宮の和食屋さん
問題は観光地の食事事情で 高くて不味いのが観光地
そこで間違い無いのが 有名ホテルと言う事で金谷ホテルへ

箱根の冨士屋ホテルと共に日本で一番古いホテルである
金谷ホテルで100年前のレシピを元に作られたのが
100年カレーレギラーメニューの他に 季節限定が
追加されて其々に満足されたようです

自分も初めて食べましたがとても美味しくこく深くマイルドで
且つピリッとスパイシーで100年前にこれを食べた人は
さぞかし驚いた事でしょうね

明治大正と外国大使や公使の方々が湖ではヨットクラブを作り
夏のビラとしての日光での生活を楽しみ下っては東照宮など
二社一神の観光に金谷ホテルはフルに使われたことでしょう

古来からの木目細かいサービスと安かった人件費で外国に方がたは
お安く良いサービスが受けられ 建物は当事の匠の技がふんだんな
オリエンタルな建物に泊まる事は京都などとは一味違ったレジャーが
日光には有った事でしょう そんな日光の良さを日本人は近年に成って
知る事に成りますが

今の日光の観光はとても 木目の細かいサービスとは言えない気がします
ふんだんな観光資源に胡坐をかいて 適当にしても人が来るのですから
努力が足りない気がします

歴史が有る金谷ホテルにはこれぞ日本のお持て成しと言えるサービスで
旅人に印象を付けて欲しいものです。
posted by 喜多 at 10:34Comment(0)日記

秋の夜長に何をしますか?

IMG_1155.jpg
秋分の日を過ぎる頃から 少しづつ日が短く成りますね
夜が長く成ると 色々な事が落ち着いて出来る気がします

音楽も流して聴いていたものが じっくり曲を聴いたり
何かを作るのにも集中出来る気がします 

バイクの改造なども 汗だくで作業をしたのがうそみたいに
快適に作業に集中できますね 手作りのスピーカーとか
趣味の時間も有効に使える 気持ちの良い時期です

オートバイや自動車も気温が下がり 非常に調子が良い
紅葉の始まると渋滞しますが その前の今がドライブに
ツーリングとベストシーズンですね

当方は地区の役員に当番制で成ってしまい 運動会の
お手伝いをしなくては成らないので 連休も遊べません

色々なイベントに誘われたのですが 今年は諦めますが
連休を過ぎてから 恒例のドライブツーリングの企画も
しなくては成りませんが 今年は何処に行こうかな?
posted by 喜多 at 11:37Comment(0)遊び