ALTEC 718A Monitor

IMG_0724.jpg
オーディオの話しですが このジャンルに詳しい人はアルテックと聞くと
映画館のシステムとスタジオモニターが頭に浮かびます

自分もALTECと33年の付き合いですが 未だにベストな状況で鳴らしてるか?
悩んだりしているのですが そんなおバカなことが趣味と言う事だと思い込むのです
IMG_0725.jpg
さて今回の写真は先ごろ竣工した叶谷ベースに新たに取り入れたスピーカーがこのモデル
多くは MODEL620aがメジャーな呼び名ですが 顔をマットブラックに塗装をし
ユニットにはアルニコマグネットの最終と成る マッタレーホーンの604-8Hが
組み合わさるもので日本では非常に珍しく 通常は620aが殆どです
IMG_0719.jpg
ブラックフェイスとスケルトンのサランネットがクールでしかも音が良いのですね
自分も欲しいと思った物です 行きつけのお店にタイミング良く入荷し即決して頂いた
Mさん 泥沼のオーディオ趣味の世界にようこそ!

そして劇場システムが生業のALTEC ですから ホームシアターとしても最高でそこで
早々に液晶プロジェクターも設置してしまいました 簡易的に床置きのスクリーンを設置しましたが
良いプロジェクターを買われたので 今後はスクリーンのUPグレードも有りかも知れませんね

オーディオ暦40年の自分としても あれこれ迷走し定まる事が無いし無駄に買い替えをしたり
今に至る経験を 知人にアドバイス出来る事が何よりの財産だとポジティブに考えるのですね

先週は別のお客さんのステレオ用の電源工事をしました 内容は単200Vをトランスで
115Vと100Vにして マッキンとかUS仕様のモデルは115Vで接続出来て且つ
クリーン電源ですから 家電の影響を受け難いと言う事です こんな事をするのが趣味でして
コストパフォーマンスは無視ですが

実は良いシステムを更に良くするには結構意味が有る工事で どんなに良い器材でも基礎の
電気が悪いと性能をフルに発揮出来ないのですね エントリークラスでも音が変わりますが
その変化が如実に解るハイエンドモデルでしたから 安定感とどっしり感は良かったです。



posted by 喜多 at 11:22Comment(0)日記

叶谷ベースで 幽玄なひと時 月を見る

IMG_0689.jpg
先日竣工した叶谷ベース(株式会社農人たち)で 素敵なパーティーでしたその訳は

良い場所 美味しい食べ物 集う人々 音楽 そして天気の五見一体と成る事で
素敵な時間が生まれます

ゲストの方々が話し上手であるから? 聞き上手? ホストの手間が掛からない人達
其々の分科会が盛り上がる

自分もこんなに話しに加わらなかったパーティーは久し振りでひたすら裏方でバリスタ
してました

日比谷ミッドタウンの1F レストラン ブベットのパティシェ近藤さんのスイーツに
合う様に ネルドリップで丁寧にドリップしました エアロプレスでとかエスプレッソとか
考えましたが 皆さんに飲みやすいコーヒーにしました 

雅楽の演奏も勿論最高でしたが 馴染みの無い音楽でして歴史や楽器の説明を丁寧に
話して頂き 月との共演も里山に染入る音色でした(個人的感想ですが)

IMG_0704.jpg 
二部では ガラリと雰囲気を変えて以前から交流の有るギタリストの細田さんが
VoのGONZOU(音楽プロデューサー野澤孝智)さんとデュオでイタリアンな一時

曲調がイタリアン? 3日前にイタリアから戻ったGONZOさん その雰囲気のまま
歌って頂いたので何処かラテンの雰囲気がプンプンでした(個人的感想)

この日は 昼間は大汗かいて準備やリハーサルをしてましたが 日が落ちると
温度が下がり 急遽ストーブ登場! その他の人達はピザ釜の周りに集まったり
ストーブの周りに集まったり 部屋に入って話す人とか お酒を燃料に外のテーブルで
熱く語るグループとか 沢山の井田端会議ならぬ分科会が盛り上がった様子でした

壮大な計画の話を小耳に聞いたり 四方山話に花が咲き楽しそうでした
此れからも こんな会を重ねられたら嬉しいものです


会に参加して頂いた皆様に御礼と 準備に尽力して頂いた裏方様方達に感謝と御礼を
申し上げます ありがとう御座いました。
posted by 喜多 at 10:12Comment(0)日記

叶谷ベース 70%

IMG_1840.jpg
秋の空気に包まれてる 宇都宮市叶谷(かのうや)地区に全貌を
現した 株式会社農人たちさんの拠点と成る 叶谷ベースが出来ました

全体の計画の70%ではありますが 今週末にキックオフイベントとして
観月祭をする事に成りました 雅楽の演奏やミッドタウン日比谷のレストラン
ブベットさんの出張キッチンなど夕暮れを楽しむ会を開催します

里山の風景の残る叶谷(かのうや)と言う地域に自然に溶け込む建築です
風景の邪魔に成らない建物を目指し 今後予定してる数棟の建物も景観の
邪魔に成らない配慮をします

気持ちの良い農場の家が目標で 普通の農家住宅では無くイベントやセミナー
様々なカルチャースクールが出来て宿泊も出来る施設を目指します

このプロジェクトを切欠に自分も農業の実情と今後の展望を聞いたり 世界と
日本の違いなど 農業を身近に感じながら農業の可能性を教えて貰いました

株式会社農人たち 

このプロジェクトに関わった皆様に感謝と今後とも宜しくお願いします。
posted by 喜多 at 09:43Comment(0)日記

無い物は作るしか有りません

IMG_0634.jpg
自分も物作りの仕事をしていますが 現在販売してない物が
無くては成らない場合が時々有ります

また 全体的にまだまだ使用可能で有っても 消耗品の供給が
終了して 使えなく成る物の多い昨今 物作りは消耗品並みの
寿命しか考えて無い様な気がします

良く比較に出しますが アラジンのブルーフレームと言うストーブは
何十年経ってもパーツが買えるという事の素晴らしさに気付かされます

どんなに気に入って居ても 使えなく成る事 そしてそれに代わる物が無い?
そんな不満をお持ちでは無いでしょうか?

img584ff80ed3c42-1.jpg
15年使ったダイニングチェアー(キャブチェア)コピー物では無くカッシーナ物
6脚の内2脚が背の部分の一部に亀裂が出てしまい どうにも修理が出来ません
良い物を長く使うと言う事で購入しましたが、、、

スチールのフレームの上に樹脂のキャップが付いていて 背に寄りかかった時に
しなやかに反る様な仕組みですが その樹脂が折れてその部分のレザーが切れて
仕舞いました 寿命と言えば 寿命でしょうが お安く無いので納得出来ませんね

元々レザー家具はパブリック仕様の丈夫さが売りの物ですが 他の木の椅子の方が
長持ちするのは 如何なものでしょうか?


最初の写真に戻り 40年近い昔の自動車のバンパーを今回作りました
時間とお金を掛ければ部品が無い事も無いのですが 丁度良い価格で
作るしか無いので 作成し今回取り付けますが これで終わりでは無く
色々と古い物を維持するのは大変ですが 面白くもあります

昔の人の物作りの考え方や方法に触れる事が出来て 現在に至るまでの
段階が見えて来ます そしてそれが 仕事にも役に成る事が多く 自動車の
進化のスピードと比較しても 建築の進化は非常にゆっくりです

自動車作りに見る建築との比較が 中々面白いテーマです。
posted by 喜多 at 11:43Comment(0)日記

HOND モンキー

IMG_0361.jpg
発売以来50年を過ぎて 排気ガス規制の影響で昨年販売中止に成ったモンキー
最終の販売でプレミアムが付いて大騒ぎでしたが 有る所にはストックが有るのです

写真のモンキーは年式は知りませんが キャブ式の物でタンクにガソリンを入れて無い
新車のまま眠っている物 置くにはゴールドモンキーも有ります

小さなモンキーは乗る事も無く床の間に置いたままに成ってる物も多いと聞きます
昨年のフィーバーから程なくして モーターショーに125CCの新型モンキーが
展示されて話題になりましたが それも今年の春に販売されてこれまた納期待ちです

そして今年還暦の60年に成るスーパーカブも50ccと125ccの新型が9月に
発売されました 50ccが有るのは銀行や新聞配達で50ccしか乗れない人の為
モンキーは趣味性が強いので あえて50ccを作らないのだとか?


IMG_0886.jpg
古いモンキーをカスタムしたりノーマルを崩さずにプチチューンしたりプラモデル感覚で
手を入れれるのがモンキーの魅力ですね バイクショップにはモンキーコーナーが有り
その根強い人気を伺えます

8インチタイヤが標準キャラメルタイヤですが 何とも心もとないのでスクーターにも
使われてるオンロードタイプにすると随分と乗りやすく成ります そして更に
10~12に交換すると安定はしますが モンキーらしいデザインが崩れます

形と性能のさじ加減が悩む所でして 走り優先か? 形優先か? 悩む所です
現在ツーリングでは125ccしばりで参加を募っていますが日帰りで行ける
所に限界が有るので 1泊で遠くに行くのか? 排気量UPするか? どの様に
成るのでしょうか?
posted by 喜多 at 14:17Comment(0)日記