無い物は作るしか有りません

IMG_0634.jpg
自分も物作りの仕事をしていますが 現在販売してない物が
無くては成らない場合が時々有ります

また 全体的にまだまだ使用可能で有っても 消耗品の供給が
終了して 使えなく成る物の多い昨今 物作りは消耗品並みの
寿命しか考えて無い様な気がします

良く比較に出しますが アラジンのブルーフレームと言うストーブは
何十年経ってもパーツが買えるという事の素晴らしさに気付かされます

どんなに気に入って居ても 使えなく成る事 そしてそれに代わる物が無い?
そんな不満をお持ちでは無いでしょうか?

img584ff80ed3c42-1.jpg
15年使ったダイニングチェアー(キャブチェア)コピー物では無くカッシーナ物
6脚の内2脚が背の部分の一部に亀裂が出てしまい どうにも修理が出来ません
良い物を長く使うと言う事で購入しましたが、、、

スチールのフレームの上に樹脂のキャップが付いていて 背に寄りかかった時に
しなやかに反る様な仕組みですが その樹脂が折れてその部分のレザーが切れて
仕舞いました 寿命と言えば 寿命でしょうが お安く無いので納得出来ませんね

元々レザー家具はパブリック仕様の丈夫さが売りの物ですが 他の木の椅子の方が
長持ちするのは 如何なものでしょうか?


最初の写真に戻り 40年近い昔の自動車のバンパーを今回作りました
時間とお金を掛ければ部品が無い事も無いのですが 丁度良い価格で
作るしか無いので 作成し今回取り付けますが これで終わりでは無く
色々と古い物を維持するのは大変ですが 面白くもあります

昔の人の物作りの考え方や方法に触れる事が出来て 現在に至るまでの
段階が見えて来ます そしてそれが 仕事にも役に成る事が多く 自動車の
進化のスピードと比較しても 建築の進化は非常にゆっくりです

自動車作りに見る建築との比較が 中々面白いテーマです。
posted by 喜多 at 11:43Comment(0)日記