大寒というのに?

IMG_0711a.jpg



暖かい大寒です この時期に陽だまりであれば 外で遊べるのですから
無邪気にシャボン玉を追い回す孫たちを 眺めて穏やかな気候だと
思いながらも これって異常な状況では無いかと不安にも成ります

先日山形の友人から 蔵王の樹氷が出来ない 学校のスキースクールの
伝達事項で ロープウエイの片道料金では足りないので帰りの分も持たせる
様にと連絡が入ったそうです 

何でも 通常はロープウエイで登ってそのうえで滑ってから下まで当たり前に
滑って降りて来るのですが ロープウエイの下の駅まで雪が無く帰りも乗らないと
降りて来れないのだそうです 雪が多い事で有名な蔵王でも、、、

そんな話を聞いた後のニュースで スキージャンプ大会(山形蔵王)で雪不足で
ダンプで雪を運んで来て 何とか無事に大会が開催出来たと 大変な準備をして
くれた大会で表彰台に乗れて良かったと高梨沙羅さんが言ってまして この事かと


普通が普通で無くなってしまうと 変わらないことのありがたさを実感します
日光の天然氷も出来ないとか? 地球環境の崩壊が感じられるようです

昨年は台風の被害が広域に渡り 近い所で被害が出ていますが60年に一度
とか言われますが 今後毎年起こるだろうし更に大きく成る可能性大ではと
考えている人は自分だけではないと思います

孫の無邪気に遊ぶ姿を見て 遠い未来では無く この子たちの近い将来にも
気候変動の影響で住みよい日本では無いのはもとより 世界規模で災害や
収穫の飢饉的要素で食糧難など生きる為にも厳しい時代に成らぬ様 環境に
優しい事を考えながら仕事に生かしたいものです。
posted by 喜多 at 09:28Comment(0)日記