ビフォーアフター ほんの少しの予告編

宇都宮市内の「日本料理 中村」さんのリニューアルプロジェクトを頂き
女将さんの希望で 最も直したかった所が 玄関でした その全容は後程
紹介しますが、、、
IMG_1203.JPG
板の間と神棚 襖の奥が厨房に成って居ます 厨房の明かりが漏れるのは
仕方が無いのですが 格子の衝立で上手に処理をして居ました
厨房との出入りをスムースにしながらも狭くしないで隠したい

袖壁を作る 暖簾を掛ける 厨房側に目隠し壁を作る 色々と案が出ましたが
女将さんが 生け花が生える様にしたいとの事でしたので 壁をカッコ良く
仕上げました 出入り口の問題はエンジン引き戸にして解決 取っ手もセンサーも
見えません ヒラケードアーと言う合図で開くのです(笑
IMG_1343.JPG

それと一間の玄関が狭い 下の写真
IMG_1206.JPG
土間が小さくて一人しか立てません 下足の処理がスムースに出来ないので広くしたい
と言うことで 下駄箱を場外に追いやり 土間を広く取りついでに畳を引きました
敷台を通して上がりやすく且つ圧迫が無い様に それと土間の仕上げですが 70年近い
古民家に合う仕様が
IMG_1345.JPG
IMG_1316.JPG
那智石の洗い出しは通常使いますが 碁石ほどの小さな石を立て使います 倒れない様に
ビッシリと詰めますので通常の3倍位石が入ります 2㎡程の面積で3名で1日掛かりました
そんな古き良き時代の工法を使ってみました 見えない所に気を使う美学がカッコ良くもあり
凛とした仕上がりに成りました 

今日から外構の作庭作業が始まりました 全貌のご紹介は後少し掛かりますが 建築の完成と
花を活けての使用感の想像をしながら積み重ねたので 設えを整えてから写真を撮りたいものです

お店のご紹介も全部出来てから写真も新しく成り HPもリニューアルしてからの方が良いのかと
今回は 予告編と言うところで勘弁してくださいませ。

posted by 喜多 at 18:53Comment(0)日記