究極のお茶会?

P1010129otya.JPG
此処の所 8月14日のギターの「渡辺幹男30周年コンサートin宇都宮」の
ご協力をお願いの為 お茶の先輩で非常に頼りに成る姉弟子の所にお邪魔しました

今回お邪魔した姉弟子の先輩は 稽古日が違うのですが 何時も気さくに接して
頂き 他の社中とか他県のお茶の方々とも親交が深く親善大使的な素敵な方です

関心したのが 面白いお茶会 趣旨と詳細をお話出来ないのが残念ですが
さわりは写真の書と 香合・紙釜敷きを見て頂いてもご理解出来るかも知れませんが

殆どが手作りか非常に安い道具を見立てで使い 来て頂いたお客様にくじで道具を
お土産に持って頂こうと言うサプライズ! 中にはこんな物も
P1010131kasibon.JPG
写真の菓子器もお手製で 頂く側の気持ちの負担に成らないのと 見立てって
面白いでしょう! と言う事かと求めて居た物をこんなに近くの方が実行して
居たのだと言うことで 非常に感激と感動を頂きました 

道具組を聞いただけでもワクワクしてくるのですから 実際に席で体験したと
創造すると 更にビックサプライズだった事でしょうね

余り他言するなよ! と釘を刺されて居ますのでもっと言いたいの所ですが
先輩の名言から パロディーは本編を理解してるからのパロディーで有って
パロディーだけしか見ない方には只の道化に映るので、、、、

、、、とは 自分が考えるに お家元も最近話されてますが名物物が無いと
釜が掛けられない様な事ではいけない 客を迎える気持ちが重要で有ります

言い換えれば 敷居を低くしでも気持ちは紳士に取り組むと言う事かな?
などと自分は理解した次第でした そして夜は前期の最後の稽古でした
今年の前期は非常に収穫の多い半年でした 皆様に感謝です ありがとう。


PS 昨日は美味しいコーヒーとお土産のゼリーを有難う御座いました。

この記事へのコメント