初釜2011 in 斉藤宗琢道場

P1020103nao.JPG
お茶に修道し 7回目の初釜です
自分のカレンダーの恒例行事に成って7年
ここで多くの方々と新年の挨拶を交わします

今年も先生から皆勤賞のお祝いを頂きました
稽古を始めて6年間 毎年皆勤を続けられた
健康な事に感謝すると共に 茶道に理解をして
稽古に通わせて頂ける環境と共に修道する
クラスメイトに感謝をいたします!

P1020132hatugama.JPG

お茶の道の 7年目って?
毎年深く大きく広いと感じる世界観・宇宙観?とも
たどり着く所は 禅の道に通じる様な予感がします

今年は禅を学びたいのですが 何と無く予想するに
自分探しの長い長い旅に出てしまったのが お茶?

駆け出しの小僧が言うのも奥がましいのですが
自分探しの旅のしおりが 茶道なのかも知れません

道には終わりが無く 道無くは 自ら道を作れ!(喜多)
故にエンドレスな旅なのでしょう 

ゴールが見えないから辛いのか?
ゴールが見えないから楽しいのか?

これから人生が何年残ってるか判りませんが
お茶の心を携えて人生を歩むと思われます

この記事へのコメント

  • popspace

    面白い情報ですね、興味があります
    2011年01月11日 11:08