エコな冷暖房システムとは 「PS暖房機」見る効率の素晴らしさとは、、、

P1070408oya.jpg

先月竣工した「おもちゃの町コートハウス」で採用した空調システムは
自身も最近お気に入りのPSさんのHRC(冷暖房)システムです

お気に入りの点
 
 1、エアコン冷房が嫌いな自分にとても優しい冷房
 2、暖房は実績が有るので問題無いのですが 薪ストーブの様な優しく
   足元まで暖かい(床暖不要)
 3、色や形がオーダー出来るので デザインがとても良い
 4、今回のテーマで有る ランニングコストが非常に安い
 5、活字での表現が難しいのですが 涼しさの質がACとは比べ物に成らない
 6、ファン(プロペラ)が無い為に 無音で有る(この点も薪ストーブの様)
 
気に入らない点

 1、イニシャルコストが高い
 2、移動出来ない
 3、PSに慣れると他のACとかが更に嫌に成る
 4、ウォシュレットが無いトイレに入れないのと似て居て
   他の環境の順応性が?

今後このシステムを検討してる物件が10棟ほど有りますが
今回の「おもちゃの町コートハウス」の施主様のPSの利用のしかたや
暑がり寒がり加減を理解して居ますので光熱費の良い参考に成るのが
楽しみです


PS(追伸)
  今までの室内の素材を考え直す必要が有ると言う事が解りました
  と言うのも 今までは断熱性に富んだ素材を多様しましたが
  PSシステムを入れるので有れば 輻射熱に反応しやすい素材を多様する
  必要性が有ります 

  例えば 杉材や珪藻土等の空気を多く含んだ物は輻射熱の影響を受けにくく
  結果温度が変らず 環境が同じですが
  石や鉄 木材で有ればナラや樫などの重たい素材は輻射熱の影響を受けて
  素直に温度が変化するので システムパネルの助っ人が多く成るので
  トータル環境が良くなると言う事に成りますね

  薪ストーブや暖炉の周りに石やレンガを使うのは輻射熱の助けに成る
  部分を大きくすると言う効果も有るのですね 今までの素材の選び方も
  変ると言う事は 新たなセレクトで楽しく面白いものです。

この記事へのコメント