特別なときに頂く 特別な料理「鯛めし」 宇都宮市内の割烹「柏」さん

IMG_1527taimesi.jpg
宇都宮市内パルコ東に有る 割烹料理の「柏」 親方とは35年前に
オートバイのサークルで知り合って 当事はバイクの話や車の話し
その後 冬のスキーサークルでは家族で参加して頂き 息子さんと奥様に
スキーを指南したのが随分前のこと

しかし 仕事が割烹料理店を経営してると知ったのは暫くしてからでした
そのころは高級料理とは縁も無いものでした

そして暫くして子供が生まれて お祝いの食事と言う事で「柏」さんに
お世話に成ったのが切欠で 特別なときに利用をさせて頂いてます

その後七五三や入学、卒業など身内のお祝いに御願いをして料理を頂ますが
鯛の刺身を頂 〆の食事に出るのがこの「鯛めし」です 色々な所の鯛めしを
食べましたが 自分はここの鯛めしの塩梅と米がとても好みに成りました


個人店で長く変らずに続く店が少ない中 この店の存在はありがたく貴重です
二代目の息子さんも修行から帰って来て 味を進化させながら継承して行く
ことは 我々の様な者にはとてもありがたい事なのです 

両親が好んで食べた味を 子が食べて そして孫が食べる そんな普通の
事が 現在は中々出来ないのが事実です 昔ながらの老舗がのれんを下ろし
大手のチエン店が横行し 小さな味を守るような店が 少なく成る

後継者の問題もありますが 老舗を守る客の意識も大切なファクターなのは
事実です 昔から変らぬ物を提供する店なども 保護する何らかのものが
必要かも知れません


日本中どこでも 同じチエーン店のレトルト食を食べるのは 勘弁して欲しい
と考える今日この頃。

この記事へのコメント