カルテル・ブックワームを取り付ける「コートハウスA」

P1140661.jpg
オブジェの様な本棚は 英国のデザイナー 「ロン・アラッド」が手掛けた
本の虫と言う意味の ブック・ワーム

カルテルが手掛けて 勇名に成りましたが 元々鉄板のロールで作られて居て
メーター売りをしていた物を カルテルがプラスチックを匠に使い改良を重ね
現在 3m 5m 8mと種類を販売してるのですね

今回は今年最初の仕事で会社が始まる前に 竣工後2年を過ぎた家のリビングに
取り付けました ブルーとレッドの3mは在庫があるのですが 白の5mは4ヶ月
近く待って 受注商品でした 


さて本商品 お金を出せば誰でも購入出来ますが 取りつけは非常に難しい、、、
何が難しいかと言うと マニアルと言うか どの様に設置したら良いか
取り付ける人のセンスで変幻自在に変化します 

ほんの少しの曲がり方や ブラケットの角度や方向で表情が可也変化するのです
そして一番の問題がぶっつけ本番で 下地の穴を開けてからの変更では汚く成る

デザイナーが考えたブックワームと言う製品 その製品が色々な形のオブジェに
成ると言う オーナー達が育てて行くと言う製品です よってこれで良いのか?
もっと方法は無いか? などと悩んでいると一向に進まない 

P1140676.jpg
今物件は 此れを付けようと言うイメージが有り 下地も考えたが 既存の
木造住宅では下地の問題も有り 間単には行かないのですね、、、簡単なボード
アンカーで取りつけてしまう事も出来ますが 本の重さを考えると しっかりした
下地と取りつけ方が肝心です 

仕事を請け負う側の 責任の重い製品で気安くは請け負えませんね(笑

この記事へのコメント