クヌギの木を伐採してテーブルを作る

P1140860.jpg
益子町で茶室に掛かる大きなクヌギの木を処分して欲しいとの依頼で
クヌギの大木を倒したのが13年の春でした(過去Blog掲載)

そのクヌギが余りにも立派だったので 何かに利用出来ないかとおもい
クヌギの木が有った 島岡製陶所さんの板蔵を改修をしていたので
カウンターに一部使用したのと 一番の太い木は板にひいて只今 保存中!

その巾約1mで長さは5mと巨大な板材で厚さも十分に有るので色々な
物に使えるはずです 今回のテーブルは同じく伐採したクヌギの中で
少々細い物 とは言え丸太の巾は80cmは有り長さは3mでした

その丸太を一方は丸面で一方は直角に落とし 長さを2,4mにカットしました
厚さは4寸(12cm)で二枚に分けて その間に漆で仕上げた欅の角材を入れ
大きなテーブルに成りました  其々の重量が有るので大谷石の足に乗せただけ

3枚のテーブルをずらしてみたり出来るのですね 写真は開き止めの蝶型くさび
飛び出した部分も大きく 後で木が痩せたら打ち込みます

P1140866.jpg
きちっと並べるとこんな感じです 超重量級のクヌギのテーブル床の補強も
鋼製束と大引きの追加をしました 足が90kgx2ケ テーブル100kgx2
センター漆の欅が20kg 何と合計400kgとグランドピアノより重いですね。

この記事へのコメント