ミースのバルセロナ・チェアの力

P1140839.jpg
  和の設えが洋に合うのか? 

  優れたモダンファニチャーが和に合うのか?

巨匠と言われた作品には時代も国も関係なく馴染んでしまう所が凄いですね
ミースもコルビジュもスチールを多く取りいれ家具を作っていますが 時代を超越し
何時の時代にも独特の存在感と融和が有り シンプルで飽きの来ないデザインです

優れた物は好き嫌いなく色々な物と場所に溶け込む力が有るようで 故に長く
愛され続けるのでしょう  そんな物だからコピー製品が多いのも事実です

ある程度オリジナルに忠実に作って有る物と 勝手な解釈で作った粗悪品があります
クロームメッキの部分をステンレスで作り オリジナルより優れてるとバカな事を
主張する族???


東京オリンピックのロゴ問題もそうですが コピーの国を批判して居た我が国も
嘗ては 世界の優れた製品を真似続けて今日が有り まねする所から始まるのは
しょうがないが 優れた文化は法や規則で縛る事では無くて 自らのモラルが
肝心です  我が国のトップの人達のモラルを観察しなければならないのは、、、

如何にも残念です。

この記事へのコメント