面白い椅子たちの選択

IMG_1102.jpg
セパタクローと言う名の椅子が この写真です
赤とグレーの2ケをサブチェアーやオットマンの代わりに
購入したお客様  中々の座り心地に喜んでおられます

家具好きの若者が増えていますし 沢山の情報やマスコミでも
特集が組まれる デザイン系の椅子ですが 

オーソドックスタイルや巨匠シリーズなど ジャンヌも沢山有ります
人気の北欧家具やイタリアデザインなど 多くのオシャレな場所で
目にしますが 版権が切れたコピー物やジェネリックと言う表現の
コピー製品 本物が高いと言う事で出回る多くがコピー製品かと思う程

仕事柄 本物と言われる物と それ以外を比較検証してまいりましたが
本物と言って良い物から 笑ってしまう以外無い物まで沢山有り驚きます

有名なコルビジュの椅子やセブンチェア等はスチールの足の部分が
クロームメッキで出来て居ますが 中〇製の物はステンレスを磨いて
作って居ます 彼らの言い分はメッキよりステンレスでこちらが良いと、、、

デザイナーの意匠は無視され作り手の解釈で一人歩きしてしまい今日の有様です
細身の黒っぽい金属が素敵だと思いますが 錆びないステンレスが高級と言う、、、
そんなオリジナルを無視したものが 横行してる昨今 是非とも本物を見て
下さい

但し ホルムのバランスは取れて居ますが 実際座ると 座面の高さが高すぎて
靴なら兎も角 スリッパやはだしでは踵が付かない物も沢山有りますのでご注意!

同じコピー製品でもイタリア製の物は 本物に敬意表して作られてると思われます
北欧のコピーは少ないと思いますが お隣の大きな国の考えは 理解出来ません


そこで 何にも似てないオリジナルな物に挽かれる今日この頃です。

この記事へのコメント