フレンチブルーな車たち 仏国の車に乗る事

alpine_1.jpg
新緑も気持ちが良く 空気も爽やかな中 車を走らせるのが楽しい時期で
皆さんも何処かドライブには行かれましたかね?

さてフレンチな車に乗り出して半年が過ぎました まだ走行距離は伸びてませんが
MT(マニアル)を操作して乗る車はとても面白く オートマも良いですが
MT免許が有る方は是非 脱オートマして下さい 衝突安全や自動発信防止その他
多くの安全と言う名のおせっかい機能が付いてくる昨今の自動車

仏国車でも同じ様な流れですが EUのマニュアルミッションの比率は以前として高く
我が国の倍以上が マニュアルで運転しています 無論流れはオートマにシフトして
おりますが 車を楽しむ選択肢がまだまだ残されていることは 車好きには良い事です

我が国も スズキアルトがマニアルを全面に押し出した広告で半分以上がMTを選んでるとか
また 86やロードスターなどMTを選択出来る車種も寝ず良い人気がありますが
それらスポーツカーを買う年代が40代50代そして60代の方々でして若者が
MTを選択してる例は稀であると言うのが残念です

娘が教習所に行った時に多くの生徒の中でMTは5~6名で内女子が3名で殆どが
実家が農家で軽トラを運転する為だとか、、、生活の為だけに取るMT免許 如何な物か
しかしMT免許を取得しても乗る車が無いのも事実ですね


さて話がそれましたが 今の相棒メガーヌは昔のホットハッチ系を思い出す元気な車です
ノンスリップが付いてるとは言う物の 大きな馬力の為にジャダが出ます ジャダとは
前輪が左右に引っ張る力でハンドルが取られる事で FFの癖ですが 最近のFFは
そんな癖をコントロールしてFFに乗ってる事を気付かせないことが多いのですが

メガーヌはとてもじゃじゃ馬で真剣に運転しなければと感じるのが良いのですね
昔は200馬力オーバーはFFでは意味が無いとか言われましたが 今は300HPオーバー
タイヤの性能も有るのでしょうが 中々面白い車です まだサーキットではテストしてませんが
きっと楽しそうな車ですね

自分がイメージしていた仏国車とは違いますが イタ車には無い魅力が有る様です
写真のA110の再来も楽しみの一つです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック