大人の遊び? おとなの時間

友人からお茶の誘いを頂きました
蛍を見ると言う野点の席と言うのですが
同席の3名と路地へと足を進めます

IMG_1243.jpg

梅雨の時期 夕刻というのに湿気も無く気持ち良い気候の中
どのような志向か 先の見えない道を程なく行くと
道の先に 茶席が見えました  一同 感動の瞬間です

その光景を写真でお見せしても 1/100も伝わらないでしょうね
ですので その光景は想像にお任せしますが

野点の茶席と言うには 余りにも立派過ぎてこの写真から野点席を想像出来ないでしょうね!
それが
IMG_12481.jpg

この席を作る為にどれだけ ご亭主が準備に時間を費やしたか? 
各所に持て成しの心満載で 感動しない筈が有りませんでした
心のこもった持て成しの席 そこで過ごす時間は至福のとき

この時期 奇跡的に過ごし易く 蚊も居ない 虫も居ない
人工的な音が聞こえない 鳥のさえずりそして湯の沸く音
持て成しの膳を頂きながら移ろう景色 伝わらないのが残念です

大人の遊びの理由
常識をわきまえた お茶のルールを理解して 互いに思いやる心
その接点が 「茶席」 唯一無二の 一時の限定なもの
その道に修道して 同じ道を歩む同士だから得られる境地なのかも知れない
それが 大人のパラダイスなのかも知れません

お茶の道を歩んだ年月分 感動が増すような気もします
勿論 最初の頃は其れなりに喜びも有りましたが 
年月を重ねると 色々な物が見え出して更に味が濃い感じとでも言うか
おなじ食事でも それを頂くのが誰と? どんな場所? 器は? そして気候は?
それにより味が変るのと少し似てるかもしれません 

そして夕闇に包まれる頃に 林の中に沢山の 小さな明かりが点灯!
主役の登場!  久し振りに観た蛍でした

最後に 余韻を楽しみながらの帰り道  ご亭主様にはお疲れ様でした
そして また宜しく御願いします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック