オリジナルの家具 デザイン家具を作る

benchi.jpg
建築家と言われる職業は 建物だけでは無く 庭やガレージ アプローチなどの
外観をデザインする事も 重要な仕事だとおもいます

そして内部に関して カーテンや窓周りのセレクト 壁面を飾る絵やオブジェにも
気を使いたいものです

そして何より大きな存在が 家具ですね、、、
家具のセレクトは勿論 出来れば建物やオーナーに合った家具をデザイン出来ると
良いのですが 予算と時間の問題で感覚に近い既製品で妥協します

無論 妥協と言っても優れたデザインの家具は沢山有り それを上回る物を
作れるのか? と突込みが入りそうですが  オリジナル家具の醍醐味は
寸法や搬入を考えずに その建物の一部と成れる様な 建築の一部に他ならない

何気無い棚や物入れも家具の一つで 建築中で無ければ出来ない物も有るのです
既製品は 平均的な利用者を目的として作られるので 
  例えば  ダイニングテーブルなど一般的なサイズが有る 長さ1。4m~1.8m
       これは 材料の定尺が1.8mでそれ以内が殆どです
そんな状況で 2mを超える 大型のダイニングテーブルは非常に高価ですね
大きなダイニングが入る家=大きな家=お金持ち  と言う訳で極端に高価になる

また消耗する家具たちは 安いと言えども如何なものか?
家と同じか 雨風が当たらない家具は 家より長生きして欲しいものです

IMG_0229.jpg
写真は椅子の博物館に行って 考えさせられた事が

物の寿命(建物・家具・その他)とは
  素材の寿命    構造上の寿命   そしてデザインの寿命が有る

Yチェアのペーパーコードは無論消耗しますが 張替えが可能ですし
構造フレームも相当長く持ちそうですし 修理で治ります
何より 長い間 世界中で作られてる一級品ですので飽きが来ない
などを考えると 10万前後と安くは無いが 高くも無いのでは、、、

自分が携わる多くの施主の方々に ご理解をして頂き良い物を
セレクトさせて頂いてます そしてそれらのヒット商品に負けない
オリジナルの家具が出来ればと 日々考えて居るのです

此れから始まる益子の家にも 3m位のテーブルを作りたいものです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック