自作バックロードホーン スピーカーを作る その2

IMG_1556.jpg
先週からの続きですが 色を塗る前の箱がこんな感じです
バックロードホーンの構造の写真を撮れば良かったのですが
作る方に夢中に成り 撮るのを忘れました 子供の頃と一緒です

この箱は10cmのスピーカー用と言う事で もっと良い音を聞きたく
フォステックスのバックロード専用スピーカー(FE108EΣ)を購入しました
しかし 同じ10cmと言っても 下記の写真の様にまるで大きさが違います
IMG_1566.jpg
穴径も95mmから104mmと全然違います 簡単に付くと思ったものの
新しく作るか? 付く様に考えます

そしてこんな小さなスピーカーを鳴らしていると 多くの方が興味を持ったり
また自分も8cmのユニットを最近買ったとか 色々な人が興味が有るのだと
感心しました

そんな方々に大きな見方が 
IMG_1562.jpg
D級アンプです
自分も実験の為に 3000円位から15000円位の物を数点購入 これがなかなか
良い鳴りっぷりです 2~30万から100万オーバーの器材と比較したりして
時代を感じます 無論 高級機種にはそれなりの理由と存在がありますが
こだわりの塊の様な人にも うならせる十分のコスパです

色々な所を自分でチョイスしたり作ったりするのも趣味の醍醐味ですので
昔から変らぬ探究心で趣味も仕事に生かせればと思いますね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック