名機と言われた訳 衰え無いものたち #7 

IMG_1823sebun.jpg
ステレオサウンドと言う雑誌が創刊50周年を向かえ200刊の
記念号が出まして 音楽関係の書籍を久し振りに買いました
未だにこの雑誌が売れてるという事は ちゃんとマーケットが
存在するのですね

自分がオーディオと言うか? ステレオを始めたのとバイクや
車に興味を持ち出したころが同じで ステレオを貰った叔父と
F氏の影響も有り興味を持ったオーディオに今でもハマッテます

先日58年も前に世に出た以前から気に成ってた と言うか多くの
ファンにから愛されている #7と言うプリアンプが有ります
其々の機械の中に外せない名機が有りその中の絶対的な存在です

そのアンプは何回か聴きましたが 最近のハイエンドの機械と
聞き比べたり マッキンのC22と直接比較は初めてでしたが
皆さんが良いと言う理由が解りました

プリアンプの比較をするのに使用したパワーアンプがお馴染みの
MC275Rです このデザインにやられたコレマタ名機ですね
自分がマッキンに引き付けられたのがこのデザインです
IMG_1825275.jpg

#7のマランツとC22のマッキントッシュとはアンプの双璧
パワーアンプはマランツが9でマッキンが275と言う事です
オーディオに興味の無い方にはわかり難いでしょうがこれがスタンダード

そして何が言いかと言うと? 最新のスピーカーに驚き 大きな
パラダイムシフトに直面してる現在40年前はトランジスター革命で
真空管から代わった しかし真空管の名機は今の電子技術でも越えたとは
言えないのではと 思ったのですね

またそのほんの僅かな音色を感じ取れる 人間の能力も中々なものですね
現代とアンティークの其々の魅力も車と通じる所が有るのも面白いです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック