200系ハイエース 改造計画 ブラッシュアップ

IMG_1607.jpg
コマーシャル以外でも使われるハイエース ファミリー趣向のワンボックスより
硬派な印象が受けてるのか? 車両価格が比較的安いのでなのか? 解りませんが
一般乗用として使用してる方が多いのに驚いて居ます

会社で購入した車は DXと言う安いグレードです バンパー等は樹脂の黒のままです
内装も段ボール色のボードが貼って有り 働く車その物です

そんな働く車も時代でしょうか 外観はスーパーGL仕様なる物も有るのですが
黒の樹脂バンパーが良いのと ATミッションでは無く MTをあえて選択するので
DXしか選択が出来ないことも有りこの車体 それでもスモークガラス等は選択出来ます

その黒いバンパーを生かして
IMG_2097.jpg
2トーンカラーにしてみました
ホイールも樹脂カバーを取ってみました ボルトがショボイので交換を
通常赤とか青を選ぶでしょうが あえて虹色に(チタン風)今後はホイールは
デイトナのスチールに交換予定です

写真では解り難いでしょうが フロントリップカーボン柄(目立たない)
ボンネット上ワイパーカバーとか 小さな所に手を入れてみました
派手な改造では有りませんが 何となくかっこ良いを目指します


マニュアル車のすすめ
 毎日の様にニュースで聞く AT車のアクセルとブレーキの踏み間違え、、、、
 これがマニュアルミッション車であれば 防げるのですね
 多くのお年寄りは当事マニュアル車しか無く 運転は出来るのですが
 現在ファミリーカーには マニュアルの選択は殆ど無く 営業の方も
 後日下取りで苦労するので奨めません

 何でもかんでも 機械任せで人のミスを増幅させると言う副作用もあります
 左足でクラッチを踏み 左手を頻繁に使うと 右脳が活性化されて感覚機能が
 頻繁に使われ 脳の刺激にも成ります

 ミッションでエンストやチョイぶつける事は有っても 踏み間違いに因る
 加速はしませんし 老化に因る運転困難をAT車はわからなくして居ます
 ミッションは老化すると微妙なクラッチ操作が出来なくなり 本人に運転を
 諦めさせる切欠に成ると思います

 自分も日頃からミッション車を乗るように成って3年が経ちますが 渋滞でも
 左足の筋力が付いて 東京の渋滞も問題無く対応出来ました 

 今年に成って古きを見直すと言う事を多く書いてますが ミッションの車
 レコードプレーヤー そして薪ストーブorアラジンタイプの電気を使わない
 暖房など 手間を掛ける事が贅沢の様な風潮ですが決してそうでは有りません
 これらマニアル操作の必要な物は今後とも残るし思慮の深い方々に寄って
 引き継がれてゆく事でしょう

 自分も全てが 懐古主義と言う事では無く 偏り過ぎは行けないと思います
 現在社会はハイテクの偏食だと思われ 偏り過ぎては健康にも良く無く
 皆が向かう方向に危険性も有るかも知れません

何事もバランスの良い生活を心がけたいと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック