涼を感じる

IMG_0521.jpg
異常気象とか温暖化とか 気候の変動が話題に成りますが
野菜や果物など旬の食べ物なども 温室栽培や保存技術が上がり
季節に関係なく 市中に出回ります イチゴなどは最盛期がクリスマス

需要に合わせた 不思議な製造とそれを求めるニーズに因るものか?
現在、宇都宮郊外でアグリカルチャー事業を展開してる「農人たち」
その農人たち様からの仕事の以来が有りまして 自分にとって未知の世界

数年前に ソニーコンピューターサイエンス研究所に招待されたときに
農業のDrの講演を聞いて 農業に興味を持ち頭に残って居ましたので
今回の仕事の依頼は キィ た~!って感じでした

農人たち代表の宮本さんは元ITの人でして 根っからの農家では無く
柔軟な思考と先を見る目を持ってると感じました

IT出身と言うとデジタルな農業をイメージしますが 真逆ですね
デジタル過多の環境に居ると 無性にアナログな物を求めるのでしょう
共感する事が多く これから暫く 自分も農業を勉強したいと考えています

今回はプロローグ的な投稿ですが 徐々に細かいところを紹介したいと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック