日光金谷ホテル 100年カレー

caption.jpg
山沿いでは 紅葉も色つき始める頃に日光に出かけました
シアトルからのお客さんのリクエストに答えて久し振りに
出掛けた日光ですが 平日でも多くの人でした

さて外国から来て頂いた方に 一番気を使うのが食事です
夕食は日本食が食べたいと言う事で宇都宮の和食屋さん
問題は観光地の食事事情で 高くて不味いのが観光地
そこで間違い無いのが 有名ホテルと言う事で金谷ホテルへ

箱根の冨士屋ホテルと共に日本で一番古いホテルである
金谷ホテルで100年前のレシピを元に作られたのが
100年カレーレギラーメニューの他に 季節限定が
追加されて其々に満足されたようです

自分も初めて食べましたがとても美味しくこく深くマイルドで
且つピリッとスパイシーで100年前にこれを食べた人は
さぞかし驚いた事でしょうね

明治大正と外国大使や公使の方々が湖ではヨットクラブを作り
夏のビラとしての日光での生活を楽しみ下っては東照宮など
二社一神の観光に金谷ホテルはフルに使われたことでしょう

古来からの木目細かいサービスと安かった人件費で外国に方がたは
お安く良いサービスが受けられ 建物は当事の匠の技がふんだんな
オリエンタルな建物に泊まる事は京都などとは一味違ったレジャーが
日光には有った事でしょう そんな日光の良さを日本人は近年に成って
知る事に成りますが

今の日光の観光はとても 木目の細かいサービスとは言えない気がします
ふんだんな観光資源に胡坐をかいて 適当にしても人が来るのですから
努力が足りない気がします

歴史が有る金谷ホテルにはこれぞ日本のお持て成しと言えるサービスで
旅人に印象を付けて欲しいものです。

この記事へのコメント