佐川美術館

IMG_0552.JPG
 
京都は何回も行きますが 滋賀県はと言うと彦根城に行っただけで
見どころは沢山有ることは知ってますが 中々行けませんでした

自分にとってのルーツである近江ですが 最初に向かった先が
以前から気になって居た 佐川美術館でして お茶道にゆかりの
茶碗屋 楽家(楽吉左エ門)の監修する茶室が有るので是非見たいと

IMG_0566.JPG
行った時期はデザイン「あ」の展示が行われていました Eテレで
見たことが有る企画展で中々面白かったです

さてお目当ての 常設 楽吉左エ門の展示に向かうと 水盤の下に
潜って行くのですが そのとき茶室が見えてきます
IMG_0624.JPG

地下に潜ると そこが展示スペースに成っています
RC打ちっぱなしの無機質な空間に展示物が映えます
IMG_0605.JPG

陶器の材料の粘土は土の中から採掘するのから 土の中が展示するに
相応しい場所と考えたのでしょうか? 水面に浮かぶガラスの島が
トップライトに成っていて 地上の光を導いています
IMG_0599.JPG

楽の茶碗を見るだけで有れば 京都の楽美術館に行けば多くの
茶碗を見れますが ここは他の作家とのコラボが魅力でしょうね

流行る気持ちを 押し殺し いよいよ茶室に向かいましょうか?
美味しい物は後に食べる性格ですので 気持ちは茶室に行っても
それ以外の展示を先に見てから ゆっくりと向き合う予定で

自分のポリシーで ファーストインプレッションを楽しむ為に
前情報は出来るだけ 入れないし写真も見ない ネットも見ない

何故ならば 無垢な気持ちで接したいのと 情報による刷り込みを
失くしたいからで 勿論今回も 何やら良さそうな現代的な茶室が
有るらしい? 楽さんが関わってるらしい? 琵琶湖の近くに有る?
以上の少ない情報をから 茶室は佐川美術館に有ると直前に知った

建築家であるので 案内板等は見ないで設計者の意図を探りながら
進みます 水面に浮いてる島状の茶室ですので アプローチは地下
からでは無いか? 

地下の展示スペースの何処かに茶室に向かう入口が有るはず
そして身障者のアクセスの為のEVを利用するだろう、、、
この廊下が怪しい? しかし通路には侵入禁止の案内が???

仕方なくインフォメーションに戻り 茶室へのアプローチを尋ねると
見学は事前予約が必要で 当日でも空きが有れば見学出来るのですが

通常は金土日の週末のみ 12月は特別展示の為 2日間しか無いとか
勿論その日は無いとの事で 外観を池ごしに見て益々 ちゃんと見学したい
そして 特別展示として お茶会形式の見学も予約で見れるとか?
IMG_0633.JPG

腰掛待合に座り 水盤に浮かぶ茶室越しに 比叡山の山並みを眺めながら
またリベンジせねばと 思いました 

多くの人は 色々な事を調べて旅をします しかし上記の様な理由で出来るだけ
無垢な状態で 旅をしたいと願うものだから 効率は良くないですし直ぐ近くに
観光名所を見逃したりと そんな様ですが それに勝 感動があり辞められないのですね
以上佐川美術館初体験でした




この記事へのコメント