お茶

IMG_0417.JPG
 お茶好きの母親の影響で 子供の頃からお茶を沢山飲んでいました
近所のお茶屋さんに 定期的にお茶を買いに一緒について行きました
そのおり サービス券を貰いますが沢山貯めて何に使うか?と言うと

店に並んだ急須だったりします こどもの頃から造形に興味が有り
沢山有る中から 常滑の平たい急須に惹かれ サービス券が溜まったら
これだ!と考える変な小学生でした

急須に興味が有るのも親の影響だと思いますが 新しい物が使い込んで
茶渋や手油で照りが出る物が なんとも渋く趣が有るととか?
泥団子の鈍く光る物とちょっと似てる様な魅力が有ったのですね

あれから50年も経った現在 京都の老舗のお茶屋さんに入ると
少年の頃 感じた不思議な感覚が蘇りとても居心地が良いのです

IMG_0410.JPG
子供の頃行った お茶屋さんとは比較に成らないのですが 店内に
有る時代の経った茶壺や茶器等が並んでる様は 何とも心惹かれて
心が落ち着くのですが 昔買った煎茶でも無く 急須も使わない
抹茶ですが そこに有る時代の有る優れた造形の品々に心惹かれます

両親は日常に有る生活用品に多少なり拘りを持ち 小さな庭に庭師さんを
頼んで手入れをしてもらったり 夏には夏障子入れ替えて季節を感じる
そんな親の生活が 今日の自分の感性に影響を与えてるのだと思います

季節を愛でる 風合いを楽しむ 自然を尊重し自然と共に生き方を
何気ない生活の中で受け継いで行くのかと 親から子へそして孫へ
そしてひ孫達に上手に伝達できればと

今日は節分です 護国神社で節分講に参加し夜は孫たちと豆まきです
豆をまく 非科学的な行為と思った時期も有りましたが 鬼の存在を
真剣に信じてる孫達を見ると 真剣に鬼を退治しないと活けませんね

大きな声で ”鬼はー外! 福はー内!” 良い春が来ます様に!。

この記事へのコメント