天才は忘れたころにやってくる? 

20200209.jpg
天才違いです(笑
辻井伸行に続く若手ピアニスト筆頭と言うのでしょうか
藤田真央君 昨年三大国際音楽コンクールで2位と言う
輝かしいデビューを飾った 20歳のピアニストですが

正直友人に誘われるまでは知らなかったですが 詳しくは
ネットで見て下さい

そんな藤田真央君のリサイタルを聴いて素人ながらに思う事は
天才とはこんな人なのでしょうね 大観衆を飲んだ表情で登壇
さらりと名演奏をこなし ひょうひょうとしてる様子

世界の各都市で15日10公演をこなして昨日帰国しての
リサイタルですので 地方の公演と言う事でしょうか?
何処かレッスン的な感じか とてもリラックスした演奏で

最後のMCで足に豆が出来て 演奏にどう影響するか?と考えて
リサイタルに入ったが ”奇跡でした”と本人が話ってた様子で
前の公演で3か所と同じ楽曲でしたが 一番の出来だったようです

山形の空気感か? 帰国してリラックスしたのか? 本に納得の
演奏だった様子がMCトークで伺えました

当方は初めて聴いた演奏だったので比較が出来ませんが本人が
あんなに喜んで話していたので彼の中でもよほど良い演奏が出来て
満足だったのでしょうね それがサービストークだったりしたら
若いのに嫌らしい感じですが 純粋さを信じてみたいものです


そんなに多くのピアノアーチストを聴いた訳では有りませんが
随分昔に聴いた ブーニンの音は最初の一音を聴いただけで
目頭が熱く成った経験がありました

藤田真央君もこれから人として色々な経験を重ねて大人に成ってから
どんな音を出すのか 楽しみに見て行きたいアーチストでした
素人ですがUPテンポの曲よりは 小さな音の表現にとても集中してる
様子でした

久しぶりにインテリジェンスな打楽器の演奏を聴きました
之からの成長を楽しみにしたいピアニストですね
来月は小曽根真さんのライブを見に行きますが 若い演奏と
油の乗った演奏家と楽しい聴き比べ楽しみです。

誘ってくれた友人に感謝です また宜しく!

この記事へのコメント