ホフマン式綸窯 明治時代に活躍したレンガ工場

IMG_1700.jpg
随分昔に ホフマン式のレンガ窯を保存するという趣旨の集会に行き
この窯の存在を知りました その時は崩壊の恐れが有るので中には
入れず 外からの見学でした

今回綺麗に成ってから初めて訪れましたが 説明付きで見学をして
窯の仕組みや当時 作業に携わった人の話や此処で遊んだ人たちの
情報が集まり 窯が活躍してた頃の話を面白く聞けました

明治から大正の頃全国で50箇所近く同じ様な窯が有ったそうですが
現存する物は4棟ですが 形が有るものはここ野木町だけだそうです

IMG_1707.jpg

内部は16室の窯に分かれて居ますが イメージしていた部屋ごとの仕切りは無く
全てがつながって居るので一周100mの円に成って居るので丸いトンネルです

16室に分かれているのは 其々にレンガを入れて焼いたり 冷ましたりするのです
時計回りに搬入や搬出を窯に火を入れたまま出来るので永久的に繰り返す事が出来る

本焼する窯の上から燃料の粉炭を入れて 空気の流れをコントロールするダンパーと言う
弁の開け閉めで1部屋の温度を1000度に上げて本焼をします 熱い空気の流れ方で
少しづつ温度を上げたり冷ましたりするのでエネルギーロスが少なく大量生産に適してる

年間の生産量は450万個に達するとかで 東京駅や横浜赤煉瓦倉庫など多くのレンガ
建築に使われたそうです

IMG_1712.jpg 

燃料の粉炭を入れる場所ですが その投入口で近所の子供が遊びに来て 職人さんが
イモや栗など焼いて食べたそうです 当時の風景を想像し微笑ましい話しです

この窯が出来るまでは 敷地内に有った登り窯でレンガを焼いて この英国式の
ホフマン窯を作ったそうです 安土桃山時代の頃から明治までは登り窯を使って
いたのですね

明治以降 西洋式の建築技術が入り 鉄やレンガ造りの鉄橋や建物が増えた時代ですね
近代日本の建築に多く使われた建材の製造拠点を見るのと 当時此処で働く人々の姿が
想像できる展示は必見です是非お出掛けして下さい。
posted by 喜多 at 09:43Comment(0)日記

老舗が老舗であり続ける理由

IMG_1817.jpg
全国に老舗と言われる店は沢山ありますが 全国的に名前の通った老舗
小田原のかまぼこ屋さんとか 取材を見た事が有りますが 日々進化し
前に進んでいるそうです 

伝統的に古い製法で同じ物をただ作ってる訳ではないそうです
写真のパッケージですが 東京のとらやさんの限定で出した商品
どこか宇宙食 宇宙飛行士もようかんが食べたく成るのかも

パッケージから中身まで伝統的なとらやのようかんとは別物でした
美味しいか? と聞かれると自分はいまいちですが
外国の方々には受けるのかもしれません

しかし何とも面白い挑戦ですね 進化する老舗!
新しく美味しい店が沢山出てきますし 食も絶えず流行りやブームが有り
TVで健康食を取り上げると 翌日の売り上げが上昇したり

海外からの新しい情報に 物凄いスピードで人の好みが変ります
そんな中 100年以上も老舗であり続ける事は凄いことですね

食品だけではなく ロングセラー商品に見習いたいおもです。
posted by 喜多 at 09:57Comment(0)日記

GWの過ごし方

IMG_1834.jpg
大荒に良い天気と当りハズレのあった連休でしたが 旅行に行かれた方は
どちらの天気だったでしょうか、、、  

ここ数年はカフェのお手伝いと言う事で 何処にも出かけず家カフェ(パンカフェ)
掃除とテーブルセッティング以外は手伝う事も無いので 保育園担当!!

COTO&MOMO 二人とも少しは楽に成ったのか? 手が掛かるのか?
どちらもですが 一人で有れば良い子ですが 

下のMOMOが何でも出来ると勘違いして大変です 何をするにも2人一緒、、、
車の移動から買い物カルガモ的に連れて歩くのも気を使い大変です

ダッコも二人? 膝が痛いのですから、、、聞いてはくれません
そうは言っても ありがたい事ですが体力を使います
早く手が掛からなく成って欲しい様な 少し寂しい様な 下の子などは
このままで居て欲しいと思ったりしています

IMG_1837.jpg

婿殿はサービス業で連休は連日仕事で GWは何処にも行かずにパンの仕込み
カフェの手伝いや子供を遊ばせたり 自分の子供には何もした記憶が有りませんが
この子達には 色々とさせられているのですね

土日のカフェが終わり 遊んであげられなかったので 作るお菓子をせがまれます
今回はすし屋シリーズで 一緒に作ったのですが中々リアルです 
作る事が面白いので 出来た物を好んで食べませんが 感心するほど良く出来る!

男の子だとプラモデルとかなのでしょうが これから先どれだけ付き合って行けるのでしょうか?
それでも昨日は天気が良かったので上の子をバイクに乗せてあげました 気候が良いので
気に入ったみたいです  オトコの趣味の理解者にしておかないと、、、、

posted by 喜多 at 14:01Comment(0)日記

春らんまん

IMG_1699.jpg
先週開花から3日目で満開のさくら 菜の花も コブシ 梅も残り
庭の白やしおつつじも満開です 今年は冬から一気に初夏に成って
花が全部咲いてしまいました

北海道に住んで居たときに 4月下旬に成るとライラックや桜や梅
タンポポなど全ての花々が皆 咲いてしまいビックリしましたが
北海道の特徴だと知りました

本州では草花や梅から春が始まり5月くらいまで 気候の良い
春を長く味わえましたが 今は四季から二季に成って仕舞いました
温暖化か都市化かエルニーニョかわかりませんが 丁度良いが減り
寒いから激暑い夏そして急に寒くなる やはり変ですね、、、

地球大丈夫? と本当に思います

今日から新年度ですが あちら此方で ピッカピッカの一年生が見られます
新社会人も スタートのシーズンですね!
posted by 喜多 at 08:50Comment(0)日記

流行に敏感でもないのですが?

インフルエンザに掛かったのは何時だったか? 記憶に有りません
自営に成って30年近く成りますが掛からなかったのです

先週 孫の学習発表会が有りそこでいただいたのか?
金曜日辺りから調子が悪く 他の用事で耳鼻科に出掛けたら
インフルエンザB型だと言う事で 暫く人との接触を控え
篭り生活 孫達も隔離 しかし上さんに移して仕舞いました

今年は周りの多くの人がインフルに掛かったと聞いていましたが
自分も掛かってしまいました 

昨年の春から膝を痛めて 運動を控えていまして 基礎体力が
落ちてると考えて居ます 膝は漸く80%位まで回復してますので
温かく成ったら少しづつ体を鍛えようと考えてます

まだ掛かって無い人もお気をつけ下さい。
posted by 喜多 at 16:21Comment(0)日記

大雪お見舞い

IMG_0059gata.JPG
日本海側で大雪のニュースがここ数週間続いてます
想定外の寒さと雪の量に驚きます 最近は暖冬傾向で
雪国も雪が少ないと話しを聞いて居ました

関東地方も 南岸低気圧の影響で年に1回~2回雪が降りますが
雪に慣れない首都圏は大混乱でしたが 雪国は流石だと思って居ました

しかし先週の雪で国道で車が立ち往生し数日に渡って動きがとれずに
死者も出る事態 大雪に慣れてる人達をもってしてもどうにも成らない?

何でも世界で大雪の降る地域にこんなに人が住んでるのは日本だけだそうです
その雪も厄介なだけではなく 大量の雪で豊富な水資源に恵まれて
水力発電やアルミを加工製造するのには最適な北陸地方で世界的に有名な
金属加工の会社も沢山有るのですね

そしてその豊かな水が海に流れて 豊かな水産資源に成って居るのですから
マイナスな事ばかりでは有りません 世界的に淡水が貴重な資源に成る昨今
大雪の更なる利用方法は無いのでしょうか? 逆転の発想を期待したいものです
posted by 喜多 at 11:50Comment(0)日記

優れてるシステムのメカ、、、しかしそれは消えて行く技術

img_dae487662efb70d0aa098edb5ba5c651113965.jpg
Numero 9 
仏国のシトロエン社が長く売りにして居た後術で「ハイドロ」と言うメカが
有りましたが ハイドロとはハイドラクティブサスペンションと言うオイルで
車のサスペンションをコントロールするもので1955年にシトロエンDSが採用し
2015年のC5で終息してしまった

高級車のロールスロイスやベンツの後輪サスペンションに使ったとかは有る物の
広範囲にオイルで制御するのはシトロエンだけでした
しかし国際競争で多くの車が共通の部品や技術を共用しコストを抑えると言う時代

独自の路線を進んだシトロエンは2015年に60年続けたメカを諦めたのですね
変わり者の習性で 無くなると成ると気に成ります 元々スポーティーな車が好きで
乗り心地を売りにしていたシトロエンには触手が広がらずに乗るに至りませんでした
4e527557e5ff9ebdd78a1aff5e312d64.jpg
昨年縁が有り 高級シリーズでは無いのですが ハイドロシステムが付いた
BXと言う車に乗ってますが 一般的なスプリング式のサスペンションと比較すると
何とも不思議な車ですね 確か当時 宇宙船の様な乗り心地、、、????
宇宙船に乗った人 居ませんから 抽象的な表現ですが 成るほどと思ってしまいます(笑

デザイン的にも独特なシトロエンは アナログ式なのにデジタルの様な
ボビンメーターと言う 近未来的な表現だったり 車の形も何処か不思議です
20世紀は各国各社が独自の技術を求めて切磋琢磨してる様子が消費者にも解りますが
現在の技術はITの発達で軽薄短小で全て電気が関与してますね

ハイドロシステムの自動車はレッドブック記載ですね EVが進むとガソリンエンジンや
ディーゼルなど化石燃料を燃焼させるエンジン搭載の車が消えて行くのでしょうね

EVと言えば 先日テスラ青山で 電気自動車で一番速いと言われるモデルに
試乗して来ました シグナルでは大型二輪を軽々振り切り0kmから100kmまで
僅か3秒そこそこの富士急のドドンパの様な加速が味わえました

しかし速いしカッコも良いのですが 恐らく1週間もしないであきそうです
60kmで巡航して楽しいか? 自動運転も試しましたが完全にお任せではなく
終始見守って居るのも 疑いながら任せる寄りも自分で操作した方が良いかと
発展途上の技術ですね しかし良い体験をさせて頂きました。
posted by 喜多 at 10:54Comment(0)日記

大雪

bunahayashi318.jpg
昨日夕方近くから降り出した雪が24cm積もりました
ここ数年雪が降らなかったので4年前の大雪以来です

北海道に住んでいた自分は雪対策や対象方法の知識が
若干有るのですが 廻りの殆どの方は雪初心者ですので
雪に備えてる方とそうで無い方が混在するのが、雪に
慣れて無い地域の特長です

万全に対策をして道路に出ると 坂道でスリップをして立ち往生
1台の為に大渋滞が起きます、雪国は皆さん最低のスキル持って
居るのでスムースに流れます プロのドライバーも雪では素人

スタッフも30分~40分の通勤時間が2時間30分だとか
幹線道路の坂道で宅配のトラックが坂を登れずに、荷物の
積み替え作業をしてたとか 何をしてるのか?

IMG_0564.jpg
昨日と今朝の足は シトロエンBXでしたノーマルタイヤでも
ノンスリップデフ(若干違う方式ですが)の恩恵で坂道もスイスイ
165と細いタイヤのおかげで車重が上手く伝わります 夏のタイヤは
幅広い方が接地摩擦が大きいのですが、冬タイヤは若干細い方が
重さがタイヤに伝わりスリップし難いのですね

そしてどうしてもスタットレスで無くて走らなくては成らない時は
究極の対策として タイヤの空気圧を通常2,0kg~0,7kgくらいに
空気圧を下げます、すると低圧タイヤの特徴で路面の凸凹に柔軟に
接地してスリップを低減してくれます 4本のタイヤを同事にすると
停車するときにも効果大です

但し低圧タイヤでのスピードは50km以上で無いとタイヤを傷めます
雪が少なくなったらスタンドで1,2kgくらいに上げて更に凍結が
無いのを確認してから通常の空気圧に戻して下さい

シトロエンBXの話でノンスリップデフの話をしましたが 普通の車は
殆どは2輪駆動の場合 1つのタイヤがスリップするともう一方には
力は伝えられなく成る構造に成ってます カーブを曲がるときに
内輪差の影響を無くして走りやすくするためでこれが基本です

4輪駆動の車でも実質前1輪と後ろの1輪の2輪で走って居るので
坂道の登坂能力では2輪駆動でもノンスリップデフが有れば大差は
有りません 通常ではわからない色々な事が極限の状況では知れて
楽しくも有ります、プラス思考で今年も行きましょう!
posted by 喜多 at 11:51Comment(0)日記

時代の流れを車に見る 昭和 平成 〇〇 2018年頭

IMG_1338.jpg
人は それぞれ時代を感じる物が有ると思いますが
自分の場合は 自動車と茶の湯が時代の指標に成ってます

写真の左の小さく低い車は 英国車で66年~75年に
ロータスで作られた ロータスヨーロッパと言う車です
市販車で一番低い部類の車で106cm位しか有りません

1600ccのエンジンを積む普通車です
隣の軽自動車と比較すると随分小さく低いですね!
窓の高さまで無いようですね(笑
そして軽いのです 軽自動車の半分とは大げさですが
6割程度の重さです 低くて軽いのが英国流

漫画の主人公がこの車で活躍しスーパーカーブームを巻き起こし
1つの時代の立役者で憧れた車この車の後継車が
映画のプリティーウーマンに登場するエスプリです

車の時代的背景を考えて其々の車を見ると面白いです
これから先にどのような車に成って行くのか?
どの様に成るのでしょうかね、、、





posted by 喜多 at 09:52Comment(0)日記

2018年 新年あけましておめでとう御座います。

20171220-10280030-carview-002-1-view.jpg
大晦日は珍しく小雨が降りましたが
本日は快晴の元日です

みなさまはどのように正月をお過ごしでしょうか?
孫が小さいのと婿の仕事がサービス業の為 ここ数年は
何処にも出掛けていませんです

昔は正月は北海道で年越しでしたし 近年は正月の3日4日に
出発の格安海外旅行に出掛けたりしてましたが何もしません(笑

皆さまにとって良い年になります様に!
また今年も宜しくお願い致します。

PS
5日には プチツーリング(車)に行きますので お暇な方は
北村に電話かメールして下さい 10時頃出発で午後4時頃には
戻りたいと思います アンコウ鍋も良いし ウナギも旬です
ではご連絡お待ちしています。



posted by 喜多 at 13:07Comment(0)日記