色々な条件の解釈の方法

IMG_1602.jpg
建築に携わると沢山の法律に行く手を阻まれてる感じがします
同じ様に 那須の別荘地にも其々の地区の規約が有りまして
建築基準法よりも厄介な事に出会います

自然を生かすと言う意味でも 環境や景観の意味でも決まり事を
設けるのは解りますが 解釈次第では如何な物かと言うような物が
沢山有ります

隣地や道路との境界から3.5M以内には建物は立てられない
境界に塀や柵を作っては成らない 
しかし カーポートや薪小屋はその限りでは無いとか?

故に 多くのお宅が チープな薪置き場?小屋?を境界に建てたり
アルミ色のカーポートが彼方此方に出来ていて とても自然らしく無い
自然的な環境で如何な物かと

今回設置した上の写真は 見方によってはアート作品やオブジェとして
錆た金属を使い 目立たない色にして 用途はと言うと落差6mの屋根から
落ちる雨水を受ける 樋受け石の代わりです 約2m四方と大きく
それでも 集中豪雨の時などは若干はみ出るのです

IMG_1617.jpg
当初は落差解消を兼ねて 地上より2m位上に付けて 下を潜れる
門にしようかと思いましたが 諸事情が有り現在の形に成りました

建物も当初の設計時の使い方と 使って見て色々と改良が必要で
少しづつアップグレードをして行かなければ成らない様な気がします

どんなに考えても実際にはズレが出て来ますし それをフィードバック
しては居ますが それ以上に新しい挑戦を続けて居るのでそれの修正と
追いかけごっこの連続ですがそれもまた楽しいものです

条件や規制の難題が大きければ それをクリアした時は非常に楽しいので
施主と共に楽しみを共有してポジティブに進みます。

posted by 喜多 at 09:33Comment(0)日記

秋らしい天気の連休

IMG_0220.jpg
今年の連休は台風連休でしたが ようやく秋らしい天気に成りました
湿気の無い 気持ちの良い秋の時期は何をするにも気持ちが良いですね

家の庭も15年を過ぎて 元気が無く成ったトネリコを処分したり
樹形が良くない百日紅を処分したりと入れ替えをしました 姫シャラも
大きく成りすぎて 細めの数本を残して思い切り伐採してみました

新しく入れたのが もみじと白花万作そして やしおつつじに付いてきた
笹に占領された下草を大量処分して 杉苔を前面に貼りました
上手く定着してくれると良いのですが こけ屋さんに 砂苔と言う品種を
頂きました 何でも水やりをしなくて良いとか?

IMG_0219.jpg
苔も綺麗に生えると凄く良いですが 茶色く成ると綺麗では無いですね
苔の種類も沢山有り 育て方もそれぞれ違うそうです 少し勉強が必要です

posted by 喜多 at 09:25Comment(0)日記

東京モーターショー グランメゾン東京

6d673d6ada4011d025fb2117c963a540.jpg
これまでのモーターショーは見たい車が有ったのですが
今回は何か様子が違ってますね 
出品メーカーも大幅に減って海外組は殆ど居ない東京モーターショー

出品するメリットが無いと言うのが現実ですが これからユーザーに成る
子供とかに 強烈なインパクトを与える役目も有ると思うのですが
夢を与えて将来のお客様に成る子供たちを集める様 入場無料にするとか?
未来を見据えた戦略をお願いしたい


話はガラッと変わるが 日曜劇場 グランメゾン東京 キムタク主演のドラマの
第一話で シトロエンのC6がフランス大統領を乗せて走るシーンがありまして
二回目もカット割りが入ってました 殆ど見た事の無い不思議な車です

時代考証的にちょい古い車のセレクトだったのでしょうがジャガーと共に
車列を組んで走る姿に やはりカッコ良いと思うのは自分だけでしょうか?
キムタクの愛車に登場すれば更に人気が出るのですが エグゼクティブアイテムでの
登場でした

2012年以降 ビックシトロエンが無い時代が続いて居ますが 今後も出ない?
140万台のヒットのDSから始まる ビックシトロエンも4代目で途絶えてます 
それはフランス人もドイツ物の同様の金額の車に流れて フランス自国の物を買う
意味が無く成ってしまったのでしょうか?

因みに 其々の販売台数は DS140万台 CX104万台 XM34万台 そして
C6は何と2万台ちょっとしか売れませんでした 決して悪い車では無いと思うのですが
戦後ドイツアレルギーから解放されて Eクラスや5シリーズ A5・A6辺りに流れたと
想像できます

根っからのフランス車を愛する人たちも古いノスタルジックカーで十分で日頃の生活の足は
独国や日本制で十分と成ったのだと思われます 良い車でも売れないと言う面白いのですね
posted by 喜多 at 09:14Comment(0)日記

ラグビーW杯 の日本チーム にわかラグビーファンを作った事

niwkafan.jpg
台風被害の残る中 日本中に希望と力を生み出したサクラJAPAN
自分も含めて 日本中にラグビーの面白さと楽しさを広めた大会

4年前の英国大会で南アフリカに奇跡を起こしたと注目を集め
吾朗丸歩さんのポーズがブームに成り 今回ほどでは無いが
2019ラグビーW杯に向けて種をまきました

そして今回その種から 芽が出てTVの視聴率もうなぎ上り
各番組でもラグビーのルール解説や見どころを取り上げ
ラグビーの初歩的な勉強をしましたし そこへ日本が活躍して
益々 にわかファンが増えた事でしょう

種類を変えれば 卓球の日本が 中国TOP選手を破ったり優勝を
日本人同士で争ったりとか 昔を知る人からするとここ数年の日本卓球は
信じられない卓球先進国に成りました

ラグビーも今回のW杯が8年や16年後のラグビー先進国に成るかも知れない
事実日本のレベルが上がった事で日本国籍を取得し日本の代表として参加した
選手が増えました 今回の活躍で自国では代表に入れない選手が日本に来て
飛躍する選手が増えるかも知れません

しかし現実は 殆どがアマチュアでラグビーだけで生活が出来る人は少なく
2019W杯の強化の為にサンウルブズ がスーパーラグビー国際大会に参加
してラグビー先進国チームと試合をしてましたが これらも期間限定です

今後の選手の活躍の場が無いのが問題でしょうね 一部の選手に注目が集まり
CMやTV出演でギャラは発生しますが 何よりピラミッド型の階層を成す
組織が出来なくては成らないのでしょうね

サッカーもJ1が出来て 数十年 海外で活躍する選手がこんなに多く成りました
 昨日のノーサイドの後のセレモニーを見ながら 今後の日本ラグビーの向かう
状況が良い方向に向かう事を願ってやみません

お疲れさまでした そしてありがとう ラグビー日本
posted by 喜多 at 09:09Comment(0)日記

ベスト8進出おめでとう

81uD+7jWzkL__SY355_.jpg
先ずは 台風19号での被害を受けた方々にお見舞い申し上げます

過去の記録を塗り替える大雨をもたらした台風19号の去った日に
開催も危ぶまれる中 ラグビージャパンが歴史的快挙を成し遂げました
TVを見ながら 殆ど無呼吸で力を入れて観戦してまして疲れます
日本中で一緒に力を込めて居た事でしょうね

自分にはラグビーをしていた弟分が居て 以前からルールを教えてもらいましたが
こんなに試合を真剣に見る事は無く サッカーはボール回しとか2/3は力を抜いて
見てられますが ラグビーは終始力が入り疲れます(笑

今回のスコットランド戦もキックでの陣地の行き来が少なく 突進式の陣地奪還ですし
お互いにパスのミスも少なく一瞬たりとも気が抜け無い試合でした 
そしてサッカーと対照的な事がファールをアピールするのでは無く 黙々と前を目指す
プレースタイルに胸が熱く成ります

20190821-00139156-000-9.jpg

外国出身の選手が多いラグビーJAPANですが 日本的フェアープレーの武士道精神
スコットランドも国の威信を掛けて一生懸命戦って 思う様に成らなく熱く成るのも
ベスト8が必須と思われる重圧も有るのでしょう

ジャッジに対しても不満を言わず 相手を称える姿も敵ながらアッパレでした
ノーサイドの精神は 何とも清々しいと思いましたが 勝ってるからも知れません
負けたらどう思うのか 幸いに今回は経験が無いので このまま経験をさせないで
欲しいものです

アイルランド戦の後 アイルランド選手のコメントで日本がオールブラックスに見えた!と
コメントも有りましたが 桜ジャパンのユニホームも相手に弱く見えたのは
今大会が始まる前の事で 

事実オールブラックス(NZ)のHコーチが決勝トーナメントは日本と別の山で良かったと
本音をもらしてます 次回の南アフリカも 本気のスコットランドを退けた桜ジャージが
強いと印象を与えれば 良い試合に成る事でしょう 頑張れニッポン!

posted by 喜多 at 10:26Comment(0)日記

東京護国寺で在釜

IMG_0158.jpg
お茶の先生が釜を掛けられるので 
前日から準備のお手伝いをさせて頂きました

護国寺でのお手伝いは3回目でしたが 其々に時期や茶室が違い
また自分の経験値も変わり毎回違いが有るので何とも言えませんが
意味ある貴重な体験でした

今回のお茶会では5席全ての席主様が男性ですので 道具組がとても
勉強に成りました 今の時期はわびた道具が多くさらに男性好みで
渋いかんじです

IMG_0169.jpg
過去の2階は広間席でしたが 今回の先生の席は小間席で小間ならではの
道具と言うか 小間に似合う道具も非常に素敵でした

本番は元より 準備と後片付が何より勉強に成ります
道具の扱いは 箱だしから始まり 清めて飾りそして飾り
清めて仕舞 箱入れしそれを風呂敷に包んで大箱に入れる

帰ってからまた道具をだして 確認と水気の物は陰干しし終了!
風呂敷のたたみ方や 箱を包む更紗布の縛り方(真田紐共)
毎回新たな発見が沢山あり 多くを学ばせて頂きました

そして来て頂いたお客様に感謝致します 釜を掛けても
お客様が居ないのでは始まりません

来月は炉開きの季節に成ります 一年が慌ただしく成りますが
気温が下がり お茶には良い季節の到来です。
posted by 喜多 at 10:22Comment(0)日記

奉祝 天皇陛下御即位記念 白鷺神社 雅楽の奉納(雅楽の夕べ)

IMG_0110.jpg
令和元年9月29日 上三川町に1250年鎮座する白鷺神社で
雅楽の夕べが執り行いました

三管楽器 二弦楽器 三打物と豪華な構成で世界最古のオーケストラと言う
雅楽の荘厳さに鳥肌が立ちました
IMG_0136.jpg
最初に平調音取(ひょうじょうねとり)音合わせの後
国家君が代の演奏 雅楽の君が代は初めてでしたが心に染みます

管弦 越天楽  
神楽 浦安の舞
管弦 五常楽急
管弦 陪臚(ばいろ)
管弦 ふるさと(現代風)
元宮内庁雅楽の関係の会から3名と 栃木県の神職の方7名

IMG_0114.jpgIMG_0124.jpg
神楽では 舞の優雅さと鈴の音の清々しさ 時の流れがゆったりとと言うか
どこか穏やかな心地よい空気感が 日本人に染みるのですね 不思議です

IMG_0139.jpg
また洋楽器は色々見てるし聞いてますが 和楽器の調べは少なく
聴いた物では 琴 三味線 太鼓堤類 横笛 尺八でしょうか?

弦楽器でも琵琶は名前は知ってますが音色を殆ど聞いた事が無くて
他の楽器に混ざり以外に音色が届くのにビックリしました
デザインも素敵で 弦のフレーズの細さ以上に細く小さく細い指でないと
弾けないようです

また楽器の説明や雅楽由来の言葉の話とか非常に興味深い知らない世界を
覗けた事が新鮮でした

  言葉
     塩梅  野暮  頭取  打合せ  コツをつかむ
     ろれつが回らない  二の舞  やたら  千秋楽
     めりはり  その他多数

言葉の語源的にも 雅楽の歴史の長さを感じます
しかしんがら 雅楽は平民の耳には届かない音楽だったのでしょうから
現代は 積極的に聞く気が有れば聞けると言うのは良い時代ですね

グローバル化が進み スマホでも音楽が楽しめる時代ですが
祖国の日本の音楽を余りに知らな過ぎて今さらながらでね、、、

東儀秀樹さんが先駆者に成り洋楽とのコラボも有りましたが
さらに興味を持って聞きたい音楽です。



posted by 喜多 at 09:55Comment(0)日記

コードネーム T70 サプライズパーティー

IMG_0053.jpg私どもが通ってる茶道場の先生が古希(70歳)のお祝いと
茶道の道場創立40周年と言う事でお祝いをしたいと
先生のお嬢様(三姉妹)からお今年の初めに話が有りました

その内容は 先生には内緒のサプライズにしたいと言う事
6~70名の社中の方々の賛同を得ながら進めるのは大変ですが
皆様の協力のお蔭で 事を進めて行きまして 先日無事に
ミッションコンプリート

シークレットと言う事で ご家族の方々も非常に大変だったと
思われます 打合せをするにも先生の居ない日を選び こそこそ
其々に適当な用事を作り 半年以上の準備

当日の事細かな報告と実行により サプライズ大成功しました
その後は 会のスケジュール通り 笑いや涙 感動有の会でした
そして締めに 会を企画した長女さんからの話

その話がとてもしっかりして 素敵なスピーチでした
これで先生も安心でしょう! って感じるスピーチ

道場の歴史のスライドショーも作成しましたが
色々と写真を集めて編集しながら 歴史って凄いな!と感じながら
参加された方々もじっくりと写真を見たいと思うでしょうね

今年のビックイベントがひとまず完了しホット一息の今日この頃。

posted by 喜多 at 19:02Comment(0)日記

ノスタルジックスタイルの誘い

IMG_1833.jpg
どんな自動車でも古くなると 価値や人気が有る訳では無く
世の中の殆どの車種が消えて無く成ってしまいます

その存在価値が無く成り 状態の良い車でも引き受け手が無ければ
スクラップにされて仕舞いますが そうで無い車は何時の時代も
それらを求めてる人の人口が多いと 部品や用品が流通し維持出来るのです

どんなに好きな物でも 消耗品や部品が無ければ維持することは出来なく
ワンオフで部品を作ると 天文学的な金額に成って仕舞い車その物よりも
部品やメンテナンスが高額に成って仕舞っては本末転倒でして

そんな意味でも上記の写真の2台は今後とも生き続ける種類でしょうね
英国車はヒストリックの歴史や文化が脈々と続き国もオールドカーの
税制や維持費の軽減に積極的でして何とも羨ましい事です

日本以外の国の多くは車検システムは無い方が多く 自己責任で車の
整備をしています 故に複数所有や趣味の世界も広がりやすく 税金の
塊の日本の車事情とは違うのもノスタルジックカーの環境が違うのですね

IMG_1844.jpg

今どきの車はエアーバックが標準装備ですが この頃の車は事故ると痛そうですが
それがハンドル周りのシンプルさや線の細さに成っているのですね 現在の
車で同じ様にデザインしようとしても無理が有りできないのですね

ですから古い車に乗る事は 走るフィールドや場所を選びながら 大型トラック等の
入って来ない農道や旧市街を原付バイクに乗る感覚でドライブすると言った感じが
安全でしかも気持ちが良いと思います

スピードの出るバイパスや高速道路を速い速度で走る事に向かないと思われ 
走っても気持ちが良く無く 車にも人にも負担を掛けてる感じです
無論 ノスタルジックカー全てと言う訳でも無いのですが その多くが
安全面では現代の車に適わないでしょうね

PTOを踏まえて乗ってみると 現代の車には無い 濃~い味がそこに有りまして
運転中にスマホなどをいじる気持ちに成らないで 運転に集中せざるおえない
五感が研ぎ澄まされる感覚が 何とも気持ちが良いと感じるのは根っからの
車好きだけかも知れませんが 至福の一時です


posted by 喜多 at 09:15Comment(0)日記

那須野が原ファーム

台風15号の影響は有りませんでしたか? 無事を祈ります

IMG_1814.jpg
雄大な丘陵地帯が那珂川流域に広がる 大田原市の東に有る
那須野が原ファームと乗馬クラブに出かけて来ました

広大な敷地で場外騎乗が可能な場所でして 兎に角広い!
見渡す限りが施設 東には八溝山地 西には那須火山地帯
まるで北海道を思い出す光景は 富良野や美瑛の丘陵に似てる

IMG_1827.jpg
施設の充実は其処に住んでる お馬さんを見れば一目瞭然でして
どの馬も おだやかでストレスの無い顔をしています
馬房も英国式の資材がふんだんに使われていることで
英国のホースクラブの様です

馬場も英国製のフェルトが敷き詰められた上に砂が有り
馬の脚に負担の掛からない 贅沢な設計でした

IMG_1820.jpg
ファームと言う事で 沢山の種類の無農薬野菜が作られ
道の駅等で売られてるそうです
農場の整備も非常に綺麗に整備されていて 管理の状態が良い場所で
栽培された野菜は 試食する前から想像が出来ます

乗馬客やその他フリーの方にも供給されるレストランは
予約制ですが 一度試す価値は有りますが 一人当たりの
専有面積が半端で無いので 例えるとゴルフ場の貸し切り的な
そのんな感じでしょうか?  

馬に乗る人も乗らない人も 一日楽しく過ごせるそんなところでした
是非今度は 夜の食事にお邪魔してみたいものです。
posted by 喜多 at 09:14Comment(0)日記