アナログの音とデジタルの音

IMG_0830.jpg
最近このフレーズを良く使うのですが 世の中の多くがデジタルの恩恵を受け
無くては成らない物だと言う事は 事実ですね

しかし趣味の世界では 簡単に行かないのが面白くも有り 滑稽でもあるのです
ここ最近音楽は出来るだけレコードを聞くようにしてますが 40年前後に購入の
レコードのジャケットの帯びにデジタルマスタリング録音とかデジタル録音など

デジタルの文字が時々出て来ます コンピューターも家庭に普及してない時代
デジタルと言う響きが新技術の代名詞的に使われ購入側も何となく良いのでは?
そんな乗りで 宣伝文句のデジタルに踊らされたようです

数十年が過ぎて 昔買ったレコードをしみじみ見ると何と幼いコピーが多く
最新を売りにすると 時代に追い越されると 非常に情け無い お笑いネタ的に
成ってしまうのですね 

昔の最先端は今は時代遅れ  と言う感じでしょうか

1970年代の頃の ステレオパワーアンプですが 時代は確実にトランジスターへ
そんな時代のクロスオーバーしてた頃の物が写真の2台のアンプですが
マッキントッシュの表記はMC(メインアンプ)275とは 2チャンネルで75w

MC2100は100w+100wと言う表記です75Wよりも100Wの方がパワフル?
これらは同時期に売られてましたが 寄りパワフルな物は時代のながれですが
275の方は真空管を使ったシステムで2100がトランジスターの物です
IMG_0831.jpg

この頃時代が大きく電子部品の変化が有ったのですね 恐らく当時の値段は
双方変らないか? 新しい物が高かったのかもしれませんが 今では5~7倍
古いシステムが高値で流通しています

そして発売から数十年してMC275は復刻の物が出て話題に成りましたが 
その頃は未だ 真空管の価値的なことよりはノスタルジックな感覚での話題ですが
最近は その実力で 本当に昔の物が良い音がするとか 真空管をトランジスターは
超えられないとか、、、

評価は今でもそれぞれ有る様ですが 趣味の世界は 好みの物か? 否か?
外部にとやかく言われる事では無いと思いますが 巷の噂や 世間の評判も
気に成らないと言えば嘘に成ります それは 処分するときの商品価値も
完全に無視出来ない小市民的考えが有るからに他なりません

そしてオーディオの世界で最近アナログと言われる物とデジタルの大きな違いはと言うと
デジタルは その物が全てでして アナログは商品購入後に色々とシステムの
変化が出来ると言う事でしょうか?
IMG_0833.jpg
例えば 写真のアンプに付く真空管は時代的に古い物が付いて居ますが
これを最新の物に変えると 全く別のアンプの音に成ります
時代だけでは無く 温和な物やパンチの有る物など大きな変化を楽しめます

機械に付いてる部品の寿命をネガティブに考えるのでは無く 部品の交換で
別の物を買ったに等しい変化を楽しむ事が出来る そして簡単に元に戻せる
真空管を交換する事に寄って 機械その物を買い換える事無く好みの音を
探せるのです
IMG_0814.jpg
最近少し需要が増えてる レコードですが CDやダウンロードと言ったデジタル音源に比べ
値段が高いのと 片面20分前後でひっくり返しリモコンではでは無く手動でセットすると
何とも手が掛かる代物 タブレットで選択しシャッフルや好みの選曲など便利万歳!

しかし不便な物を使うと言うのは それなりの覚悟と言うと大げさですが 音楽に
向き合うと言う姿勢が随分違います そして何より一番の違いはアンプ同様
カートリッジ(針)を交換したり トランスを交換すると全く別の音に成ったり
これも色々楽しめます

エアコンがデジタルであれば 薪ストーブがアナログと言った感じでしょうか?
不便ですが その物を使う行為が楽しいと思える方は是非 アナログの世界に
起こし下さい 楽しいと思えるあなたは 十分趣味人だと思います

1手間掛ける 時短の時代にでも大切なことだと 不便な機械達に教えて貰ったようです
そしてこの感覚は茶道に通じる同じ物と感じます お湯を沸かすにもガスコンロや
ティファールでもお湯は沸きます

同じ温度のお湯を作るのに お客さまが来る時間から逆算して 炭に火を入れて
釜の水を沸かす様に考える 炭そのものも 切ってから水で洗って乾燥具合を
調整したりして お湯を整えるので 何とも手間の掛かる事ですが それらの
行為は気持ちがどれだけ入ってるかと言うことで 簡単に出来る事で出来ない
事も有るのですが 化学的データーでは90度のお湯は何で沸かしても同じ

山の頂上から見た景色は同じでも 足で登ったか? 車で登ったか? によって
同じ物がありがたく感じる? そんな所では無いでしょうか、、、
余裕が有る人生を ゆっくり歩みたいものです。



posted by 喜多 at 15:08Comment(0)日記

クリスマスはアナログで

IMG_0827.jpg
クリスマスまで1ヶ月と言う事で 数十年ぶりにクリスマスツリーを

自分が子供の頃 親父が山にもみの木をとりに行って ツリーを作って
くれるのがとても楽しみでしたが 自分の子供は手を抜いてプラスチックの
組み立て式ツリーで済ませましたが 孫には手を抜きません(笑

親父の時代は大らかで 雑木林から実生の木を頂いたのですが、、、
今では お店に買いに行き 毎年使えるように鉢植えにしました

鉢に砂利を敷いて 土を入れてもみの木を植え水を、、、すると
可也の重さに成ってしまいました(汗

部屋に持ち込んで飾りつけ 新しく買った物と 古い物 そして
100均で買った雪の綿をのせて出来上がり! そして電球を
昔の物は当たり前ですがLEDでは無いのです 線と電球が大きい

100均で買ったLEDの電球の小さくて明るく省エネ そして
熱が出ないので樹木にも負担が掛からないので良さそうです

LEDの明かりと電球の明かりでは色合いが違いますが LEDでも
高級な物はきっと調色が出来て雰囲気がでるのだと思いますが
無機質な白い光と赤みの有る電球で随分違うと感じます

気温が下がると暖色を求めてしまうのでしょうね
posted by 喜多 at 09:26Comment(0)日記

日日是好日

hibikore.jpg
にちにちこれこうじつ 現在上映中のタイトルです 
茶道を題材にして 20歳の女子がお茶の稽古に通いながら
年月を重ねて お茶を通じて色々な事を感じると言う映画です

映画を見に行く方の多くは 茶道に関係の方でしょうか?
茶道あるある、、、入門当時を思い出したり 色々な事に疑問をもつ主人公
凄く気持ちが分かります(笑

小さな庭の描写ですが 四季は勿論24節季の日本の季節の変る様子が綺麗に
撮影されていてとても爽やかな映画でした

茶道に関係の無い方でも日本人のDNAでしょうか? どこか訴える所が有ると思います
壮大な自然の風景で無くても 小さな庭でも十分美しいのですね 

お茶の席には必ずお花を活けます その季節の野の花を自然のままに活けるのですが
IMG_0664.jpg
小さな花器に さり気なく自然にそして季節を感じる そんな茶花が出来る様に成りたいものです

道具も人も重要ですが 小さな野の花の美しさに心が和みます
題材の日々是好日 何気無い毎日が無事に過ぎて繰り返される事を
幸せと思う心 先生役の樹木希林さん言葉がしみてきます

お茶の世界では何かと忙しい11月 夏の時期の設えから冬へと変るときです
炭の暖かさがありがたいと思うこの時期 変らない稽古の風景に少しだけ変化が
有ったり 所作が変ったりそれでも毎年繰り返しているのですが

元気で毎年同じ事が出来る、、、、それで十分幸せなのでしょうね
多くを望まず 平穏な日々に感謝! う~、、、まだまだ修行が足りない???

日々是精進
posted by 喜多 at 11:33Comment(0)日記

HONDA モンキー

IMG_0768.jpg
先代のモンキー発売以来51年が過ぎ 後継車のNEW モンキーが発売に成りました
先日クライアントさんが 1100CCの大型バイクからモンキーに乗り換えた物が
納車されたとかで 見せて貰った

新型は125CCの排気量で自動車免許だけでは乗れない 自動二輪が必要なものだけ
50ccの普通車に付いてる免許で乗れないので 誰でもシャレで買う物でも無いが
予約が沢山入っていて 納期が長いそうです

慣らし中と言う事で 軽めの試乗でしたが 250ccの乗り味と言うか、TW200より
大きいバイクに乗った感じでして トルクも十分に有りエンジンの鼓動が心地よく
小さなハーレーの様にも感じる乗り味です 車体も写真で見るより凄く大きく 立派に
バイクと言う感じでした
IMG_0769.jpg
乗り心地の大きな要因が シートとサスペンション タンデムシートしては非常に大きく
サスはグロム譲りの倒立サスが上級の味を出してるかと思われます

オリジナルのモンキーのサスは 倒立と言っても 剛性も無く貧相なコイルスプリングが
入ってるだけで 比較の対象外的にお粗末で newモンキーはちゃんとしたバイクでした
その結果金額も立派で250ccクラスのお値段でしょうか?

色々な改造パーツが出てるようですが しばらくはノーマルを楽しむには十分楽しそうです
ロングツーリングをしてみないと解りませんが タイヤも大きく成りホイルベースも長く
そんなに疲れ無いのではと思います(最近小さなものしか乗って無いので何とも言えませんが)
posted by 喜多 at 10:06Comment(0)日記

叶谷ベース グランドオープンに向かい徐々に準備 株式会社農人たち

IMG_0751.jpg
先週日経新聞に大きく取り上げられた 株式会社農人たちの拠点と成る
叶谷ベース 宇都宮市の北に有る叶谷町(かのうや町)と言う地域に出来た
農業をベースとする総合施設

ここの企画や建築に携わった事は自分にとっても大きな転機と成ると予感があり
社長の宮本さんとの感覚が非常に近い事も有り 今後の計画について夢の構想も
近い将来 実現し見て頂けることと思います 計画についてオフレコであるので
お話出来ないのがもどかしいのですが 

宮本さんがこの場所を気に入り拠点にしようと考えた 感と古い小屋しか無い場所
無論 トイレも無い所に最初に作った物が面白いのですが

IMG_0741.jpg
ピザ用の石釜です???
現在訪れた方々は 住居やセミナールームやアウトドアーキッチンやスーパーあまや
作業ハウスなど 休憩所や何でも広場に隣接して石釜が有るのは極々自然ですが
最初に石釜を作ると言うのは いささか順番が違うのでは? 其処が常人では無い!

トイレが無いので トイレは近くのセブンイレブンだとか そして念願の仮設トイレ!
街中から農場に通いながらの農作業 その頃訪れた方々の何人が今日のこの場所の
今の姿を想像出来たでしょうか?

色々な企業の方々や取引先の方々が現地を視察に来て 宮本さんの話を理解出来たで
しょうか? 今は舞台が有り農場の整備も進んでいるので 耳を傾けるのは至極当然です

初期の段階で 石釜と赤いポストだけが有った時に 何故石釜? 普通じゃ無いね~!
普通じゃ無いのは 面白い 故に今後の先を一緒に見て見たいと自分は思い仕事を請けました

叶谷町と言うのは 良くも悪くも 田舎です 尖った考えや 変わった生活スタイルが
住民の方々に受け入れられるかが一番の問題? 

以前 香川県の直島と言う町の話しをしましたが 瀬戸内の辺鄙な島に世界中から観光客が
訪れる島に成った所 島の人達も複雑な心境だったと創造がつきます それでも
過疎の問題 衰退の傾向から 賑やかな未来が見えれば 向かう意味が有るのだと思います

地域を活性させる建築の力を信じて これから先に進みましょう!

叶谷ベースの見学を希望の方はBFOXまでご連絡下さいませ。

posted by 喜多 at 11:12Comment(0)日記

ALTEC 718A Monitor

IMG_0724.jpg
オーディオの話しですが このジャンルに詳しい人はアルテックと聞くと
映画館のシステムとスタジオモニターが頭に浮かびます

自分もALTECと33年の付き合いですが 未だにベストな状況で鳴らしてるか?
悩んだりしているのですが そんなおバカなことが趣味と言う事だと思い込むのです
IMG_0725.jpg
さて今回の写真は先ごろ竣工した叶谷ベースに新たに取り入れたスピーカーがこのモデル
多くは MODEL620aがメジャーな呼び名ですが 顔をマットブラックに塗装をし
ユニットにはアルニコマグネットの最終と成る マッタレーホーンの604-8Hが
組み合わさるもので日本では非常に珍しく 通常は620aが殆どです
IMG_0719.jpg
ブラックフェイスとスケルトンのサランネットがクールでしかも音が良いのですね
自分も欲しいと思った物です 行きつけのお店にタイミング良く入荷し即決して頂いた
Mさん 泥沼のオーディオ趣味の世界にようこそ!

そして劇場システムが生業のALTEC ですから ホームシアターとしても最高でそこで
早々に液晶プロジェクターも設置してしまいました 簡易的に床置きのスクリーンを設置しましたが
良いプロジェクターを買われたので 今後はスクリーンのUPグレードも有りかも知れませんね

オーディオ暦40年の自分としても あれこれ迷走し定まる事が無いし無駄に買い替えをしたり
今に至る経験を 知人にアドバイス出来る事が何よりの財産だとポジティブに考えるのですね

先週は別のお客さんのステレオ用の電源工事をしました 内容は単200Vをトランスで
115Vと100Vにして マッキンとかUS仕様のモデルは115Vで接続出来て且つ
クリーン電源ですから 家電の影響を受け難いと言う事です こんな事をするのが趣味でして
コストパフォーマンスは無視ですが

実は良いシステムを更に良くするには結構意味が有る工事で どんなに良い器材でも基礎の
電気が悪いと性能をフルに発揮出来ないのですね エントリークラスでも音が変わりますが
その変化が如実に解るハイエンドモデルでしたから 安定感とどっしり感は良かったです。



posted by 喜多 at 11:22Comment(0)日記

叶谷ベースで 幽玄なひと時 月を見る

IMG_0689.jpg
先日竣工した叶谷ベース(株式会社農人たち)で 素敵なパーティーでしたその訳は

良い場所 美味しい食べ物 集う人々 音楽 そして天気の五見一体と成る事で
素敵な時間が生まれます

ゲストの方々が話し上手であるから? 聞き上手? ホストの手間が掛からない人達
其々の分科会が盛り上がる

自分もこんなに話しに加わらなかったパーティーは久し振りでひたすら裏方でバリスタ
してました

日比谷ミッドタウンの1F レストラン ブベットのパティシェ近藤さんのスイーツに
合う様に ネルドリップで丁寧にドリップしました エアロプレスでとかエスプレッソとか
考えましたが 皆さんに飲みやすいコーヒーにしました 

雅楽の演奏も勿論最高でしたが 馴染みの無い音楽でして歴史や楽器の説明を丁寧に
話して頂き 月との共演も里山に染入る音色でした(個人的感想ですが)

IMG_0704.jpg 
二部では ガラリと雰囲気を変えて以前から交流の有るギタリストの細田さんが
VoのGONZOU(音楽プロデューサー野澤孝智)さんとデュオでイタリアンな一時

曲調がイタリアン? 3日前にイタリアから戻ったGONZOさん その雰囲気のまま
歌って頂いたので何処かラテンの雰囲気がプンプンでした(個人的感想)

この日は 昼間は大汗かいて準備やリハーサルをしてましたが 日が落ちると
温度が下がり 急遽ストーブ登場! その他の人達はピザ釜の周りに集まったり
ストーブの周りに集まったり 部屋に入って話す人とか お酒を燃料に外のテーブルで
熱く語るグループとか 沢山の井田端会議ならぬ分科会が盛り上がった様子でした

壮大な計画の話を小耳に聞いたり 四方山話に花が咲き楽しそうでした
此れからも こんな会を重ねられたら嬉しいものです


会に参加して頂いた皆様に御礼と 準備に尽力して頂いた裏方様方達に感謝と御礼を
申し上げます ありがとう御座いました。
posted by 喜多 at 10:12Comment(0)日記

叶谷ベース 70%

IMG_1840.jpg
秋の空気に包まれてる 宇都宮市叶谷(かのうや)地区に全貌を
現した 株式会社農人たちさんの拠点と成る 叶谷ベースが出来ました

全体の計画の70%ではありますが 今週末にキックオフイベントとして
観月祭をする事に成りました 雅楽の演奏やミッドタウン日比谷のレストラン
ブベットさんの出張キッチンなど夕暮れを楽しむ会を開催します

里山の風景の残る叶谷(かのうや)と言う地域に自然に溶け込む建築です
風景の邪魔に成らない建物を目指し 今後予定してる数棟の建物も景観の
邪魔に成らない配慮をします

気持ちの良い農場の家が目標で 普通の農家住宅では無くイベントやセミナー
様々なカルチャースクールが出来て宿泊も出来る施設を目指します

このプロジェクトを切欠に自分も農業の実情と今後の展望を聞いたり 世界と
日本の違いなど 農業を身近に感じながら農業の可能性を教えて貰いました

株式会社農人たち 

このプロジェクトに関わった皆様に感謝と今後とも宜しくお願いします。
posted by 喜多 at 09:43Comment(0)日記

無い物は作るしか有りません

IMG_0634.jpg
自分も物作りの仕事をしていますが 現在販売してない物が
無くては成らない場合が時々有ります

また 全体的にまだまだ使用可能で有っても 消耗品の供給が
終了して 使えなく成る物の多い昨今 物作りは消耗品並みの
寿命しか考えて無い様な気がします

良く比較に出しますが アラジンのブルーフレームと言うストーブは
何十年経ってもパーツが買えるという事の素晴らしさに気付かされます

どんなに気に入って居ても 使えなく成る事 そしてそれに代わる物が無い?
そんな不満をお持ちでは無いでしょうか?

img584ff80ed3c42-1.jpg
15年使ったダイニングチェアー(キャブチェア)コピー物では無くカッシーナ物
6脚の内2脚が背の部分の一部に亀裂が出てしまい どうにも修理が出来ません
良い物を長く使うと言う事で購入しましたが、、、

スチールのフレームの上に樹脂のキャップが付いていて 背に寄りかかった時に
しなやかに反る様な仕組みですが その樹脂が折れてその部分のレザーが切れて
仕舞いました 寿命と言えば 寿命でしょうが お安く無いので納得出来ませんね

元々レザー家具はパブリック仕様の丈夫さが売りの物ですが 他の木の椅子の方が
長持ちするのは 如何なものでしょうか?


最初の写真に戻り 40年近い昔の自動車のバンパーを今回作りました
時間とお金を掛ければ部品が無い事も無いのですが 丁度良い価格で
作るしか無いので 作成し今回取り付けますが これで終わりでは無く
色々と古い物を維持するのは大変ですが 面白くもあります

昔の人の物作りの考え方や方法に触れる事が出来て 現在に至るまでの
段階が見えて来ます そしてそれが 仕事にも役に成る事が多く 自動車の
進化のスピードと比較しても 建築の進化は非常にゆっくりです

自動車作りに見る建築との比較が 中々面白いテーマです。
posted by 喜多 at 11:43Comment(0)日記

HOND モンキー

IMG_0361.jpg
発売以来50年を過ぎて 排気ガス規制の影響で昨年販売中止に成ったモンキー
最終の販売でプレミアムが付いて大騒ぎでしたが 有る所にはストックが有るのです

写真のモンキーは年式は知りませんが キャブ式の物でタンクにガソリンを入れて無い
新車のまま眠っている物 置くにはゴールドモンキーも有ります

小さなモンキーは乗る事も無く床の間に置いたままに成ってる物も多いと聞きます
昨年のフィーバーから程なくして モーターショーに125CCの新型モンキーが
展示されて話題になりましたが それも今年の春に販売されてこれまた納期待ちです

そして今年還暦の60年に成るスーパーカブも50ccと125ccの新型が9月に
発売されました 50ccが有るのは銀行や新聞配達で50ccしか乗れない人の為
モンキーは趣味性が強いので あえて50ccを作らないのだとか?


IMG_0886.jpg
古いモンキーをカスタムしたりノーマルを崩さずにプチチューンしたりプラモデル感覚で
手を入れれるのがモンキーの魅力ですね バイクショップにはモンキーコーナーが有り
その根強い人気を伺えます

8インチタイヤが標準キャラメルタイヤですが 何とも心もとないのでスクーターにも
使われてるオンロードタイプにすると随分と乗りやすく成ります そして更に
10~12に交換すると安定はしますが モンキーらしいデザインが崩れます

形と性能のさじ加減が悩む所でして 走り優先か? 形優先か? 悩む所です
現在ツーリングでは125ccしばりで参加を募っていますが日帰りで行ける
所に限界が有るので 1泊で遠くに行くのか? 排気量UPするか? どの様に
成るのでしょうか?
posted by 喜多 at 14:17Comment(0)日記