オトコの料理茶懐石を作る

2月から仲間8名で オトコの料理道場と称して
本格茶懐石を習うと言う事で今回は「椀物」
IMG_1787.jpg
茶懐石のメインディッシュと言えば 碗ものです
亭主の心入れが凝縮した一碗を作ります
今回は海老新庄を作りました 

出汁は前回作りましたのでそれを新庄にはります
はものすり身(たら50はも50)200gに海老を
すり身100gタタキで100gを投入し浮粉で硬さを
調整し蒸し器で仕上げました 葉物と竹の子木の芽で飾り
出汁を注ぎました

ふわふわに出来ました 硬いとかまぼこに成って仕舞います
その他の新庄もアレンジしてみたいと思います

二品は強肴(しいざかな)です お酒を進めるのに最適ですね
懐石に付き物のお酒を 更に進める為の珍味的なものです
IMG_1783.jpg
生麩を片栗粉でまぶして茹でて松の実を炒った物とふきのとうと
玉味噌とあえます 春の香一杯の酒のつまみです これも味噌が肝
良い味噌が手に入れば略々完成かと 卵黄を加えて酒と砂糖を加え
火に掛けて練り上げます するとこくが出るのですね

IMG_1784.jpg
懐石の最後に湯桶と香の物が必ず出ますが 沢庵は必須で
本日はキュウリの諸味つけとごぼうの春ごぼうの醤油付け
和え物の奥の深さを体験しました。
posted by 喜多 at 10:13Comment(0)syoku

モーニング連載「八百森のエリー」の単行本発売! 農人たちマルシェ

yaomorinoeri.jpg
大雪から1週間ですが 今年は寒波の影響か?
翌日には殆ど溶ける雪も 道路以外は残って居ます
北極の氷が少ないのが原因とか、、、

そんな寒い中 宇都宮市の市街地に有るオリオン通で
知人の農業法人 ㈱農人たちが主催するマルシェが開かれました

商工会とコラボ これは普通ですが 講談社の週刊モーニングに
連載中の「八百森のエリー」とのコラボと言う企画
この漫画は宇都宮大学を卒業した主人公エリーが宇都宮中央卸売りの
中卸の会社に就職すると言う 地元には何かと嬉しい企画

作家の仔鹿リナ先生も宇都宮在住で農人たち代表の宮本社長とお友達
農場には宇都宮大学の学生バイトが沢山来ていて リアル漫画の世界
今回のオリオン通マルシェでは講談社からの単行本の発売日と重なり
多くの野菜を求める人や漫画を買い サイン会に参加される方々など
大盛況でした
noujintati.jpg
限定販売のコラボ弁当も連日完売だとか 有機野菜を中心に栽培販売の
農人たちその拠点を現在建設中でして 多くの人が集まる仕掛けや
多目的な建物に成る事は必至です

設計やデザインに今後期待して下さい 夏前には全貌が見えるよう
頑張って居ます スタートのこの時期が寒さが厳しくて春先に
しわ寄せが出てきそうですが、、、

そしてこの施設の面白いのが 無限の可能性を秘めているのです
それは 1棟の単体では無く 農人たちに因んで建物たちが混在し
其々が個性を持ち 里山に溶け込む建物を目指します

漫画にも登場するかも知れない場所に成る様に頑張りたいと思います

農人たちのマルシェは 青山国連大学(毎週土曜)晴海太陽のマルシェ
高島屋マルシェ 明日から3日間は大宮駅マルシェに出店するそうです
宮本代表の話しは必見?必聴?でしょうか(笑
posted by 喜多 at 09:25Comment(0)syoku

行く秋 味覚の秋

IMG_0237.jpg
食欲の秋 
収穫の時期や旬も多いし 動植物は冬の為に脂肪を蓄えたり
食のおいしい理由がありますが 夏の暑い時期は食欲も無いが
寒くなり 体がエネルギーを欲しているのも確かです

最近のニュースでも データー改算や無資格検査員など
日本のクオリティーが疑われています 毎日食べる食事
数年単位から数十年の蓄積に成るのですから 本当に
安全な物はわからないと言うのが本当かも知れません

そんな食に感心を持つ方々が居たり 全く気にしない人
自分はどちらも過剰に成らない事かと考えます
神経質に成りすぎて 心が病んでしまって本末転倒
逆に無頓着は自身は兎も角 子供を持つ親の立場では
子供の将来に影響を与える事に成るのですから

また食事とエサ 
食事は余裕を持って 会話をしながら楽しく食べる事
  栄養は元より 美味しいとか楽しいなど 心地よい事
エサは 体のエネルギーをチャージする事
  短時間に効率良く 体をキープすることですかね

出来れば 贅沢では無くて良いので 上記の食事の回数を
多くしたいものです。

posted by 喜多 at 09:17Comment(0)syoku

旬の野菜 無農薬とか有機野菜

DSC00260.jpg
ハウス栽培や海外からの輸入で旬の時期が曖昧な昨今
無農薬でありながら美味しい野菜を作っている「農人たち
オーナーさん曰く 其々の旬のど真ん中を目指して作る事
以前はハウス栽培もしていましたが 最近は露地物が殆ど

オーナーさんの話しでハウスはサラリーマンの如く
雨でも雪でも収穫が出来る=休め無い 天気と共にある農人なのが、、、
人間的で無いのと経費がそのまま商品に跳ね返るってどうなのか?

試行錯誤して今年からハウスは全て辞めた潔さに自分も賛成です
業種は違えども 人が人らしく生きる 食べる 住まうこととは
自然に逆らわずに上手に暮らすことと自分も思うからです

パリ協定 COOP21で二酸化炭素の排出量の制限が厳しく
車も住宅も変な方向に進みそうです 
 住宅はゼロエネ住宅とかで使用量と太陽光発電などでプラスマイナス=0
 断熱サッシや断熱材の質を上げてロスを少なくする 
 省エネ家電を使い使用量を抑え それを自給自足の様に太陽光を使う

それでもそれら商品を生産するにもCO2を排出してるので何とも言えない?
そしてそれらの商品が何年も使える物か? 不安は残る
茶道をして感じる事は 昔の生活の一部を再現してる様で
エアコンも無い時代に如何に 厳しい自然に順応し楽しんだか
すると昨今の大掛かりな住宅の設えがメタボ以外の何でも無い

そしてそれらの大掛かりな建物が何年もしないうちに取り壊され
また新たに同じ様な建物を建てる光景を何度も見てきた

先進国で住宅メーカーがCMをしてるのは日本だけだとか?
多くの国は地域ごとの工務店みたいな所が200年以上耐久性の有る
建物を造ってるからで 風土や気候を熟知した伝統の工法で建てられてる

日本も嘗ては農家のボロ屋でも100年150年は平気で使っていたが
現在は50年も建て替えしない物は稀であり殆ど無い 
  その理由として生活家電や個室の需要など生活の変化が著しく
  明治以降 西洋風の生活に憧れるところが大の為と思われる
世界的な異常気象や温暖化で昔と同じ様には行かないものの
生活様式が安定してきた昨今では 100年や200年の寿命の住宅を
建設しても良いと思います

そこで何時も言ってる事だが建物は寿命は有るが デザインの寿命が問題です
何時の時代にも愛される建物で有る事が寿命を延ばすキーポイントです
  今は最先端のハウスデザインでも そのメーカーの20年前の建物を見て
  今と変らなくカッコ良く素敵でしょうか、、、?
  最先端の住宅も20年ごは同じ様に成ると考える それは魅力的か?

京都の古い住まいを見ると今でも十分素敵で 流行に左右されない完成のデザイン
トラディショナルデザインは何時の時代もスタンダードで有りえると考えます
過度な装飾や流行を取り入れず 昔のカッコ良い建物を目指して行きたいものです

野菜の話しから滑りましたが 科学で季節など関係なく収穫が出来ると言うのは
おごった考えでは無いでしょうか?  その時期の物を美味しく頂き季節を感じる
食も住宅もその様にしたいものです。
posted by 喜多 at 15:43Comment(0)syoku

蕎麦その2

P1110662.jpg
前回に続き 蕎麦の話しですが 食べものも趣向品ですので
其々の好みが有り 自分には美味しいと感じても皆さんの好みと一致するのか?

あるお店の何が美味しいと言われると 一応出かけて食べてみます
そしてその情報を頂いた方と 好みの似てるか? 否か?を知る基準に成ります
好みの合う人には 自分の美味しいと思う情報を提供し感想を聞きます

人気店で混んでる店でも 自分の好みに合わない所も多く有りますし
料理が良くてもサービスやインテリア・ロケーションなど好みも其々です

そして蕎麦の話しに戻りますが 美味しいそば屋さんを紹介されて 食べてみる
確かに蕎麦は美味しいが つゆの味が好みで無い! 結構多いのですが 有りませんか、、、
反対につゆが美味しくて蕎麦が残念、、、

山形は河北町近辺で有名な 肉そばと言うのが有りまして以前に何回か紹介してますが
これも 何回も食べると癖に成り時々食べたく成るのです 地元の人にすすめられて
最初に食べたのですが 思っていた食べ方と違って居たので今一でした 
しかし この様な食べ物と意識して 次に食べてみて美味しいかもと そして今はくせに

慣れてる食べ物は寄り美味しく感じます 故に食べなれてる物で更に美味しいと
これは凄く美味しいと言う事に成ります 自分で打つ蕎麦も自分の好みで出汁をとる
上手く出来れば美味しいと しかし他の人が美味しいか?は考え物ですね

上の写真の様に 蕎麦も細く切れますが あえて太く切ってみました(田舎風)
粉を韃靼(ダッタンor更科)風に白く挽くと 細目が美味しいし
殻ごと挽いた黒い物は こしを強くし太く切ると食べ応えが有りますその場合は
つゆも濃い目にします 大根搾り汁に昆布醤油で頂くのも美味しいものです

そしてプロと素人の違いですが 味と言うよりは同じ物が何時でも提供出来るかです
またプロはコストや時間を考えるのですが 素人は趣味ですのでコストは考えず
時間と手間を惜しみません ですから素人でも味は負けるとは言い切れないと考えます

先日お邪魔した 男の料理の師匠のスパゲッティーは絶品でした 今まで食べたパスタで
3本の指に入ります 大量のマッシュルームのみじん切りを丁寧に炒めた香りが 鼻に抜けて
トリフにも負けない豊かな香のスパゲッティーでした 蕎麦もこれからも探求して
美味しい持て成しに成る様にしたいと考えた正月でした。 

年越し蕎麦を食べましたか?  本格的な蕎麦とは、、、

IMG_2141.jpg
新年を迎えて早 1月も終わりますが 何と言う気候でしょうか
本日は20度近くにまで気温が上がりました まだ節分前ですよ、、、

今日は光陰矢のごとしてきな 年越し蕎麦の話しですが 昨年末に
皆様は蕎麦を食べましたか?
当家では毎年 大晦日におせち料理を頂きますしご馳走を頂くので
蕎麦の入る余地が有りません(笑

ここ3年は蕎麦の師匠のNさん宅で 年越し蕎麦を教えて頂きながら
我が家の蕎麦を打ってましたが 今年は年末まで仕事でしたので師匠の
ところへは行けませんでした   そこで仕事帰りにホームセンターに寄って
蕎麦打ちの道具を購入し帰宅

大晦日には 打つ気は有りませんでした 正月にゆっくり打とうと思い購入
以前から師匠の道具を使わせて頂き 道後選考のポイントはつかんでいましたし
お店に有る物の中でのセレクトですので 悩まずに購入

こね鉢は以前に河童橋で買ったのが有り メインは包丁ですかね、、、
しかしノシ棒の良いのが無くて 実際に蕎麦を打って伸ばしに入ると
節の所で微妙に曲がっていてどうにも上手く行きませんでした
安い物でしたが使えない物は何にも成りません(涙

テストと言う事で少量(2人前)を打ちましたが 少なすぎてあまり良く無かったです
教えて頂いた適量の必要性を感じました 加水の部分も上手く行きましたし
味も良かったのですが 蕎麦切りを雑に成り1,5mm角が理想でしたが2mm以上に

スタッフも皆 蕎麦が好きですから せっせと回数を重ねて上達しなくてはと
蕎麦を打つ場所はパン工房が丁度良い作業台で良いのですし 粉を扱うにも
色々と道具が有りその点は便利ですので 蕎麦打ちには良い環境です
年に何回打てるかな???

パン工房試運転 オープンカフェ

天気が心配な週末でしたが 2日とも雨は降らずに 良い天気でした
外が気持ちの良い時期で 多くのお客様にお運び頂きありがとうございました
よちよち歩きですが 宜しく御願い致します。

IMG_1633.jpg
ぱん工房の始動に伴い パンカフェをオープンしました
季節の良い時期の第一土曜日・日曜日です 
色々な種類のパンを焼きますが 毎日食べるものが
IMG_1638.jpg
食パンでしょうか? バゲットも最近は主食にされる方も増えてますが
食パンの比率が多そうです 原材料を厳選し特別な製法で作るこのパンは
多くの方々に好評でリピーターが多そうです

こだわりの有る生活は楽しいと、、、と思えると 色々な発見があったり
感性が育ってゆくと信じてます

そして何でも一所懸命に、、、 しかしそれは大量生産とは行か無いのも事実
それは自分の仕事も同じ様な事です 楽しく頑張って行きましょう。

1015NOLDクリスマスライブは若きチェリストも参加

IMG_1448.jpg
毎年恒例のNOLDクリスマスライブを先日行いました
キッチンスタジオの関係の方のクリスマスと言う事で
BFOXの関係はノータッチですが 自分はベビーシッター兼雑用

IMG_1461.jpg

そして目玉はミュージシャンを迎えて音楽のライブです
今年は若きチェリスト芝崎紘生をお迎えして トリオで演奏をして頂きました

フルーティストでありNOLDの音楽担当部長の栗田智水さんと同級生の
キーボード井上智美さん達による最高のプレゼントを提供致しました

地元に出来る交響楽団に栗田さんと芝崎さんが参加されると言う事です

音楽の有る生活っていいですね!
posted by 喜多 at 09:57Comment(0)syoku

美味しいそば&天ぷらとは

デジカメ仮置 062.jpg
最近美味しいそば屋さんを 兄弟子に紹介してもらった
そこは古民家を今風にリノベーションするのでは無く

元の良いままに最低限に抑えた とても良い空間のお店と
経営をされてるご夫婦の人柄がとても良くて 時間がゆったり流れる
そんなお店で頂く絶品のそばは 過去の美味しいそばのベスト3に入るのです

そばが美味しいのに たれとの愛称が悪く 自分の好みに合わない事が多く
トータルで良いのが このお店です

そして 天ぷらの油が 米油を使ってるので胃に負担の掛からない
何とも罪悪感の無い ヘルシーな揚げ物です

それと立地が街中に有りながら 一方通行に面してとても静かなのが良いのです
とても素敵で美味しいそば屋さんですが 兄弟子から くれぐれも静かな
店の雰囲気を考慮して 教えて下さいとの事です 確かにです、、、

ご興味の有る方は 自分に連絡を下さい。
posted by 喜多 at 11:27Comment(0)syoku

失敗しないお店選び おいしい店を探す方法とは

DSC00812.jpg

はじめての土地や はじめての国で美味しい食事に辿り着く方法とは

昔は タクシーの運転手に聞く という事ですが
聞いた運転手さんが 自分の好みと合っているか解りません

人気の有る店を聞くことは出来るので 情報の一つとしては良いのですが
最近は 携帯電話で検索する人が多いと思われますが その店のファンが
投稿する人が多い世代だとか さくらの可能性も多いですよね

ネット上の情報も一般的な指標では有るでしょうが 自分が好みの店は
相応に ネット上には載って無いか あるいは評価は普通です

今回の代とは少し違いますが 自分の好みの味と似た人の勧めで有れば
外す事が有りませんが 好みも年代も違う人の評価は 当てには成らないと
考えているのです



はじめての土地での 店選びのポイントは 同じ様な年齢と体系の人が多く
地元人の利用が多そうな店 車で有ればナンバー等で解りますし 余り大きな
通に面してないのに ソコソコ繁盛してる店

また昼や夜のゴールデンタイム以外で客の入ってる店は間違い無いと思われます
勤労人口密度の高い地域でのランチタイムで込んでるのは 当てに成らない
味は兎も角 安いから、、、など 理由が他に有るからです

海外での店選びも同じ様なポイントで選びます
写真は 郊外の住宅地域で地元のナンバーの車が多く 昼を過ぎた2時過ぎに
多くの車やバイクが有りました 小さな店のわりに 食べる場所も広く
地元の老舗の雰囲気がプンプンします

DSC00798.jpg

次に 良い店に入っても 数有るメニューの中からベストを選ぶのが難しいので
店内を一回りして 客の食べてる美味しそうな物をチェックする 若しくは
店員さんに お勧めを聞くのが 無難ですね、、、、

店内のメニューボードの最初の部分が だいたいお勧めですので ビーフ チキン
フィッシュと書いてあったので 二番目のチキンを選びました

ケンタッキーの様な揚げたチキンか炒めたブロック状の物を想像しましたが
ささ身の肉を裂いたもので スパイスで焼いたとてもシンプルで バーズとの
相性もバッチで 5種類のオリジナルソースを色々と試しながら とても
満足なハンバーガーでした 勿論皮付きポテトも良い油で揚げて有り GOOD

偶然入った店で美味しい物に出会えると とても幸せを感じますね
外した時の ショックも考えて 最初から頼みすぎには注意しましょう
美味しかったら 追加注文をどうぞ!
posted by 喜多 at 10:34Comment(0)syoku