益子のタコス屋さん 中山タコス店

P1110144takosu.jpg

益子に新築の建てる施主の知人が経営する タコス屋さん
打ち合わせは略 この店で行います、、、しかし中山タコス店は
土日しかOPENして居ません それは通常はカラオケスナックの店で

デュアル店舗なのです 土日の昼間に営業する変則の為 この看板も
土日限定でして 前を通っても気が付かないかも知れません

お勧めは タコスなのは当たり前ですが ハンバーガーも大好きな
メニューです アメリカに住んで居たオーナーの作るメニューは
どれも美味しいのですが 何時もタコスかハンバーガーにして仕舞います

ドリンクは自家製ジンジャエールがお勧めです 自分で濃さを調整しながら
頂きます 先日はロスに住んで居てタコス大好きと言う近所にお住まいの
方とご一緒しましたが とても喜んで頂きました。

城内坂登り口北側に有るお店 野外ステージの前です イケメンマスターと
可愛い奥様のお持て成しに美味しし料理! 是非お立ち寄りを!!!
posted by 喜多 at 11:57Comment(0)syoku

春のガーデンカフェ

P1100600kafe.jpg
毎年恒例のガーデンカフェに今年も沢山の方々のお運びを頂きまして
ありがとう御座いました

今年は例年のGWにしては気温は低かったのですが 天候には恵まれて
何とか無事に終了しました お手伝い頂いた方々には感謝、感謝です

緑の躍動する力を身近で感じながらの外カフェは 天気次第と言う
曖昧な所が 逆に良くて身近な小さな庭にも生命力を感じるのだと
訪れたお客様が言っておられましたが その通りだと思います

沢山の方々に笑顔と力を頂きました ご来店ありがとう御座いました。
posted by 喜多 at 13:31Comment(0)syoku

2013高見林業植樹祭のご案内!

P1100308zaimoku.jpg
毎年恒例の4月第3日曜日の高見林業植樹祭の季節がやって参りました
大人2000円(中学生以上) お子様1000円(4歳以上)
 
 毎年参加されてる方は勿論 自分で植えた樹木がどの位成長されたか
是非見に来て 周りの草草の手入れをお願いします 来れない場合は
当社のスタッフで綺麗にして置きますが 是非ご自身の手でお願いします。

当日は9時30分受付開始 10時開始です 
今年は例年寄りも寒いかも知れませんので 厚着をして来て下さいませ


参加される方は連絡を頂けると幸いです 和牛と駄菓子 ゲームの景品の
都合上宜しくお願いします。
posted by 喜多 at 17:49Comment(0)syoku

食の安全 パートⅡ 放射能問題

P1060022tyokujyu.jpg
昨日の補足に成りますが 食の安全を勘違いしてる 解釈の違いと言うか
一方を鵜呑みにして 方や疑るという日本人 大衆に迎合してるだけでは
無いでしょうか

今話題に成ってる放射能問題
食品に含まれる放射能って ヨウ素は甲状腺に蓄積されて体外に出ないので
非常に危険ですが 半減期が8日と短くセシュウムやストロンチュームの
30年に比べてヨウ素は直ぐに数値が下がります

つまり半減期の長いその他の物は体内に取り込んでも外に出ると言う事です
人のが石を食べても便と一緒に外に出る 石は吸収できませんから
石と同じで放射能も物によっては恐れるに足りないと

知人(製薬の研究員)は人体に取り込んだ様々な物がちゃんと排出されるかと
言う研究をしてるので 放射能が人に与える影響や仕組みをわかり易く説明
してくれました 

彼が気を付ける物とは 放射性物質であり放射能では無い、、、
つまりは放射能を発し続ける物は危険です(低レベルでも)でも放射能は
レベルが低ければ恐れるに足りないそうです 

故に物によりますが 食料品もイタズラに恐れる事は無いと言う彼は
自身も臨床実験に使っているようです。
posted by 喜多 at 10:50Comment(0)syoku

食の安心・安全と健康

P1080269budou.jpg
環境の影響も有りますが 産地偽装など何を信じて良いのか、、、
解らない昨今です

信じられるのは自分です 食料品などに良く見られる賞味期限
期限内で有れば本当に大丈夫でしょうか?
逆に期限切れると食べられない?

食べて見てダメな物と 大丈夫な物 それが昭和な感覚でした
身の安全は自分で守ると言うか? そんなのは当たり前に自分で判断した

しかし現在は短期的に安全と錯覚しても 長期的に摂取し続けると問題が
生じる物もありそうです バイオ科学が発達しすぎて遺伝子組み換え食品や
成分抽出など 本当に安全なのでしょうか?

品種改良も結構ですし農薬も安全?優れてるのでしょうが どうしても
虫が食わない物を人間が食べて大丈夫なのか?という素朴な疑問を感じますね!
posted by 喜多 at 14:19Comment(0)syoku

暑い日には 「流しソーメン」ですか?

P1030664nagasi.jpg
お世話に成っています ガラス作家さんの自宅の庭に
流しソーメン用の竹のスロープが有り ビックリしました

何でもお嬢様のお友達が来たときに作ったとか?
流しソーメンと言うと テーブル真ん中が丸い水槽に成って居て
其処に冷たい井戸水がクルクルと流れてる所に ソーメンを
入れて 箸ですくって食べるのが流しソーメンの一般的ですが

上流からの流れを利用してそうめんを流すタイプは 最近では
めったに見ない光景です 以前TVで所ジョージさんの別荘が
福島に有り そのデッキに竹で流しソーメンを作ってたのを
見ましたが それを作った人を見るのも初めてでビックリしました!


今度機会が有れば 実際に実演してもらいましょう!
夏のイベントで今度して見ようかしら、、、
posted by 喜多 at 16:46Comment(0)syoku

天然氷で作る かき氷!!

P1070296kakigouri.jpg
昨日 何時もお世話に成ってる 日光市の田村材木店さんのイベントに
お邪魔しました そこで木工教室を夏休みのお子様向けに親子工作で
椅子を作ると教室 そこで汗をかきながら制作をしていました

そして何よりのお楽しみが カキ氷のサービス それもご当地の
日光の天然氷です 池に水をはり それを丹念に繰り返して出来る氷を
氷室と言う 自然の冷蔵庫に保存して夏に取り出しています

その昔は献上用の氷と言う事で 真夏に江戸城まで運んで行ったとか
どれくらいの大きさの物を運んで 小さく成るのでしょうか?

その昔 真夏の江戸で食べる氷はどれほど貴重な物なのでしょう
今では当たり前に 氷の入った水がサービスですが 時代が違えば
それはとても贅沢な物なのです

今の時代自宅でたやすく作る事の出来る氷です 故に自然の力で作った
天然氷に注目が集まり 多くの店で長い行列が出来ています

カキ氷はを食べる環境は エアコンの無い暑い外がベストでは!
涼しい部屋では 冷たい物のありがたさが半減してしまいますね。
posted by 喜多 at 10:12Comment(0)syoku

花より団子の 春の植樹祭in高見林業

P1050999syokujyu.jpg

毎年恒例の春の植樹祭が先日晴天の中盛大に開催しました
昨年は震災の為に開催されませんでしたので 2年ぶりに
多くのお客様がお見えに成り施主同士毎年顔見知りに成り
挨拶を交わす光景があちらこちらで見えました

そして建築着工当時小さかったお子達が小学校に入学だとか
高校だとか大学??? おじさんも歳を感じるそんなイベントです(泪

そのお子達に負けない成長をしてる杉の木がこちら
P1050972syokujyu.jpg

スタッフの慎重をはるかに超えて居ます
樹木の周りの草取りをしないと栄養が取られるので お越しに成れない
お施主さんの代わりに しっかりと作業をさせて頂きましたからご安心
して下さい、、、

一生懸命作業をすると、、、、

P1060022tyokujyu.jpg

恒例のバべキューとビールが待って居ます 無論毎年 和牛です!!!
スタッフもお客さんも夢中で作業をして居ました
年々人数が増えてしまい 一同に会するのは後何年でしょうか、、、?

という事で今年も春の恒例の行事が一つ無事完了!


さて植樹祭の後は、、、、
期間限定NOLDカフェ

     NOLDガーデンカフェ春! が5月3日4日と開催します
     詳しくは下記のアドレスにアクセス下さい
     http://nold.exblog.jp/15678917/
     沢山のご来店を心よりお待ちして居ます。


PS 植樹祭ご出席のお客様 準備をして頂いたスタッフの方々
  本当にお疲れ様です 素敵な笑顔に毎年お会いするのを
  楽しみに一年頑張りますので 皆様もお健やかにお過ごし下さい
  そしてまた 沢山の笑顔に出会うのを心よりお待ちして居ます。
posted by 喜多 at 17:31Comment(0)syoku

男の料理第3弾 ザ肉!(ローストビーフ)

P1050744niku.jpg
今回で3回目に成る 男の料理
T教授講義を聞いた後に 調理に取り掛かります、、、
T先生は料理の大学教授では無く 医学の分野ですが
料理を科学すると言う切り口で 趣味で料理をされて居ますが
その本格的レシピは 趣味人の男達に大いに受けるのです

今回は 究極のローストビーフに挑戦致しました ジャーんと2kgの塊!

そして それを調理する秘密兵器は ミーレのオーブンと耐熱温度計です
肉のたんぱく質の硬く成らないで火が入る究極のレアーが下の写真です

P1050752niku.jpg
美食家の知人が曰く 帝国ホテルのローストビーフを超えているとか、、、
そして肉汁と野菜のエキスタップリの汁からソースを作るのですが
余分な油分を氷で固めて取り除きそれをベースに出来たソースも絶品です

その他サワークリームから沢山のソースの味見を兼ねて3枚頂きました!
濃厚な赤ワインとも相性がピッタリでとても幸せな一日でした!

肉の周りが乾燥するので 美味しい中程の所が多い様に固まりで焼く
家庭では2kgが限界の大きさでしょうか? 大きなフライパンとか
オーブン鍋が有れば3kgも可能でしょうが、、、、

特別の時に今度挑戦してみたいものです
posted by 喜多 at 18:44Comment(0)syoku

酒のつまみ 干し鮎

P1030870ayu.jpg

先日頂いたもの、、、 酒のつまみでしょう干した鮎です 
暫くはオブジェに成ってしまうのでしょうか?

冷蔵庫の無かった昔は食物を色々な方法で保存したのですね
その保存の方法が各地で特徴が有り其々面白いものです

以前住んで居た北海道ではいずしという魚の粕漬けの方法が
有りました 流通、保存など現在では産地と変らぬ鮮度で
頂ける様に成ると 昔の保存方法はご当地グルメとしての
役割を残しながら尊属するのでしょうね

保存の方法も地方文化で面白いですねね!
posted by 喜多 at 14:01Comment(0)syoku