NOLD CAFE 期間限定カフェ Open

P1020752cafe.JPG
GWの3日4日5日の3日間ですが、、、
ギャラリー Noldで 期間限定のガーデン・カフェをオープンしました
売り上げの一部を震災用にチャリティーにさせて頂きます

通年カフェと違い 前日の夜中迄準備をしても 設置が決まらずに
オープン当日にアレコレと悩んで居ると 開店前から沢山のお客様が
お越しに成り 大変 大変!

テーブル設置と接客担当の自分も 焦って仕舞いご迷惑をお掛けしました
そして3日は 途中にわか雨が降り出して オーニングを出したり
テーブルの移動をしたり それは大慌てでした

翌4日は天気も良く 段取も余裕が有り 何とか成りました
至らぬ点が 多数有りましたが のんびりと時間を過ごして
頂けたかと思います 

お粗末な接客でしたが 無事に3日間を過ごしました
次の開催は秋の10月8日9日10日でしょうか?

そして 沢山の方々に変わった建物とキッチンスタジオを見て頂き
刺激に成れば幸いです 日々の暮らしに楽しみを盛り込んで行きたい
そんな思いの3日間でした ご来店 ありがとう御座いました
そして 今後も宜しくお願いします。

                        喜多
posted by 喜多 at 09:38Comment(0)syoku

初夏の果物 日本人の好み、、、

P1020686biwa.JPG
アンニュイな感覚を好む日本人
その感覚は食にも同じ様な事が言えます

先日 自分が柑橘系が好きだと言う事で
頂いた ぶんたん(高知産)の何とも言えぬ
控えめな甘さと味、、、!
食べて思う
 この味は 海外では理解出来ず
 作られない作物になるだろうな、、、
そしてびわを食べて 同じ様な感覚を感じた
非常に上品で 刺激が少ない 此れって微妙な感覚です。
posted by 喜多 at 09:06Comment(0)syoku

NOLDキッチン・スタジオ

P1010740nold.JPG
ギャラリーNOLDの2階の今月23日からオープンする
NOLDキッチンスタジオのオープニングセレモニーが昨日
行われまして40人以上のお客様がご来場されました

工事も土曜日の深夜までかかりどうにか完成?に至りました
既存の部分を利用しての改修工事でしたが、、、

堅牢に作ってしまった為に 開口工事に手間をとり
大きく工事自体が遅れてしまいました
P1010743nold.JPG
料理研究家と言われるのは好きでは無いと言うアキコ先生と
パン・ベーグルが得意なワカナ(若)先生とで行う教室
手前味噌では有りますが オシャレな箱が出来ましたので
オシャレな料理を作る方々を多く育てて欲しいものです。

NOLDキッチンスタジオのブログはhttp://nold.exblog.jp/
ぞうぞご覧下さいとワカ先生 でも此れから記事を書きます!
との事です。

PS
 自分は仕事で部長と一緒に軽井沢に出掛けて居まして
 留守にして居ました 40人以上のお客様と
 建築に携わった業者さんでお越し頂いた方々に
 御礼申し上げます。
posted by 喜多 at 15:24Comment(0)syoku

男の料理 第二弾ミートソース

P1010727otoko.JPG
男の料理と言うキーワードで 講習をお願いしてる田中先生のお宅に
集まり 5人の男で今回「ミートソース」を教えて頂きました
座学から始まり 昼にはバジリコのスパッゲティーと白ワインを飲み
午後から実習に入りました

本格的なミートソースを作るのには 4~5時間掛かりました
出来たソースで フィットチーネを食べそしてパングラタンを作り頂ました
そしてワインは赤を頂き楽しい時間を過ごす事が出来ました

レストランレベルの料理をすると 色々と勉強させられる事が多く
手間が掛かり過ぎて 日々の料理では向かないのです(笑

一緒に習った沼尾氏は調理師の資格を持ち 最初に就職したのが
洋食レストランと言う事も有りマイ包丁と砥石を持参での参加でした。

P1010729otoko.JPG
最初に作ったにしては 中々の味でした!
今度熟練し自分の物にしてみたいものです
posted by 喜多 at 15:19Comment(0)syoku

カクテル B52

P1000843b52.JPG
カクテルは飲まないので 種類が良く判りませんが
このカクテルはB52と言う有名なカクテル
ショットグラス(SHOT GLASS)に
 カルーアコーヒーリキュール、ベイリーズアイリッシュクリーム、
 グランマニエを この順番に等分に3層になるように注いで完成です

有名では有るのですが 余り頼む人が少ないのも事実です
シューターと言う一機に飲むカクテルですので 結構きついです

名前の由来はアメリカから来ています。
 第2次大戦中のB29が現在まで発展したものがB52なのです。
 なんとも言えないネーミングですが味は甘くて飲みやすいです

綺麗に三層に分かれてる事がバーテンダーの技術だそうです
この店のB52は非常に綺麗に分かれてました。
posted by 喜多 at 17:14Comment(0)syoku

新潟のその他の特産品 世界の燕市・洋食器

IMG_0061naifu.JPG
新潟が世界に誇る洋食器 世界のホテル、レストランで数多く使用されて居る
その比率を聞くと殆どで有る事に驚きます、最近では廉価な製品が出来て来て
一部高級品に上げられるのですが 伝統の職人気質が残る燕三条市の技

伝統的な和包丁も有りますが、洋食で使う様包丁も鋼の波紋が写りカッコ良い
幾重にも重ねた鋼は、波紋が日本刀の様です 高級品では50層にも成ってます
刃物に魅力を感じて料理もしないのに良い道具が欲しく成って仕舞います。

最近流行りは、ご当地の研き屋シンジケートのビールが美味しく成るビヤタンが
2年待ちだとか? その廉価版のビールマグは非常に綺麗で美味しいのです
美味しい泡の出る600番で研磨されたカップはとても綺麗でした
ビール飲みであれば買ったのですが?
posted by 喜多 at 19:22Comment(0)syoku

新潟の酒蔵 松乃井酒造

IMG_0059gata.JPG
新潟出身のN氏の同級生が経営をする新潟県十日町の「松乃井酒造」http://www5.ocn.ne.jp/~matsunoi/では新しいお酒が、熟成の時を
深い雪の中で待っている

N氏と一緒に特別に酒蔵を見学させて頂きました 観光酒蔵とは違い、
口下手な酒杜氏さん 丹精を込めたお酒を見る目がとても暖かい
酒を造って60年! 話が心に響きます。 

自分も偶々社会人に成った当時の担当の仕事が酒蔵の仕込み樽の上に
安全足場を造ると言う仕事で、初めて訪れた造り酒屋さんの事を思い出しました

栃木の酒も越後杜氏さんの仕込みで酒が造られて居るのだと初めて知り
酒の出来るまでが面白く、休み時間には杜氏さんに色々話を聞いたものでした
当時は大吟醸酒は珍しく作る量も少なかったのですが、此処のところの
日本酒ブームで、大吟醸の製造量も増えてるそうです。
posted by 喜多 at 15:05Comment(0)syoku

スーパーカーの有る喫茶店「萬壺」

IMG_0321tesuta.JPG
山形市内に有るコーヒー館「萬壺banko」この店に連れて行って頂いたのは
彼是3年程前に成るだろうか 店の外にオーナーが所有する車を停めて置くと
車好きが、徐々に集まり出して其処から多くのコミュニケーションが生まれて
広範囲にネットワークが出来てます

自分が訪れた頃、オナーの車はフェラーリ328、ナロー73年ポルシェ、
90年ポルシェ、そしてスーパー7と言うラインナップですが驚く事に
免許を取得し40年近く2ドアー車以外乗った事が無いと言うスポーツカー好き!

そんな車とは逆にゆったりと話す言葉に癒されます、そのオーナーが持ってる
車を処分して入れ替えた車が、フェラーリテスタロッサ86年?写真の赤い車です

そして以前は外に駐車して居た車ですが、店を改造し店内に入る様に成りました
好きな車を眺めながら入れるコーヒーには一味プラスされた様な気がするのは
自分だけでしょうか?

IMG_0313tt.JPG

地元のバイク男N尾氏が車を買いたいと言う事で先月相談に来て、アルファGTとか
ブレ-ラとか? イタリアバイクに乗ってる為に伊車に決めてる本人ですが
奥様がアルファは顔がNGだとかと言う事と最初の外車で良いイメージを与える為
無難な独国車で選択をする事に成り

最終的に決まったのがこのアウディーTTクーペnewです それも新古車を探して
出掛けたのが山形は寒河江市車屋さん 色々と車の話をして探して貰う事に成り
先日納車に成った車が写真の車です

山形の友人が喫茶店に行き、そこで知り合った車友達が出来て、その人が利用する
車屋さんが、今回お世話に成った寒河江の車屋さんと言う不思議な縁なのです
その車屋さんと今回車を買った友人とが同じ年で気が有ったのか? 
先日宇都宮で朝の5時迄二人で飲み歩きしてた様です? 縁の不思議を感じます。
posted by 喜多 at 09:41Comment(0)syoku

いわき市の美味しいお店 「キッチン・ボノボノ」

IMG_0293bono.JPGIMG_0297bono.JPG
春にもUPした「キッチン・ボノボノ」TEL024-629-0518ですが
話を聞いたり、ブログを見たりした人に是非連れて行って欲しいとのリクエストで
今回2回目の訪問! オーナーシェフは学生の時の同級生で有り友人です

厨房は一人で切り盛りするのは途轍も無く大変で、わがままな11人の料理を
手際良く出せる技は、ブライダルレストランの経験が有るからか解りませんが、
イタリア料理を一人で作るのは並大抵な事では有りません。

何時もビックリしますが、今回の目玉はいわき産の穴子の焼き料理! 
ハモの骨きりの要領で捌いた穴子を焼いてオリーブオイルとバルサミコスで
味付けをしたと言うシンプル極まりないのですが、実に美味しいのでした!

初めて食べる人は 海の幸を豊富に使った料理に只只ビックリしてました
何時も美味しい物を頂きありがたいのですが、オーナーとゆっくりと
話をする事が出来ず、早々に帰路につくのが残念です。
posted by 喜多 at 11:15Comment(0)syoku

美味しいお酒と料理の店「ぎやまん」と田伏勇太?

IMG_0069tabuse.JPG
宇都宮市内の百目木通り(どうめき通り)と県庁前通りとの間に有る
大人の隠れ家的お店で「ぎやまん」と言う所が有ります、オーナーは
京都出身で、北海道は室蘭と会津?その他色々な所に住んだ経験が有り
美味しい物が良く解る渡辺オーナー様には 何時もお世話に成って居ます

お任せで出る料理は、ビックリのウニが箱ごと出たり! 旬の岩牡蠣とか
すっぽんと言った高級食材がふんだんに出て来る、お酒の種類も聞いた事は
有るが幻の酒とか、プレミアム焼酎とか他では飲めない物も出て来ます
すると気に成るのがお値段ですが、驚く程安い! 

金額が気に成る方は、この金額で全て込みでお願いします!と言うと追加なしでOK
とても安心なお店です。 そして場所と路地を歩くアプローチが入り難い為か?
殆どがお得意様の隠れ家で、混雑も無く行きたい時に行けるのが良いのですが
美味しい話を黙って居れないたちの自分は、つい宣伝してしまう(涙)

でも良い所は良い人の集まる所で有って欲しいものです
写真のサインは、栃木ブレックスの選手達も頻繁に来店すると言う事で
NBA帰りの田伏勇太選手のサインです 田伏選手が何で栃木?かと言うと
彼の秋田の能代高校時代の監督が、栃木ブレックスの監督で有ったと言う事で
華麗なるプレイが近くで見れるのは嬉しいので是非見に行きたいと思うのです。

頑張れ!ブレックス! 頑張れ栃木!
posted by 喜多 at 11:13Comment(0)syoku