むぎ切と言う食べ物知ってますか?

IMG_0114syokuji.JPG
5年前だったのでしょうか? 仕事で山形は酒田に鉄骨の原寸検査に出掛け
其の晩は、酒田海岸沿いのホテルに泊まりましたが、その時に酒宴の後に出た
うどんの様な物が、むぎ切と言う郷土料理だと言うのです

後で聞いた所、それは酒田では無く隣町の鶴岡市の食べ物だというのです
そのホテルに一緒に泊まった方が地元の方で、本当のむぎ切は此れとは違い
もっと美味しいのだとか?

それから数回鶴岡に行く機会が有りましたが、何れもむぎ切を食べれなくて
気に成って居ましたが 今回ようやく食べる事が出来ました

うどん寄りは、つるつるして、ベトナムのフォーの様な物でしょうか?
何とも不思議な食感で非常に表現し難いものですが美味しい物でした。
posted by 喜多 at 10:48Comment(0)syoku

鮎が美味しい!

IMG_0110ayu.JPG
毎年の事ですが、友人が毎年招待してくれる鮎パーティーと
川縁に有る焼き魚を食べさせてくれる日光市の青木屋(旧今市市)です
隣には有名な船場亭が有り、川にはやなと言う水路を作り魚を捕る仕掛けが有り
取立ての鮎がいただけます。

プロの焼き方と言うのは流石と何時も感心する、大き目の炭を沢山積み
送風機のヘアードライヤーで風を送ると見る見ると赤い隅に成ります

魚を焼くには、遠くの強火と言いますが、炭の遠赤のお陰で中までフカフカ!
そして皮はパリパリで塩加減も絶妙で何度か挑戦しても難しいのです

秋の気配を感じる川面を眺めながら頂くロケーションも重要な調味料でしょうか?
格別な時間を味わう事が出来るそんな場所は何時までも変わらないで欲しい物です。
posted by 喜多 at 09:44Comment(0)syoku

男子厨房に入るべし!

IMG_0102syokuji.JPGIMG_0103syokuji.JPGIMG_0096syokuji.JPG
この連休は如何お過ごしでしょうか?
当方は、美味しいもの沢山の連休でした

幕開けはYダイニング? キッチン吉田? イタリア食堂よしだ?
吉田医院の院長に食事に招待されました、食通で料理好きな吉田氏の招待に
自分も何か手作りのお土産をと、今回初めて、プリンに挑戦しました

人様へのお土産に初めて作る物を持参するのは無謀と思われるでしょうが?
其の通りで、23時から作りだして4時間半も掛かってしまいました
原因は初めて使うオーブンの温度加減が解りませんでした(汗)
後は食べる前に開けて見なくては解りません、、、、。

ご馳走に成った 当日のメニューは 
         オードブルは調理野菜各種の盛り合わせ &チーズ
          シャンパン 
         マグロのカルパッチョ
         すずきの香草オーブン焼き(写真、半身は先に頂きました!
         自家製パスタのボロネーゼ(製作中写真と盛り付けた物)
          赤ワイン(99年?)
どれも美味しく時間と手間を掛けたのでプロ以上の物でした、香草焼きも
絶妙の塩加減、これぞ良い塩梅でした

そして何とも感激だったのが、マラネロの丘で食べた生パスタに近い味の
ボロネーゼです、前日に麺を作り寝かせたパスタの食感は乾麺では到底
太刀打ち出来ません、それを厚底のフライパンで2食分ずつ作るのです
   ボォーノー! でしたね!  これってお茶事だね!

小麦粉の配合と粉に拘ったのか? 非常に美味しかったです!
こねるのも大変だったと、費やした時間の分美味しいエキスが大量でした
IMG_0107syokuji.JPG
そして 不安の塊のプリンです 今春 田中先生に教わった様に道具(温度計)が無く
感で作る暴挙の調理方で、何回も竹串をさして、低温からおっかなビックリと
1,5時間で焼ける物が倍以上も掛け何とか成りました

カラメルは、田中先生に購入して頂いた 厚底銅なべのソースパンで何とか上手に
出来ました、これぞ道具の恩恵でしょうかね? 

魂の入った数々の料理を食しながら、出会って建物が出来る迄の時間と色々と
話した事が走馬灯の様に 思い出しました 真剣に辻料理教室に通うか?とか
医者に成らなければ、調理人を目指したとか、今でもレストランをやりたいとか?
これからも宜しく(美味しい料理を)お願いします。
posted by 喜多 at 11:46Comment(0)syoku

関東地方梅雨明けて夏本番です

IMG_0022syoku.jpg
暑中お見舞い申し上げます
夏が本番スタートです、例年では今週末の海の日辺りが梅雨明けですが
今年は5~6日早く夏到来ですね 昨日の15日は近所の八坂神社の
夏祭りの日でした

この神社の祭りが7月15日と言う事で、毎年梅雨が明ける頃の気圧が
不安定で、殆ど雷か大雨が降るのですが、今年はとても良い天気です
以前にも言ったのですが、最近の気候は少し前にズレが有る様です

八坂神社祭りは自分の通った中学の近くで、夏休み前の大切なイベントで
祭りの日だけは夜遊びに行く事が公認(黙認?)される子供には非常に
楽しい日でも有りました 夜店が並ぶ光景に何とも”そわそわ”した物です。

所で、スイカってどの様に収穫するのでしょうか?
いちご、ぶどう、さくらんぼ等は○○狩とか、セルフ収穫が有りますが
沢山食べる事の出来無いスイカでは、自分で狩る事は殆ど有りませんね

有る飲み屋さんの店先に、スイカが菜って居ました
街中で、数個のスイカが棚になってるのを子供が見ると、きっと大きな
間違いをして居て、大恥を描くかも知れませんね!(笑)
posted by 喜多 at 09:04Comment(0)syoku

男の料理

IMG_0187ryoori.jpg
男の料理と言うテーマで、今回T先生に講義をして頂きました
T先生は医学の教授で有りますが、何回も頂いた男の料理に感激し
今回無理を言ってお願いし、今回4人の受講生と、その他試食係が3人で
楽しい一日に成りました

先生曰く 30年以前に隣に新聞記者が居て男が料理して居て、その人に
暮らしの手帳の料理記事を紹介されたのが始まりだと言う

記事と言うのは その暮らしの手帳社の独身男性社員に原稿を手渡し
料理を作らせてみる、料理の知識を持たない人が何処で間違えるかを確認し
原稿の修正を重ね出来た料理本の事で 一皿の料理と言う本が出来てその本を
手本に料理を始めたそうです

先生が曰く 男の料理とは?
 1、生きる為の料理では無く、趣味の料理である
     故に、コストを考慮せず、道具と時間を惜しまない
 2、自分の土俵で戦う
     毎日料理をする女性には適わなく 技術では勝負しない
     経験でも適わないので、科学を最大限利用する
     トップの職人の指導を仰ぐ
     良い文献資料の入手、優れたレシピ
 3、サプライズを狙う
     ウンチクで煙に巻く 男が作ったと言う事で評価は甘くなる
 4、気に入った料理を見つけ繰り返す
     子供達に「親父の味」と言わせる
     皆に「あの人の料理」と言わせる
そして先生の十八番 スパゲッティ・アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ
を教わりました、そして早速試食です。 名前の由来の、にんにくとオイル
そして麺でこの料理は決まるので、良い食材を吟味する事も大切ですね。
IMG_0201ryouri.jpg
スパゲッティに続きカスタード・プディング(プリン)です
このプリンを何回か頂き病みつきに成って仕舞いました カラメルの
ビターな感じが絶品で、何とも素晴らしい! この日も大成功でした。
IMG_0189ryouri.jpg IMG_0198ryouri.jpg
そしてこれも大好きなビーフシチューです
元帝国ホテル料理長 村上信夫さんの味を家庭で再現すると言うレシピです
キャンプのカレー程度しか作った事が無かったのですが、何と本格的な事!

煮込む程に旨味が凝縮して来ます、驚く程シンプルな食材と料理方で
極上の一品が出来上がります、初めてではどうか解りませんが、何回も
作って自分の物にしなくては成りません
IMG_0199ryouri.jpg
モノマガジンでも紹介されたM氏も今回生徒さんでの参加ですが
氏のサプライズ得意料理の紹介で作ってくれた”やたら”と言う物

奈良漬けの塩気だけで、和える夏の食欲メニューでした、色々な食事をし
その後に炊きたてご飯に、やたらをタップリ乗せて頂きます。

これは、豆腐にも合いそうですね、冷汁ご飯にも、お茶漬けにも合いそう!
ナス、ミョウガ、獅子唐、鷹の爪、そして大根の奈良漬けをみじん切りにし
少し冷蔵庫で馴染ませて出来上がりです お試し下さい。

楽しい講義をして頂いたT先生には講義の他に 場所と食材も提供して
頂きそしてオブザーバー(試食係)の参加とお酒も沢山頂きまして
何とも贅沢な時間を提供して頂いた事を感謝致します。

参加頂いた、皆さんにも楽しい一時を有難う御座いました
今度は其々に自主トレし先生に試食して頂きたいと思います。
posted by 喜多 at 15:48Comment(0)syoku

つるつるのうどん

IMG_0036udon.jpg
蔵の町栃木市に住む友人に誘われて 美味しいうどん屋が有ると言う事で
出掛けた先は、隣町の大平町 「くらしまうどん」

今春話題に成った派遣切で度々TVに登場したいすゞの工場が道を挟んで
目の前に有る閑静な住宅街に有り、町並みに溶け込んで良い感じです

うどんの種類は、細麺と平打ち麺が有り、細麺を食べましたが、確かに
凄いこしが有り、食感が良い うどんの味その物は良く解らない
香川県の人達は、うどん粉の匂いとか解るのだろうか?

どちらかと言うと蕎麦党で有り、うどんを食べる時は、鍋焼き、カレー
キノコ汁とかで、ざるうどんは殆ど食べないのです 

故にうどんは 汁を楽しむ時に食べる様な物と考えて居ました、
所が香川県に何度か行くように成り、考え方が少し変わりましたね

そしてヘビーなタレで頂く極太伊勢うどんも衝撃的で有り嵌ってしまいました
未だ知らない美味しい物も沢山有るのだと、興味が尽きません。
posted by 喜多 at 10:01Comment(0)syoku

つるつる美味しいうどんの店「くらしま」

IMG_0036udon.jpg
蔵の町 栃木市に住む友人に誘われて、うどんを食べに出掛けました
場所は、今春話題に成った派遣問題のいすゞ自動車の工場の北道路に面した
閑静な住宅街に有りました

麺の種類は平打ち麺と細麺が有り、自分は細麺を食べましたが 美味しい!
隣の友人の平打ち麺も頂きましたが、こちらは可也こしが有り中々良い

しかし本場さぬきうどんの安さを知ってしまった今では、金額と味の
バランスが狂ってしまい、美味くても高いと納得出来無いのですね

どちらかと言うと、蕎麦党の自分は、食べた後の蕎麦湯が無いのがどうにも
物足りません、週間と言うのも変な物です。
posted by 喜多 at 20:14Comment(0)syoku

日光市瀬尾に有る 玄蕎麦 河童

IMG_0105soba.jpg IMG_0102soba.jpg
旧今市市の警察署近くに有る、玄蕎麦河童と言う店に先日お邪魔しました
入り口に今日の蕎麦粉?と書いてある その日使ってる蕎麦粉の種類と産地
それを、大き目の石ウスで、ゆっくりと温度を上げない様に挽くのだそうです

店内はオーナー様の趣味でバリ家具のテーブルと椅子は其々、チーク材です
色合いも古民家風で日本に妙に有っていますね とても落ち着きます
IMG_0108soba.jpg
注文をもりそば2枚をしましたが、其々に蕎麦粉の違う物で頼んで見ました
蕎麦粉も北海道と本州?の物をご主人がブレンドし、二八でお願いしました
最初に頂いたのが、脱タンそばで、更科そばです、そばの香も凄いのですが
ほんのり緑色をした、素晴らしいそば色は久し振りです。

先ずはそばのみで頂くのですが、口から鼻に抜けるそばの香を楽しみながら
堪能いたしました、そしてしっかりとしたこしが何とも言えません

次に そばつゆに付けて頂きますが、ねぎを入れると香が解らないので
ねぎは蕎麦湯を頂く迄、取って置きます そばつゆも蕎麦との相性が
バッチリで、醤油のトガッタ所が無く非常にまろやかでこれも好みですね
IMG_0109soba.jpg
続いて頂く いなか風のそばもザラ付きも少なく田舎の中では喉越しが良く
噛み心地が良くしっかり食べてる感じでこれも満足度が高い蕎麦です
少しヘビーな蕎麦にも負け無い たれは、ベースのしっかり感が印象的でした

美味いそば屋さんも沢山有りますが、宇都宮から小一時間掛けて食べに来る
価値は十分に有る所です、因みにオーナーはハーレーに乗るライダーで
今度はバイクで食べに行って見たいと思います。

店での接客態度も、サービスの極上のお店です、是非足を運んでみては
如何ですか?   tel 0288-25-8111 (木曜定休日)
posted by 喜多 at 13:41Comment(0)syoku

キッチン・ボノボノ

IMG_0024bonox2.jpg IMG_0025bonox2.jpg IMG_0022bonox2.jpg IMG_0023bonox2.jpg
この連休は沢山美味しい物を食べた休日でしたが特に
5日に出掛けたキッチン・ボノボノは福島県いわき市に有る
大学時代の友人が始めたイタリア料理のレストランが最高でした

オーナーシェフの佐藤氏は、ゴルフ場、ホテル、結婚式場のシェフを経て
昨年いわき市草木台に有る自宅隣で店を始めました、別荘地の様な敷地は
可也広く、敷地内で色々な物を栽培し料理に使ってるそうです

学生時代から凝り性な彼が出す料理は予想通り海の側と言う立地と、
ケチら無い性格の為、蟹もウニも豪快に入って知人だから?と聞くと
「沢山入れ無いと、味が出なくてダメだ!」と言う。

それは解るが、コストの事は考えて居るのだろうか?心配に成る
食いしん坊な性格の為、前菜の盛り合わせ、自家製生ハム等を
写真に収める事を忘れてしまい、パスタ系からシャッターを切った!

特に自家製生ハムが絶妙で此れを口にした瞬間、ワイン下さい!
結局運転手を放棄して飲んでしまいました

其々のパスタのゆで加減は絶妙で、ソースに合わせる麺のサイズが
絶妙に絡み合い、甲乙付けがたい物バカリでしたが、結構お腹一杯に
成った頃に出た、ゴルゴンゾーラのペンネがシンプルで美味い!
IMG_0027bonox2.jpg IMG_0030bonox2.jpg
ラムの香草焼もドライトマトもソースも最高!
デザートの木の実のシャーベットも最高! 皆最高でした!

写真に無い料理では、コンソメスープ、オコゼのグリル、いわしの香草焼
キッシュ、自家製生ハムとサラミとチーズ、自家製パン、ミラノ風カツレツ
可也大きいオリーブの実、竹の子と春野菜のソルベ 思い出せない物数種
ピザも頼んだ、ヒラメのカルパッチョも食べたかったが、食べれなかった

ビール ワイン赤、白、コーヒーと写真6種です、夜メニューでの注文にも
関わらず、流石福島料金!チョー安い!高速を使って行く価値大有りでした

念の為、身内だから? 数種類はサービスだとか でも安過ぎます、
一人で調理する為、10人位から貸切で無いと料理が出来無いそうです
次回はアクアマリンと天心美術館を組み入れたツアーを計画しましょうか?

shop manager

IMG_0001manager.jpg
先日、兄弟子と立ち寄った居酒屋? 和風ber? 「shop manager」は
大通り宮島町十文字近く 仲町の半地下の店です 大通りと並行する
北側の道で、近くの予備校、専門学校等が沢山有り、若い人が多い所です

初めて入った店は杉山店長が笑顔で迎えてくれる店内は、黒のペイントが
水墨画をイメージさせる落ち着いた雰囲気で、居心地が良いのです

宇都宮では珍しい、盛岡じゃじゃ麺がお勧めで、兄弟子もちょくちょく
食べに来るそうです、お酒の種類も沢山有り、つまみの値段も2~3百円と
非常にリーズナブルです。
IMG_0004manager.jpg
そして何とも良いのが、店に並ぶ食器の数々が、焼物が好きと言う店長だけ
有って、風合いの良い器が沢山有り、好きな物でお酒を頂けるのも良い所です

今度は、じゃじゃ麺を食べに行きたいと思います、じゃじゃ麺を食べると
飲み物(ソフト)が50円で飲めるのも魅力でしょうか?
posted by 喜多 at 11:32Comment(0)syoku