B&B Italiaのソファーの有る暮らし

P1070980sof.jpg
CHARLES B&B の家具が有る 「おもちゃの町の家」
先日写真家の山崎望希氏の撮影に同行しました
そして、何時もながらに色々勉強に成ります

さて今回の物件で採用に成ったソファー B$BのCHARLESですが
昔から細身のフォルムを裏切る座り心地と適度の張り具合は何とも
良い感じです

建築も家具も浮遊感の有る物が好きな自分の好みと施主の感性が一致して
選んだ一品 家と家族と共に末永く活躍する事でしょう


B&Bと聞いて ご存知の方は超高級品で一般的にはとても手が出ないと、、、
お考えの方が居るかも知れません

今回もこの家具をセレクトするに当たり 一時的な盛り上がりや軽い気持ち
では無く 深く理解してのご購入されたのです 資金的に余裕が有り何となく
選んだので無い所が非常に重要だと思います 無論購入出来る資金が有る事が
前提では有りますが 多くの場合建築にその多くを費やしてしまいます

建築全体で世界の逸品を手に入れる事は難しいのですが 一部の家具とか
キッチン用品 食器 小物などで有れば世界の超一流品も夢ではありません
そしてそれらがもたらす本物の意味を理解するのに非常に良いのでは無いでしょうか


例えば 何処の家の洗面とかキッチンで使用してる混合栓(蛇口)ですが
TOTO INAX 等の蛇口を当たり前に使っていますが それをドイツ製の
Grohe(グローエ)の製品と比較すると2~3万円が5万前後に成りますが
長い間 絶妙な使用感を維持でき結果贅沢では無いと言う事に成るのです

良い物を毎日使うと そうで無い物が その割りに高くて扱い難いと言う事に
気が付くはずです 是非とも日ごろ使う手に馴染む所から変更してみては
如何でしょうか?


世界の一流品の表面的なまねをして作った日本製品が数多くある現状を
沢山見て日本も未だ 何処かの国がコピーの国だとか非難してますが
現状は左程変わり無く 劣悪とは言いませんが コピー製品は中々に
本物は越えられないと言う事実も知って欲しいと考えます


無駄な部分を省いて 世界の超一流品にふれる生活を始めてみませんか?
きっと豊かな生活が得られると信じています。

土間コンクリートの環境

P1070287isu.jpg
日光市に今年の夏に竣工したT邸がとても涼しいのです
床暖でサーマスラブと言う 蓄熱式の暖房を採用しました
ここの所PS暖房の比率が増えて居ますが 日光市は日暮れと共に
夜は涼しいので冷房寄りも暖房を重視して 床暖を採用しました

当社では以前から実績の有るサーマスラブですがリビング、ダイニングが
全て土間コンクリートの現場は初めてで 出来上がって感じたのが
地熱の伝達の為かとても床が涼しくて気持ちが良いのです これは良い誤算

軒の出も2,7Mとせり出して居る為に直射日光が当たらない夏季は
土間コンクリートの所が冷たくて気持ちが良いのです 冬はその
コンクリートの塊の下に熱源が入ってるシステムですので 快適の
予想は心配して居ませんが 夏に涼しいのは良い誤算でした、、、


そしてそのコンクリートのリビングを裸足で生活してるそうですが
以外に快適との報告を受けました テーブル周りはラグを敷いて
腰掛けてますが良いすわり心地だとか、、、

お施主さんから追加の写真を頂きました B&Bの夜の顔

DSC_0210[1]B&B.jpg

今週の月曜日に投稿したB&Bのソファーの写真は奥様が撮影したもので
ハイサイドライトからの明かりが お嬢さんを照らすスポットライトの様で
中々の写真でしたが 今度はご主人様からの写真を頂きましてコレは
夜の間接照明の様子ですね! 照明器具が2灯有るのですが 

1灯の明かりでも十分に雰囲気が伝わりますね ソファーの足のメタリックな
輝きが何気に主張して居ますね この部分の小ささが流石と言う感じです。

ステキな写真ありがとう御座いました また色々と撮ってください
目線の違いで建物も随分と違って見えるものです。

B&B  italia

20120715125035.jpg

先日竣工した M邸ですが 春に注文していた家具が 海を渡り
ようやく先日リビングに設置出来ました

一台が225cmでそれを2ケつなげて使います 何と4mオーバーのソファーの
出来上がりです 超ロングのベットがタテに繋がった様でもありますね

NANOちゃんも部屋化と思う位の広さです(笑 
こんなソファーが普通と育つ環境はどうなんでしょうか?

植栽工事には時期が良くないのですが 根回りを大きくして頂き緑も入り
もう少しで快適な環境に成りますので 今しばらく宜しくです お願いします

カウンターバックのデザイン 迎え付けの心を移す場所

P1070139kaunta.jpg

店舗や病院などには受付カウンターがありますが
その後ろの壁が どの様に成っていたか覚えてますか?

病院やホテル(ビジネス)などは機能を重視した為か
カルテを入れる棚とか ホテルの場合キーを入れる棚など
またお酒の飲めるカウンターバー等は 沢山のお酒が
並んでいるのが多いと思います

私が設計した殆どのカウンターバックには 機能を持たせません
それは タペストリーの意味合いを持たせる事 つまりは
カウンターに立つ人から真正面に見える壁ですから 機能を排除します

そして其処に ステキな絵や作品を飾り季節ごとの設えを楽しんでは
如何でしょうか


建物に訪れた人を迎えつける場所 そんな場所が有ると良いのですね
そこは家主の心を表現する場所なのですから。

仕舞い忘れの雛人形

P1050521hina.jpg
先日おじゃました T邸で気に成る色彩の ひな飾りが有りました
お雛さまが主役の ひなまつり 五人ばやしをセレクトするセンスに
参りました

色合いとバランスがとても素敵ですね そしてひな祭り過ぎにも
飾って有ったのですが 終うのが遅いと 嫁入りが遅れるとか?
お二人のお嬢様も ちゃんと嫁がれて居ますので大丈夫です(笑

家を飾る物の感性って 重要ですね! 華美な物では無くても
心引かれる素敵な設えで 客を持て成すのですから

デザイナーで選ぶ家具とは

IMG_1091RC.jpg

好きなデザイン 好みの物 不思議と自分自身と周波数がシンクロする事がある

何となく好きな物を調べると それをデザインした人に行き着く

そんな事を毎回繰り返す度に 同じデザイナーの名前が多く出て来る事有りませんか?

車等も 子供の頃から気に成り 今の製品でも好きな物が同じデザイナーで

ある事に気が付きうれしく成る 



家具も好きな物を選ぶと同じデザイナーが何度か顔を出す そうで無いときは

どちらかが弟子とか師匠の様な風に何処と無く個性が似ていたりするのですね


そんな憧れのデザイナの作品を新築の度に部屋に置いて眺めてみます

巨匠であるが故に 低いレベルの建物でも何とか馴染んでしまうのは流石ですが

何となく相思相愛に見えると 内心少し近づけたかな? などと一人つぶやくのです

Paolo Piva風が好きですが 今度の建物は Antonio Citlerioに近づけます
ご両人とも 1950年のイタリア生まれですが 微妙に作風が違います

角の取れた柔らかいフォルムのAntonioに対して角ばったPaoloがイメージでしたが

今回の「おもちゃの町の家」また少し作風が変りますので ご期待下さい。

カフェスタイルで暮す

P1040717hagi.jpg

少しおしゃれに生活をすると 

訪れる人は「素敵! お店みたい!」と声が聞こえる


意地悪な表現ですが 最近は一般の住宅をカフェにしたり

レストランにしたり 普通に、、、をテーマに設えるお店が増えてます


要は お店にしても住宅にしても おしゃれ感覚が重要ですね

ボーダレス時代は 住宅の住まい方も色々な意味であいまいです

ですから アイデア次第で自由に生活を楽しむことができるのですね。

古民家再生の家と語らうアフリカ古民具たち

P1050240kominka.jpg
 
陶芸家 石川雅一(はじめ)さんの所にお邪魔しました
窯元で有り自宅でも有るお宅は 石川県からの移築の古民家です
何でもダムに沈む村の数件の中から選んで 益子に移築したそうです

部分的に改造と修復をして居ますが 存在感は何とも言えません
そしてインテリアを飾る物が アフリカの古民具の数々は古民家に
馴染んで素敵に融合して居ます

P1050242tataki.jpg

玄関に再現したタタキの土間 土をペタペタとたたいたのでタタキとか?
昔は農家の土間はコンクリートでも無いのに硬く光っていました
その上で藁を編んだり作業をして居たのですね 

土間は湿気が多いと吸収し乾くと放出しますので呼吸する壁ならぬ
床が呼吸するので この時期適度の湿気が有り気持良いのでしょう

古民家も民芸運動と同じで 生活の中の美が有り その物の良い所を
見出す人に受け継がれ幸せな筈です 古いアフリカの民具と古民家は
夜な夜な何を話して居るのでしょうか?
(言葉が通じない?ヤボはご無用に!)

可動式ダイニングテーブルとAVラック

IMG_1152RC.jpg

家を設計する事と同時に 家で使う家具もデザインしたいと思うのが常でして
設計した家に合う家具を全てデザインしたいのですが そうも行かず
自分の感性に近いものを選んだりして居ます

写真のダイニングテーブルはL型のオリジナル家具でして 特徴は
移動が出来ると言う事です 
 壁側にレールを配して 壁に沿って軽く移動出来るのです 無論ストッパー付き
 キッチンに近い場所では 調理台としても広く使えます その後
 テーブルセットをして 好きな位置に移動して食事をして頂きます

 庭に面した手前のガラスの所まで移動して 並んで庭を眺めての食事等
 使い方はアイディアしだいです

IMG_1081RC.jpg

反対側の壁面にはAVラック 50inオーバーのTVに対応出来ます
壁付けタイプで足が無く広々感じます 鉄骨の強靭なフレームで
重量物も乗せる事が出来ますが 薄型TVは壁に直接付ける方がベストです

壁面に配置したフロントスピーカーは配線計画をして有るのでスッキリで
本体もラックに収納したりラック下に吊るす事が出来ますのでセンター
スピーカーはラック下がお勧めです

設計にも家具にも十分な時間を掛けて計画を立てたいものです。