デザインを再構築

IMG_1484.jpg
今年を振り返る時期に成りました
災害の多い年でしたが 数十年に一度とか言いますが
毎年来る覚悟が必要だと考えさせられる出来事でした

今までも 建物のデザインをするにあたり 地理学を
意識してデザインしていましたが 今後は想定以上の
自然現象が起こる事を念頭に考えなければ成らないですね

また今までの作品のアップデート的な再構築も必要かも、、、
それは単に風水害に強いとかもありますが ライフラインが
ストップしても生活出来る備えを考える事も重要で

電力会社任せで本当に良いのか? 水もそうです 災害が発生し
先ずは1~2週間生活を維持出来るシステムを構築する必要では
簡単に出来る事から 
 大がかりなモディファイも検討提案するべきですね

3・11の時にも感じましたが 電気が無いと何も出来ない今
電気も蓄えるか作るか? そしてそれらが地震や風水害でも
機能を発揮出来るか? 

生きる為と言うのは大げさでも 最低限の生活を何日維持出来るか?
そんなデザインを考えて新しい年を向えたいものです

PS 自然災害だけでは無く 世界経済の極端な変動による
  物資の停滞や供給不足など 考える事は多方面に成り
  想定外の範囲も膨大に存在する事を考えなければ活けない
  そんな事が無駄に成る年に成って欲しいとも思います。

"デザインを再構築"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。