ベスト8進出おめでとう

81uD+7jWzkL__SY355_.jpg
先ずは 台風19号での被害を受けた方々にお見舞い申し上げます

過去の記録を塗り替える大雨をもたらした台風19号の去った日に
開催も危ぶまれる中 ラグビージャパンが歴史的快挙を成し遂げました
TVを見ながら 殆ど無呼吸で力を入れて観戦してまして疲れます
日本中で一緒に力を込めて居た事でしょうね

自分にはラグビーをしていた弟分が居て 以前からルールを教えてもらいましたが
こんなに試合を真剣に見る事は無く サッカーはボール回しとか2/3は力を抜いて
見てられますが ラグビーは終始力が入り疲れます(笑

今回のスコットランド戦もキックでの陣地の行き来が少なく 突進式の陣地奪還ですし
お互いにパスのミスも少なく一瞬たりとも気が抜け無い試合でした 
そしてサッカーと対照的な事がファールをアピールするのでは無く 黙々と前を目指す
プレースタイルに胸が熱く成ります

20190821-00139156-000-9.jpg

外国出身の選手が多いラグビーJAPANですが 日本的フェアープレーの武士道精神
スコットランドも国の威信を掛けて一生懸命戦って 思う様に成らなく熱く成るのも
ベスト8が必須と思われる重圧も有るのでしょう

ジャッジに対しても不満を言わず 相手を称える姿も敵ながらアッパレでした
ノーサイドの精神は 何とも清々しいと思いましたが 勝ってるからも知れません
負けたらどう思うのか 幸いに今回は経験が無いので このまま経験をさせないで
欲しいものです

アイルランド戦の後 アイルランド選手のコメントで日本がオールブラックスに見えた!と
コメントも有りましたが 桜ジャパンのユニホームも相手に弱く見えたのは
今大会が始まる前の事で 

事実オールブラックス(NZ)のHコーチが決勝トーナメントは日本と別の山で良かったと
本音をもらしてます 次回の南アフリカも 本気のスコットランドを退けた桜ジャージが
強いと印象を与えれば 良い試合に成る事でしょう 頑張れニッポン!

東京護国寺で在釜

IMG_0158.jpg
お茶の先生が釜を掛けられるので 
前日から準備のお手伝いをさせて頂きました

護国寺でのお手伝いは3回目でしたが 其々に時期や茶室が違い
また自分の経験値も変わり毎回違いが有るので何とも言えませんが
意味ある貴重な体験でした

今回のお茶会では5席全ての席主様が男性ですので 道具組がとても
勉強に成りました 今の時期はわびた道具が多くさらに男性好みで
渋いかんじです

IMG_0169.jpg
過去の2階は広間席でしたが 今回の先生の席は小間席で小間ならではの
道具と言うか 小間に似合う道具も非常に素敵でした

本番は元より 準備と後片付が何より勉強に成ります
道具の扱いは 箱だしから始まり 清めて飾りそして飾り
清めて仕舞 箱入れしそれを風呂敷に包んで大箱に入れる

帰ってからまた道具をだして 確認と水気の物は陰干しし終了!
風呂敷のたたみ方や 箱を包む更紗布の縛り方(真田紐共)
毎回新たな発見が沢山あり 多くを学ばせて頂きました

そして来て頂いたお客様に感謝致します 釜を掛けても
お客様が居ないのでは始まりません

来月は炉開きの季節に成ります 一年が慌ただしく成りますが
気温が下がり お茶には良い季節の到来です。
posted by 喜多 at 10:22Comment(0)日記

奉祝 天皇陛下御即位記念 白鷺神社 雅楽の奉納(雅楽の夕べ)

IMG_0110.jpg
令和元年9月29日 上三川町に1250年鎮座する白鷺神社で
雅楽の夕べが執り行いました

三管楽器 二弦楽器 三打物と豪華な構成で世界最古のオーケストラと言う
雅楽の荘厳さに鳥肌が立ちました
IMG_0136.jpg
最初に平調音取(ひょうじょうねとり)音合わせの後
国家君が代の演奏 雅楽の君が代は初めてでしたが心に染みます

管弦 越天楽  
神楽 浦安の舞
管弦 五常楽急
管弦 陪臚(ばいろ)
管弦 ふるさと(現代風)
元宮内庁雅楽の関係の会から3名と 栃木県の神職の方7名

IMG_0114.jpgIMG_0124.jpg
神楽では 舞の優雅さと鈴の音の清々しさ 時の流れがゆったりとと言うか
どこか穏やかな心地よい空気感が 日本人に染みるのですね 不思議です

IMG_0139.jpg
また洋楽器は色々見てるし聞いてますが 和楽器の調べは少なく
聴いた物では 琴 三味線 太鼓堤類 横笛 尺八でしょうか?

弦楽器でも琵琶は名前は知ってますが音色を殆ど聞いた事が無くて
他の楽器に混ざり以外に音色が届くのにビックリしました
デザインも素敵で 弦のフレーズの細さ以上に細く小さく細い指でないと
弾けないようです

また楽器の説明や雅楽由来の言葉の話とか非常に興味深い知らない世界を
覗けた事が新鮮でした

  言葉
     塩梅  野暮  頭取  打合せ  コツをつかむ
     ろれつが回らない  二の舞  やたら  千秋楽
     めりはり  その他多数

言葉の語源的にも 雅楽の歴史の長さを感じます
しかしんがら 雅楽は平民の耳には届かない音楽だったのでしょうから
現代は 積極的に聞く気が有れば聞けると言うのは良い時代ですね

グローバル化が進み スマホでも音楽が楽しめる時代ですが
祖国の日本の音楽を余りに知らな過ぎて今さらながらでね、、、

東儀秀樹さんが先駆者に成り洋楽とのコラボも有りましたが
さらに興味を持って聞きたい音楽です。



posted by 喜多 at 09:55Comment(0)日記

コードネーム T70 サプライズパーティー

IMG_0053.jpg私どもが通ってる茶道場の先生が古希(70歳)のお祝いと
茶道の道場創立40周年と言う事でお祝いをしたいと
先生のお嬢様(三姉妹)からお今年の初めに話が有りました

その内容は 先生には内緒のサプライズにしたいと言う事
6~70名の社中の方々の賛同を得ながら進めるのは大変ですが
皆様の協力のお蔭で 事を進めて行きまして 先日無事に
ミッションコンプリート

シークレットと言う事で ご家族の方々も非常に大変だったと
思われます 打合せをするにも先生の居ない日を選び こそこそ
其々に適当な用事を作り 半年以上の準備

当日の事細かな報告と実行により サプライズ大成功しました
その後は 会のスケジュール通り 笑いや涙 感動有の会でした
そして締めに 会を企画した長女さんからの話

その話がとてもしっかりして 素敵なスピーチでした
これで先生も安心でしょう! って感じるスピーチ

道場の歴史のスライドショーも作成しましたが
色々と写真を集めて編集しながら 歴史って凄いな!と感じながら
参加された方々もじっくりと写真を見たいと思うでしょうね

今年のビックイベントがひとまず完了しホット一息の今日この頃。

posted by 喜多 at 19:02Comment(0)日記

ノスタルジックスタイルの誘い

IMG_1833.jpg
どんな自動車でも古くなると 価値や人気が有る訳では無く
世の中の殆どの車種が消えて無く成ってしまいます

その存在価値が無く成り 状態の良い車でも引き受け手が無ければ
スクラップにされて仕舞いますが そうで無い車は何時の時代も
それらを求めてる人の人口が多いと 部品や用品が流通し維持出来るのです

どんなに好きな物でも 消耗品や部品が無ければ維持することは出来なく
ワンオフで部品を作ると 天文学的な金額に成って仕舞い車その物よりも
部品やメンテナンスが高額に成って仕舞っては本末転倒でして

そんな意味でも上記の写真の2台は今後とも生き続ける種類でしょうね
英国車はヒストリックの歴史や文化が脈々と続き国もオールドカーの
税制や維持費の軽減に積極的でして何とも羨ましい事です

日本以外の国の多くは車検システムは無い方が多く 自己責任で車の
整備をしています 故に複数所有や趣味の世界も広がりやすく 税金の
塊の日本の車事情とは違うのもノスタルジックカーの環境が違うのですね

IMG_1844.jpg

今どきの車はエアーバックが標準装備ですが この頃の車は事故ると痛そうですが
それがハンドル周りのシンプルさや線の細さに成っているのですね 現在の
車で同じ様にデザインしようとしても無理が有りできないのですね

ですから古い車に乗る事は 走るフィールドや場所を選びながら 大型トラック等の
入って来ない農道や旧市街を原付バイクに乗る感覚でドライブすると言った感じが
安全でしかも気持ちが良いと思います

スピードの出るバイパスや高速道路を速い速度で走る事に向かないと思われ 
走っても気持ちが良く無く 車にも人にも負担を掛けてる感じです
無論 ノスタルジックカー全てと言う訳でも無いのですが その多くが
安全面では現代の車に適わないでしょうね

PTOを踏まえて乗ってみると 現代の車には無い 濃~い味がそこに有りまして
運転中にスマホなどをいじる気持ちに成らないで 運転に集中せざるおえない
五感が研ぎ澄まされる感覚が 何とも気持ちが良いと感じるのは根っからの
車好きだけかも知れませんが 至福の一時です


posted by 喜多 at 09:15Comment(0)日記

那須野が原ファーム

台風15号の影響は有りませんでしたか? 無事を祈ります

IMG_1814.jpg
雄大な丘陵地帯が那珂川流域に広がる 大田原市の東に有る
那須野が原ファームと乗馬クラブに出かけて来ました

広大な敷地で場外騎乗が可能な場所でして 兎に角広い!
見渡す限りが施設 東には八溝山地 西には那須火山地帯
まるで北海道を思い出す光景は 富良野や美瑛の丘陵に似てる

IMG_1827.jpg
施設の充実は其処に住んでる お馬さんを見れば一目瞭然でして
どの馬も おだやかでストレスの無い顔をしています
馬房も英国式の資材がふんだんに使われていることで
英国のホースクラブの様です

馬場も英国製のフェルトが敷き詰められた上に砂が有り
馬の脚に負担の掛からない 贅沢な設計でした

IMG_1820.jpg
ファームと言う事で 沢山の種類の無農薬野菜が作られ
道の駅等で売られてるそうです
農場の整備も非常に綺麗に整備されていて 管理の状態が良い場所で
栽培された野菜は 試食する前から想像が出来ます

乗馬客やその他フリーの方にも供給されるレストランは
予約制ですが 一度試す価値は有りますが 一人当たりの
専有面積が半端で無いので 例えるとゴルフ場の貸し切り的な
そのんな感じでしょうか?  

馬に乗る人も乗らない人も 一日楽しく過ごせるそんなところでした
是非今度は 夜の食事にお邪魔してみたいものです。
posted by 喜多 at 09:14Comment(0)日記

自転車に初めて乗れた日

IMG_1687.jpg
三輪車から補助輪付きの自転車に乗り そして自転車の醍醐味
補助無しの自転車に乗れる様に

どのタイミングで挑戦するかは 大人のタイミングでは無いでしょうか?
日々忙しい大人は 子供が補助が有ろうが無かろうが 支障は無い
むしろ 補助が取れる事で 危険が増すのでその時期を後回しにして
しまうのでは無いでしょうか?

子供も補助が取れる喜びを創造が付かないのですから 子供から補助を取って!
と言うリクエストは余り無い(友達が補助とれたとか自慢されると挑戦したいかも)

安い補助輪の付いた自転車でガラガラと音が煩かったので 今年の4月に4歳ではあるが
試しに補助を取って乗らせてみたら すんなり15分位で乗れる様に成った

最近はストライダーとかペダル無しの自転車が流行ってバランスの感覚を早く養い
自転車デビューが早いと思いますが 自分達の頃は後ろで自転車を支えてからの
練習で 支えて無くても 持ってるから大丈夫!と声をかけて だまして乗れる様に成る

娘の時もそうだったし 孫も同じで笑ってしまうが 一人で止まって所からこぎだして
乗れる様に成る 自転車のトルク型スタートでした 2人とも一度も転ばずに乗れるので
関心したものです 
bodo62061.jpg
そして最近特訓中が 自分が使ってるバランスボードに乗ってます
それもただ乗るのでは無く フラフープをしながら乗るのです
初め間もないのですが 10回位回せますが バランスを崩すか?
フープをが下がってしまいます

フラフープは左右どちらでも回せたり 可也器用にこなせますが バランスボードの上は
可也難しいと思われ これでしばらく集中することが出来て暇をつぶせそうです

そして暑い夏でしたので 室内で遊ぶものでカルタとトランプの神経衰弱が好きでしてます
5歳と3歳に成った二人ですが 文字も読めない妹とも中々良い勝負です カルタは
読み札を読むだけの楽な遊びですが トランプは一緒に参加させられて頭が疲れます(笑

運動もゲームも近い内に抜かされそうですね、、、大人の凄さを何時まで見せれるか?
自分もこれからUPして行かねば成りませんね(汗
posted by 喜多 at 10:06Comment(0)日記

アルケッチャーノ 鶴岡市のイタリアン


甲子園で昨年の能代農業高校が活躍し今年は
鶴岡東高校が活躍しましたが鶴岡市は クラゲで有名な加茂水族館や
藤沢周平さんの作品や北前船の影響で京都風文化が根付く素敵な町です

そんな鶴岡市で食通に有名ななのが 奥田政行シェフの経営する
アルケッチャーノと言うイタリア料理のレストランです

仕事で何度も山形に出かけて 何時か行きたいと思って居ましたが
漸く 来ることが出来ました

町から離れた田んぼの真ん中の大きな道路沿いの 昔のドライブイン的な
立地に有り 隣接の建物が建設資材置き場か? 産業廃棄物の一時置き場?
正直 残念な環境でした 故に撮った写真がこれ、、、
IMG_1486.jpg
周りの景色と一緒に撮れませんでした もっと周りの田んぼが見えるとか
自然に隣接してるとか 他に幾らでも場所が有ったのではと? 思いました

おそらく市街化調整地区で沿道サービス業でないと建物が建たないとか
安い物件で始めたのだろう事は創造出来ますが 全国からお客様が来ると言う
この店は 正直驚きました

予約の時間に行くと 他に一組 どうやら東京から来られてる様子でした
内部はレトロな洋風のお店と言う感じで 外観よりは良い感じです

そしてメインの料理ですが 自分が 国内で食べたイタリアンでは
ベスト3には入るのは確実 どの料理も美味しくて 期待を裏切りません
残念ながら奥田シェフは出張中で居ませんでしたが 居る時は気軽に
席を回って 話をしてくれるそうです

料理の全てが 温かみの有る奥田さんの人柄が表されてると皆さんが言うのが
何となくわかる様な気がしました クールな装いの店は奥田さんのコンセプトと
違うのかも知れませんが 鶴岡の古い農家とか 商家とかの古民家でサーブされると
更に良いのかも知れないと言うのが感想でした

近くに行く予定の場合は是非立ち寄ると良い場所です 次回はシェフの居る時に
是非お邪魔したいものです。




posted by 喜多 at 09:55Comment(0)日記

夏休み

1122938476.jpg
山の日とお盆の連休で9連休が多かったのでは無いでしょうか
長い連休でしたが 台風10号の影響で随分とスケジュールを
変更された方が多かったのでは無いでしょうか?

若い頃は お盆休みは屋外のキャンプや水遊びに日光に何年も
通って居ましたが 10年以上も天気が悪くて中止にした記憶が
有りませんね

今年7月のパリなどは40度を大きく上回り記録を塗り替えてるとか?
昨年は空梅雨で暑かったのですが 今年は梅雨が長く 8月に入り
暑い日が続き お盆も終わり今週からは暑さが和らぐとの事です

40度近い暑さを経験すると不思議と30~33度位は凌ぎやすいと
感じるから 不思議ですね

11229345827.jpg
夏休みを楽しみにし 旅行の計画をたてたり 帰省のために
早くからチケットを購入したりしても 天候不順で運休では
どうしようも無く やり切れ無い人の多かった事でしょうね

また日本の台風事情の分からないインバウンドの方々もお気の毒様です
日本に悪いイメージが残る事でしょう
来年の東京五輪もどんな気象に成る事やら 

前大会の10月は日本晴れと言う 爽やかな日本の気候を満喫された事でしょう
次回は酷暑の8月ですので 高温多湿の汗ばむ気候に馴染めない人が多く
好印象には程遠いのでしょうね

それとホスト都市の東京では交通渋滞・混乱の対策として多くの
企業が異例の期間中会社を休んだりと変則シフトを取る企業が
増える事でしょう 東京に国内外からの多くの人が流れ込み

東京からは 嘗て無い 大型夏休みの人が流失し 五輪に絡めて
東京以外を旅される外国人や全国の観光地は大賑わいに成る?
と言う事で 特例大型夏休みですが 過ごし方を考えなければ
成らない事でしょうね

「夏休み」という何とも ワクワクする響きですが 
其々の事情で感じ方が違うのでしょうね

サービスを提供する側の家庭に育つと ただただ家の手伝いだったりし
農家がGWは田植えで遊べないとか それぞれの事情が有り
夏休みと聞いてプラスのイメージは全てでは無く 受験生にとっては
夏は無いと同じか? 夏期講習やら更に負担が掛かる時期かも知れませんね(笑
posted by 喜多 at 10:25Comment(0)日記

長岡花火2019

2019080220170003.jpg
35年ぶりに 長岡の花火を観ました!

過去に2回観て 今回が3回目ですが 毎回新鮮で感動しますね
色々な有名な花火大会は有りますが 花火の行われる場所では
上位のロケーションでは無いでしょうか?

信濃川両岸に有る観客席が2kmに広がり 川幅も1kmは有ろうか
80年前に出来た長生橋と新しい大手橋の間がベストポジションです
両橋を使うナイアガラは圧巻で古いトラスの橋が幻想的に浮かび上がり
煙も暴霧のごとく趣が有ります
2019080220170001.jpg

裸の大将 山下清氏も長岡の花火を題材にした切り絵も有名ですし
戦後すぐの昭和22年から続く歴史と町の人達が花火に掛ける情熱は
会場を見ると伝わります

15年振りに フェニックス花火が再開されました 平原綾香さんの
ジュピターの音楽と共にどんだけ!の迫力! 進化の凄さを確認!
昔は花火師さんが導火線に火を点けるのですが 今はPC着火ですから
音楽とのコラボもずれが有りません、、、、

今回の花火を観る企画は お客さんや業者さん達と125cc以下の
オートバイでのツーリングの延長に有るもので 1泊で遠くに行こうか?

殆どの人が長岡花火を観たことが無いとの事で 実現しましたが
酷暑の最中、、、オートバイで如何なものか? 


結果
やっぱり 酷暑 猛暑 激暑 の盛沢山!!!

IMG_1446.jpg
今回自分が乗って行った ノーマル90CCのスーパーカブ
そして9人7台のオートバイとハイエース伴走車で行きました

2人が車で 交代で車を乗り換えて 時には調子の悪いバイクを
車に乗せて 走ったりしながら 疲労の有る人は車に乗せてもらい
日中の暑い時は 車の運転を希望する人の多い(笑

そんなツーリングですが 暑さを避けるのも有りますが 高速道路を
通れない小さなオートバイですので 一般道路を行くしか有りません
行きは 会津西街道から 南郷村 只見町 田子倉ダム 栃尾を経由
長岡を横目で通り過ぎ 出雲崎へ 7時出発し16時到着 270km

翌日は ゆっくり朝食 朝から刺身や焼き魚など海の幸を堪能し
17号を走り 湯沢で有名なへぎ蕎麦を1,5時間待って食べ
湯沢を出たのが 15:30分 三国峠を越えて沼田から日光方面

日光市内に19時 宇都宮に20時に無事に戻って来ました
走行距離550km気温差 20度以上

トンネルの走行は寒いし 金精峠からの日光までは寒くて寒くて
体の芯まで冷え切りました 帰ってから暖かい風呂に入って
やっと温まりました 酷暑のこの時期に 考えられないでしょうが
日光は涼しくない 寒いのです(笑

朝7時に出発して11時頃まではどちらかと言うと寒かったし
最後の2時間位も寒かった 自動車はいかに快適でありがたいか
本当に解りました

それでも 橋を渡ったり トンネルや森を抜ける時に変わる
空気の変化もバイクの醍醐味です 
若い頃でもこんな過酷なツーリングはしなかったのですが
年甲斐も無く! と言われますが 年相応の事をしていると
落ちて行くばかりです

三浦雄一郎さんも70を過ぎてから 更にギアを上げて挑戦し
現在に至るのですから これからも年甲斐も無くを続けて行けたら
良いのですが、、、。

posted by 喜多 at 10:17Comment(0)日記

DSC_0961.jpg

旅というと 人それぞれに色々頭に浮かぶことが違います

海外旅行を思い浮かべたり
鉄道の旅
車でのドライブ旅行
究極かどうか個人の判断ですが時刻表の旅
バチャールな旅

アスリート系では 奥の細道を徒歩で巡る

四国のお遍路も旅の一部です

お伊勢参りとか 聖地巡礼も旅

マルコポーロや三蔵法師、慈覚大師円仁さんたちも
旅の一部で 旅日記が今日に伝わるのです

遠くまで 未知の世界に行く旅から
近所の旅で発見もあり 宇宙旅行が偉く
近所がしょぼいとは言えません

価値観がそれぞれに違うからです

7月のトランヴェールは吉田初三郎の鳥観図です
かなりデフォルメしてますが 絵を見て
わくわくが湧いてきます

ドローンや空撮の出来る現代ですが
バードビューはワクワクするのは自分だけでしょうか?

小学校の社会の授業は唯々地図を眺めて居ました
未だ未だ行きたいところが沢山あります
一度行っても 年齢や季節によっても変わるでしょうし

つきませんね。
posted by 喜多 at 10:57Comment(0)日記

夏のお茶席

line_6155707986731272.jpg
古民家でお茶会をしましょうと
友人の家 古民家です再生プロジェクトの最中ですが
稽古仲間が転勤で引っ越すと言う事で送別のお茶会の
場所を提供して頂きました

心身を清める つくばい(手水鉢)が無いので 新品の
バケツを代用しましてごめんなさい!と言うことから始まりました

懐石料理も席中では無く テーブルで食べて頂きます
通常お客様だけで食べて頂き 我々裏方は水屋で頂くのですが
同席させて頂き一緒に 料理を頂きました

そしてお菓子を頂き席入り

line_6155079484089272.jpg

通常初座の床の間に禅語などの墨蹟が掛かりまして 食事の後の
後座席で お花を活けるのですが 別席の食事ですので 総飾り
形式で短冊を飾らせて頂きました

短冊も大徳寺の偉いお坊様やお家元の書を掛けるのが常識ですが
あえて参加した仲間からの送別の短冊を書いて頂き笹に掛けました

朝竹を切り 蓋置と結界を作り竹飾りを設置して 掃除して準備完了!
梅雨空の中 何とか雨は降らずに一日過ごせました 何時も稽古をしてる
仲間ですが あらたまって席中で顔を合わせ丁重に挨拶をする

あらたまる、、、正に親しい中にも礼儀あり と言う事なのでしょうか
現在社会はフランクにフレンドリーが互いに良いと言う風潮ですが
ちゃんとご挨拶をする事 ちゃんとした言葉で会話をする事
中々出来るようで出来ないものですね

お茶席が終わりまして その後飲み会ではフランクに接して
ON OFFの切り替えが出来て楽しい時間を過ごせました

離れて行く仲間ですが お茶は続けるとの事ですので 新しい生活の
場所で良い稽古場が見つかると良いですね。

PS
洋服にも夏服と冬服 そして春っぽい 秋らしいなどが有るように
着物にも 色々と季節の着物が有るのです

しかし世界的な気候変動に寄る 以上に暑い春だったりして 衣替えの
暦と気候がリンクしてないと思われ 気温に合わせて着物を選ぶと
相手に対して失礼に成ったりしないかと 着物初心者の自分は
オーソドックスなチョイスをしてまして 大汗をかいてます

寒い場合は下着で調整出来ますが 暑いのは困りますね!
posted by 喜多 at 10:13Comment(0)日記

素材の特徴

IMG_1413.jpg
一般的に知られてる コンクリート打ち放し
文字そのまま コンクリートが固まったままですと言う事

そもそもコンクリートとは 砂利と石灰の粉を混ぜて型に入れ
固めると 石の様な硬さの塊に成る事から ビルやダムの
大きな力の掛かる所に使われて コンクリートの素材その物を
意匠として使う様に成ったのは そんなに昔では有りません

近代建築で良く使われるコンクリート打ち放しは 無機質な
意匠からモダン建築に無くては成らないものに成りましたが
下地をそのまま仕上げに使うと言う事で安価と思いきや、、、

これが非常に高額に成って仕舞います 何故ならば
コンクリートを入れる型枠と言う器を作るのに 剥がす時に
綺麗に成る様に通常の合板(コンクリ―トパネル通常コンパネ)
とは違う 剥離性の良い化粧合板を使ったり ジャンカと言う
巣が空いてしまったり 綺麗に打てないと補修が難しく

下地として使う場合は多少の表面の出来は問題無く 強度重視で
綺麗さは二の次です 一発仕上げの場合にはコンクリートを流した
状況も其のまま見えて仕舞うので あれこれと気を使います

兎に角補修が出来ないと言うのが最大の欠点で有り難しい
またコンクリト打ち放しの工事経験の少なさが綺麗なコンクリートを
打て無い理由です

しかし土木においては意外に綺麗に出来てる物が多く不思議ですが
建築と工法と構造が違うの為に比較は出来ないのですが 土木は
コンクリートが其のまま仕上げに成ると言うのが通常で職人さんの
意識の問題も大きな要因です

IMG_1420.jpg
建築コストに気にせずに出来る公共の美術館や博物館などに
コンクリート打ち放しの物が多いのは 所説有りますが 
昔からの巨匠の設計がコンクリート建築が多いのもその一つ
ですから その弟子もコンクリートをどの様に使うか?
歴史からも読み解けます 今度は鉄骨構造について書きます。
posted by 喜多 at 09:21Comment(0)日記

小さな建築と小さな付属品

IMG_1684.jpg
上三川町に有る 白鷺神社からのご依頼で小さな建物を
それが先日金名水の井戸の上に上屋を作る事です

上屋は井戸に雨水が入らないのは勿論ですが 先日完成した
金名水の池で使う おみくじを入れる為の小屋と言う事で
神社の景観を損ねない様に デザインをしました
IMG_1680.jpg
設置場所は 手水舎の隣で池に隣接しています そこに
おみくじ用のガチャガチャを設置しますが そのおみくじが
水みくじと言うもので 水にぬれると文字が浮かび上がります

そのおみくじをぬらす場所が
IMG_1676.jpg
池の中に有る鳥居です 水上よりおみくじを流して 鳥居を潜り
下手で広い上げると言う事です

その水の中に入れる鳥居も作りました
金属制で ドイツ車の塗料で焼き付け塗装をしました
鳥居のデザインも色々と有るのですが 宮司様からの指示で

シンプルな神明鳥居にしました 製作する方も楽ですが
その比率やサイズは諸賢色々で 非常に難しいと感じました
その理由は
IMG_1674.jpg
今回の鳥居の大きさに有ります 通常の人がくぐるサイズで有れば
実際の神社が参考に成りますが 下の部分が水中に入るのと
上から鳥居を見ると言う事でして 足の長さと水中の部分を
色分けし 宮島の鳥居からヒントを頂き 今回の作品に成りました

また何年も綺麗な発色をして色あせない様に造りました
お近くを通りのさいは 是非お参りくださいませ

お水も名水でおいしいですよ!
posted by 喜多 at 09:37Comment(0)日記

ホンダF1優勝おめでとう!

63I7563-765x510.jpg
レッドブル・ホンダのタックでの快挙達成 おめでとう御座います
昨年まではマクラーレンと組んで 苦労しても報われずホンダが
全て悪いと言われましたが 今年は開幕のオーストラリアGPで
マックス・フェルスタッペンが表彰台に乗る快挙(3位)

その後トップチームの4台に追従し 時々3位に入ったりの結果を
残しましたが ついに頂点に立てました これは第四期のF1挑戦での
初勝利ですが バトン以来13年ぶりの優勝です

前チームのマクラーレンではホンダは散々な言われようで結果が出ないのは
全てホンダが悪いとチーム側からのコメント レースカーはバランスですから
一方的な事は無いと思って見てました

そして今シーズンマクラーレンからレッドブルに供給先を変えてから
劇的に早く成ったのですから シャーシ事態にも問題が有ったのでは?
と疑いたく成りますね 嘗てセナが16戦中15勝を獲得した時の
マクラーレン・ホンダの時とは見る影も無い最後尾を走る姿は悲しかった

自分も詳しくは解らないが メルセデスとフェラーリがここ数年上に居て
それにどこが割って入るか? という図式ですが メルセデスのパワーは
現在も優れてると言うが ホンダも少しは近づいたと言う事か?今後の
レースを見て行きたい 

1勝がもたらす チームのモチベーションUP また勝利の美酒をもう一度! 
posted by 喜多 at 10:03Comment(0)日記