秋の夜長に何をしますか?

IMG_1155.jpg
秋分の日を過ぎる頃から 少しづつ日が短く成りますね
夜が長く成ると 色々な事が落ち着いて出来る気がします

音楽も流して聴いていたものが じっくり曲を聴いたり
何かを作るのにも集中出来る気がします 

バイクの改造なども 汗だくで作業をしたのがうそみたいに
快適に作業に集中できますね 手作りのスピーカーとか
趣味の時間も有効に使える 気持ちの良い時期です

オートバイや自動車も気温が下がり 非常に調子が良い
紅葉の始まると渋滞しますが その前の今がドライブに
ツーリングとベストシーズンですね

当方は地区の役員に当番制で成ってしまい 運動会の
お手伝いをしなくては成らないので 連休も遊べません

色々なイベントに誘われたのですが 今年は諦めますが
連休を過ぎてから 恒例のドライブツーリングの企画も
しなくては成りませんが 今年は何処に行こうかな?

カブの日 スーパーカブでツーリング

IMG_1015.jpg
週末にお天気が良かったので 7台の原チャリで袋田の滝に!
124ccのクラッチ付きの変なカブで出掛けました
片道70kmの距離ですが 田舎道で信号も無く 適度に
カーブが有って中々良いコースでした

少し走っては 一服です バイクを見ながらあーだ こーだ
他愛も無い会話ですが 楽しい会話です

其々のバイクに拘りが有り 皆ピッカピカに磨いています
そして毎回見るたびに何処か部品が違い コツコツ仕上て居ます

今回の自分の相棒は 昭和の日本の働くオートバイ
「スーパーカブ」 新聞屋さん銀行さん 郵政カブなど
ピザの配達のオシャレバイクとは違い必実剛健な物が
IMG_1013.jpg
昨日銀行のおにーさんが乗って来た 最新のスーパーカブと
2ショット 随分と様変わりしましたね 
2007年から排ガス対策でインジェクションが採用され
足回りがボトム式からテレスコピットと言う普通のタイプに
ハンドルがメーター一体鉄板の曲げたカバー式からパイプ式
60年も前の設計が最近まで使われた稀なケースですが

普通のオートバイに成ってしまったのが少々残ねでは有りますが
燃料タンクがボディー(シート下)の中に有るとか
レッグシールドが付いてる等 変らないデザインは踏襲されてます

IMG_1012.jpg
自分のカブは プレスカブと言う種類で その名の通 新聞屋さんモデル
銀行タイプも類似ですが 前に大きなカゴが有りその前にライトと
ウインカーが付いて居ます 荷台は大きく伸ばされて 大きな荷物が
乗るのです その他ブレーキや足が経験で丈夫に変っているのですね

現在のカブと昔のカブを見るに 個人的に味が無くなったと思われ
それは耐久性より安全性を重視してサスペンションのストロークを
長くして 旋回時の転倒を少なくしました 引き換えにカブの
特徴だった フロントのボトムサスペンションが無くなりました

性能は悪いのでしょうが デザイン的郷愁が消えて 味気無い
古き良き物 それを残しながら 性能を上げる方法は無かった
のでしょうか? ポルシェがRRを必至に守って居る様に

最近のホンダ カブは中国で製造されてるそうですが 
製造1億台を達する今秋 日本でも製造するとか?
排ガス規制で50ccが難しく原付50cc免許を
100ccとか125ccにするとか? 

8月に製造を終えた ホンダモンキーも排気量UPして
復活するとか? うわさが出ています
普通免許で乗れる50ccでは今後の排ガス規制について
行けないので 免許の枠の変更も有るとか?

その昔 軽自動車も360ccでした それが550ccに
現在は660ccですので昔の倍近い排気量ですね。

因みに今回のツーリングでは 160kmを走り3.1リッター
燃費は51,6km/L ハイオクでも500円入らないですね。




posted by 喜多 at 10:58Comment(0)

音楽を楽しむ方法の可能性は無限に! 一つの方向性 自作スピーカー

IMG_1005.jpg
最近はイタリア製のスピーカーに凝ってますが
それと対照的に 自作スピーカーの可能性を追求
メーカーの優れた名器も良いのですが お粗末でも
自ら作る喜びもひとしおです

数十年前に有名メイカーからバズーカと言う筒型の
スピーカーが発売されて音はともかくそのデザイン性に
興味を持ったのです

あれから数十年 バックロード型を作ったりしてますが
塩ビパイプを使った 格安スピーカー製作をとのタイミング
友人の友人が丁度同じ様な物を作っていましたので 参考に
聞いて居ます

IMG_1002.jpg
設備や樋などに使う 硬質塩ビパイプを使います
色々な物が作られていますが 自分の惹かれる物が中々無い
デザインに優れてる事が 自作の何よりの事です
だって 音質的には既製品に任せれば良いのですから
個性的な自作スピーカーが出来れば 面白いと言うのが
そもそもの考えです

今回その感性に近いのがこの形です 
兎に角 簡単でカッコ良く それなりの音で十分です
自作スピーカーをこれから作ってみたいものです。
posted by 喜多 at 22:26Comment(0)

ロングセラーに見る 変らない物は凄いのですね!

IMG_0971.jpg
工業製品の中で ロングセラー品に何時も敬意を持っています
そして長い需要が有る事や時代が変っても需要が有る事は
作り出した時から長く売れると思ったか? 偶々か?

この夏生産を終了する ホンダモンキーが大変な人気でして
ここ半年の相場が異常ですね 今後も高値が続きそうです

そして今回の写真のご存知 働くオートバイ 「ホンダスーパーカブ」
ビジネス使用では無く レジャー目的でも細々とファンが居る
100%のモンキーの比では有りませんが 少しづつ改造品なども出てます

働くバイクとしてのイメージが強いカブを如何にカッコ良くするか?
難解で有れば面白いので 自分もカブのカスタムに年初からチャレンジ中
カブの代名詞 レッグシールド(白い泥除け)これを外すとカスタム度が
可也UPしますが 自分はこれを残します 1958年に誕生したカブは
未来素材の塩ビのパーツを選択し伊国のべスパーやスクーターの多くは
板金のレッグカバーを装着してました 当事の先進技術でしょうか?

IMG_0969.jpg
そんなマイナーな趣味の世界 スーパーカブの改造車でしたが
BSTV所さんの世田谷ベースで先日 所さんスーパーカブを買う!
そしてそれと同時にデイトナ等の雑誌で所さんカブ特集

以前に所さんプロデュースでカブを仕上たのでしたが
その頃は まだそんなに乗り気で無かった物の 
今は歴史から勉強しOHVの頃のカブを買ってレストアし
比較的新しい物を旧車風に仕上る 自分が作ってる物と
似てるかビックリです

所さんは ライトとハンドルが分かれたカモメスタイルですが
ハンドルの表現は諦めてパイプハンドルを使ってます
自分はオリジナルを重視しながら チョップトップにし
ロング&ローをイメージし ステップも拘ったのです

今が旬と思ってカブに取り組みましたが そろそろ他に
目を向けなくては活けませんね! 皆が解ると面白く無い
誰も見向きもしない物にこそ面白さが有るのですから!(笑
posted by 喜多 at 09:51Comment(0)

ジージの休日

IMG_0954.jpg
週末をちびっ子達と過ごす時間が多いこの頃
毎月最初の土曜日曜はぱんカフェの日と言う事で
ちびっ子達が泊まるので 色々と子供の遊びに付き合う

IMG_0891.jpg
何年も触れたことの無い 粘度で遊ぶのですが 色の多さにビックリします
そして 子供の創造性に触発されて少しだけ手伝って仕上ますが 本人が
納得しません 感性の触発に成ってます(笑

IMG_0966.jpg
自分の娘のころから有る 自分で作るゼリーのお菓子 娘と造った記憶は無く
ちびっ子達のおもちゃやお菓子など 知らない世界が沢山あるのですね
3歳に成ったCOTOはレゴブロックで上手に色々と作り出すので感心してます

1,5歳の頃から ネジを締めたり 物を解体したり 男の子のように
メカ好きの理系女子ですね またママの手伝いとかでパン生地をこねる
手つきも中々器用で根気強いので物を造る人に成りそうな予感ですね

3つ子の魂、、、と申しますが 色々な個性が出る年頃でそれも面白い
1,4歳のmomoは 純粋に無垢な存在で本能のままに 姉と対等だと
歳が近いと何でも出来ると勘違いしてるものの 果敢に挑戦する為に
何でも早いので 色々と大変でそれも楽しいものです

  知人の小児科の先生から聞きましたが 子供は4歳位に成ると人間に成る、、、
  3歳までは犬や猿でも略同じ知能で行動も同じだとか?
  それが4歳に成る頃に大きく変化するのが 未来を想像する事が出来るのだとか

  どんなに賢い犬や猿でも 未来の話は理解できないとか
  例えば 明日の為にお菓子を残すとか 苦い薬もその後 痛みが無くなるとか
  楽に成るので 我慢すると言う 近い未来を想像して納得するそうです

上記の事を理解し出した 姉cotoは猿から人へ変化中です
妹momoはお猿さんそのままです(笑


posted by 喜多 at 11:49Comment(0)日記

旬の野菜 無農薬とか有機野菜

DSC00260.jpg
ハウス栽培や海外からの輸入で旬の時期が曖昧な昨今
無農薬でありながら美味しい野菜を作っている「農人たち
オーナーさん曰く 其々の旬のど真ん中を目指して作る事
以前はハウス栽培もしていましたが 最近は露地物が殆ど

オーナーさんの話しでハウスはサラリーマンの如く
雨でも雪でも収穫が出来る=休め無い 天気と共にある農人なのが、、、
人間的で無いのと経費がそのまま商品に跳ね返るってどうなのか?

試行錯誤して今年からハウスは全て辞めた潔さに自分も賛成です
業種は違えども 人が人らしく生きる 食べる 住まうこととは
自然に逆らわずに上手に暮らすことと自分も思うからです

パリ協定 COOP21で二酸化炭素の排出量の制限が厳しく
車も住宅も変な方向に進みそうです 
 住宅はゼロエネ住宅とかで使用量と太陽光発電などでプラスマイナス=0
 断熱サッシや断熱材の質を上げてロスを少なくする 
 省エネ家電を使い使用量を抑え それを自給自足の様に太陽光を使う

それでもそれら商品を生産するにもCO2を排出してるので何とも言えない?
そしてそれらの商品が何年も使える物か? 不安は残る
茶道をして感じる事は 昔の生活の一部を再現してる様で
エアコンも無い時代に如何に 厳しい自然に順応し楽しんだか
すると昨今の大掛かりな住宅の設えがメタボ以外の何でも無い

そしてそれらの大掛かりな建物が何年もしないうちに取り壊され
また新たに同じ様な建物を建てる光景を何度も見てきた

先進国で住宅メーカーがCMをしてるのは日本だけだとか?
多くの国は地域ごとの工務店みたいな所が200年以上耐久性の有る
建物を造ってるからで 風土や気候を熟知した伝統の工法で建てられてる

日本も嘗ては農家のボロ屋でも100年150年は平気で使っていたが
現在は50年も建て替えしない物は稀であり殆ど無い 
  その理由として生活家電や個室の需要など生活の変化が著しく
  明治以降 西洋風の生活に憧れるところが大の為と思われる
世界的な異常気象や温暖化で昔と同じ様には行かないものの
生活様式が安定してきた昨今では 100年や200年の寿命の住宅を
建設しても良いと思います

そこで何時も言ってる事だが建物は寿命は有るが デザインの寿命が問題です
何時の時代にも愛される建物で有る事が寿命を延ばすキーポイントです
  今は最先端のハウスデザインでも そのメーカーの20年前の建物を見て
  今と変らなくカッコ良く素敵でしょうか、、、?
  最先端の住宅も20年ごは同じ様に成ると考える それは魅力的か?

京都の古い住まいを見ると今でも十分素敵で 流行に左右されない完成のデザイン
トラディショナルデザインは何時の時代もスタンダードで有りえると考えます
過度な装飾や流行を取り入れず 昔のカッコ良い建物を目指して行きたいものです

野菜の話しから滑りましたが 科学で季節など関係なく収穫が出来ると言うのは
おごった考えでは無いでしょうか?  その時期の物を美味しく頂き季節を感じる
食も住宅もその様にしたいものです。
posted by 喜多 at 15:43Comment(0)syoku

アルピーヌビジョン

IMG_0200a110.jpg
古いフランス車にも昔から興味が有りましたが手を出しませんでした
シトロエンもDS GS SMなど興味が有る物の 危険な香りが、、、

そしてスポーツカー好きとしてはA110とか5ターボ(初期)など
昔から乗ってみたい車 メガーヌRSが当社の駐車場に生息しだして
多くの仏車数寄が寄ってきます そしてBXが着てからは更にコアーな
方々が集まり出して こんなに仏車数寄が多いとはビックリしました

今度リリースするアルピーヌビジョンは如何な車でしょうか?
今時なTTの様な車に仕上がってるのでしょうね きっと?
posted by 喜多 at 09:14Comment(0)

暑くないお盆休みが過ぎて 今年も後半です

IMG_0767.jpg
しかし 肌寒いお盆休みでしたね、、、
空梅雨の6月頃から涼しい8月に成ると予想しましたが
本当に その様に成って仕舞いました 工事的には良かったのですが
農作物や今後の天候が気に成りますが 来週は暑さが戻るとか?

夏は夏で暑く無いと活けませんね 経済効果も下がるとか?
地球規模で異常気象に成ってますが 今後どの様に成るのか検討が付きません
建物を造る仕事に従事してる者として 予想数値を大幅にUP?でも費用が?
備える事にどれ位の予算を使わせてくれるのでしょうか? 

今回の写真は8月3日にオープンした「たかはら歯科クリニック
デザインと機能に多くの時間を費やしましたが 最後まで悩んだのがこれ
IMG_0752.jpg
キッズコーナーの設置です 自分はキッズコーナーは否定派でして
大人のデザインと上手く融合し難いのではまた 安易に子供にその場所は
自由で何でも有りと思うのでは? 通常の待合室に大人と一緒に座り
絵本や簡単なおもちゃで遊ぶ程度が良いと考えているのですが

ここ数年 孫のちびっ子達の行動を見て考えるに おもちゃの締める割合が
可也大きいのですね 何処かに行くよ!と言うと「そこにおもちゃ有る?」と
かえって来ます おもちゃの重要性が大きいのですね

歯科治療は大人でも嫌いな場所ですから せめて楽しいおもちゃは有っても
良いのでしょうか? それでも積極的に行きたい場所ではないかもですね
IMG_0776.jpg
歯科医院でのディスプレーでカウンターの上に多くのオーラル商品が並ぶのが
どうにも好きで無いので カウンターのトップをガラスにして商品をその下に
並べてみました クールでスッキリした待合室と楽しそうなキッズコーナー
子供の目にどの様に映るのでしょうか? 子供に聞いてみたいものです。
posted by 喜多 at 10:15Comment(0)日記

夏の旅 出羽三山

IMG_0852.jpg
平山郁夫氏が描いた慈恩寺境内の宝蔵院表門 境内で一番古い建築物とか
鎌倉以前の仏像の宝庫と称される 慈恩寺 嘗ては奈良東大寺寄りも多い
石高で3000石の所領を安堵されて 一般の檀家を持たない高貴なお寺

現在では出羽三山と言うと 月山・羽黒山・湯殿山と言いますが元は
慈恩寺が庇護していた葉山が入って居て 湯殿山は其々の奥院だったそうです

東北新幹線の小冊子トランベールで紹介されて最近はパラパラと訪れる人も出て
来ましたが 重文クラスの仏像をゆっくりと直に見れるのですから仏像好きには
たまらないポイントです

その少し上に有る 天王寺展望台からの眺めは最上川を中心に山形盆地が一望出来 
東は蔵王連峰 西は月山をはじめそれに連なる山並みが見える絶好の眺望です
IMG_0848.jpg
芭蕉さんもこの眺めを暫く眺めたことでしょう 誰も来ない場所ですので
誰にも遠慮する事無く 眺めていました 正に独り占めの贅沢です

その後メジャー所の立石寺 山寺に行きましたが流石に観光地という感じです
格が高いが故に衰退してしまった場所や昔から庶民の観光地に成った場所など
継続して集客を続ける事は凄いですね、、、パラダイムシフトが無い観光地
今後も円仁さんの徳が続くことでしょう。
posted by 喜多 at 10:07Comment(0)

たかはら歯科クリニック オープンハウス

THD-001.jpg
28日~30日の3日間 オープンハウスを開催しました
台風の影響で曇りの日でしたが 多く起こし頂きまして
ありがとう御座いました

何人かの方に 看板が小さく見え難いと言うご指摘を頂きました
初めてお越しの方には解り難いし通常のクリニックより解り難いのですね

前に吉田医院のオープンハウスのときにも ご親戚の方に
看板が解らなくて何度も行ったり来たりした、、、と
懐かしいフレーズを思い出しました

前の道路を通る方に 素敵な建物!と認識して頂き それが後ほど
歯科クリニックだったと言う事に成って頂ければ良くて 
看板の前に植栽がかぶって居て見え難いのも 優先順位の問題で
環境の配慮を最優先してる院長の考えが優しいのですね。

IMG_0799.jpgIMG_0786.jpg
いたる所に植栽を入れてます

IMG_0761.jpgIMG_0764.jpg
各ユニットからも 庭木や借景を取り入れ 少しでも気分を和らげられればと
院長のご配慮 四季を感じる庭を見ながら 良い治療をいただけると言うここは
心も口の中もリフレッシュする空間です。

宇都宮市上桑島町1277 たかはら歯科クリニック

たかはら歯科クリニック オープンハウスのご案内

宇都宮市上桑島町1277 8月3日にオープンする たかはら歯科クリニック
移転して新しくオープンします 
オープンに先駆けて 内覧会を今週7月28日~30日の3日間開催
 時間 10時~17時 治療の予約から歯科に関する相談会 
 お子様にはフッ素塗布体験 ヨーヨー釣り 記念品をプレゼント
お待ちしていますので 宜しくお願いします。
THD-032-A.jpg
このクリニックの特徴は 先生の人柄や技術は申し分ありません
ハード的に 患者さん専用屋根付き駐車場が有り車が暑く成らないのです
植栽を多く入れて緑や紅葉が綺麗です

他に無い設備としては psと言うメーカーの輻射熱冷暖房システムが
心地よい環境を提供してくれます NASAの水と言われる浄水器完備
自然素材の内装材を使用した事で 歯医者さん独特の臭いが有りません

デザインされたクリニックで口腔内も気分もリフレッシュして欲しいと院長
治療室からの全面ガラスの眺望は他に無い開放感で治療に関わるストレスを
軽減してくれると思います

ブログでも細かい写真を内覧会の後にUPしますので お楽しみに

ではオープンハウスに是非起こし下さいませ。

映画で登場する車

IMG_0543.jpg
くるまの話題が多い最近ですが 車に興味の無い方には申し訳ない
映画を見るときに 車好きはスクリーンに登場する車にも惹かれるのです
作者や監督が意図的に主役の相棒としてどんな車を選ぶか? とても興味が有り
その車が好きに成ったりします

車が主役?と疑う007シリーズに無くてな成らない車たち 
プリティーウーマンでケビンが下手に運転している 白のロータスエスプリ
刑事コロンボの愛車 凸凹のプジョー403オープンが パンパンと走る
トランスポーターのジェイソン・マイケル・ステイサムが運転するBMWやアウディ
マイアミバイスのデイトナ テスタロッサ
バックツーザフュチャーのタイムマシンデローリアン
ローマの休日のトッポリーノやべスパー
卒業のアルファスパイダー
映画の数だけ車も有りそうです

写真を見てこの映画だとわかる方は可也の車マニアいや映画マニア?
ケビンコスナーが乗って居た車です(登場する車は紺メタでしたが)
ボディーガードに出てくる
IMG_0531.jpg
エルカミーノと言うピックアップトラックです 自分が好きなアメ車の
3本の指に入ります 映画に登場して価格が上がってしまうのではと
ドキドキして中古車情報を見てましたが 反応は今一でした(笑

キャデラック顔をしていて 実はトラック4WDでも無いし 実際どんな
使われ方をしてるのか とても気に成ったものです 古くなってLAとかで
サーフボードも有りですが 新車ではちょっと違う? 配達でも無いし
ビジネスでスーツを着て物を運ぶ? それならバンの方が良いと思う

そんな何とも不思議なキャラクターのトラックですね 変な物を好きな自分は
そんな所がたまらなく魅力的です 変な物でもケビンが乗るとカッコよいです。

PS 日本では西部警察とか影響受けた方 多いのではないでしょうか?
  幸せの黄色いハンカチのマツダファミリア
  蘇る金狼のカウンタックが銀座を走るシーン 憧れました
  改めて振り返ると 邦画には車は少ないですね、、、 寅さんは歩きか電車
  東京を考えるとマイカーは庶民的では無いのでしょうか? アメリカとは違うのですね。

ガンディーニの車?

IMG_0560.jpg
先週の続きですが 今度仲間に加わるガンディーニ作の車が これ!

これって! フレンチブルーな一台!
良く解らないとおっしゃいますが 少しづつお楽しみを

その車は30年近い前で 1,6と1,9がある 5ドアーの車です
特徴はシトロエンの当事お得意のハイドロです 
ハイドラクティブとか言ったでしょうか 現在C5で消えて行く技術です

西部自動車が販売して 当事ユーノスにもデリバリーしシトロエンの中では
一番のセールスを記録した車種が BXと言う車です
IMG_0498.jpg
シトロエンのハイドロとは サスペンション・ブレーキ・ハンドル・クラッチその他を
緑色のオイルを血液の様にして動力のアシストをする メカの事です

ガメラかガミラス星人では無いですが 緑の血液を流して 動かなく成る
シトロエンは壊れる車とか都市伝説を多く配信したのがハイドロです

ではそのハイドロの特徴は? 
他に比較の出来ない乗り味です これにはまると抜け出せない事や
エンドレスにあちこち壊れる事をパロッテ ハイ泥沼などと言います

世界のどの車にも無い乗り味は 昔からとても気に成り購入を何度も
検討しましたが 当事は速い物を求めていたので あまりに非力な
シトロエンに触手が伸びず 購入に至らなかったのがシトロエンです

スーパーカーから軽自動車やミニ・パンダを乗り継ぎ 漸くハイドロに
たどり着いたと言うのがこの車です

ハイドロも最近の物からもっと古い物まで有りますが 今回不思議なご縁が有り
譲っていただく事に成りましたBX君 自分の感覚にどのような影響を与えてくれるか?
とても楽しみです 但しスピードは卒業!なんて自分は言う訳も無く それはそれ

速い車は別のメーカーに任せて PTOに合わせ車をチョイスして乗れれば最高です。



マルチェロ・ガンディーニ イタリア人デザイナー

IMG_1395.jpg
自動車を好きに成るのは その車の性能だったりしますが
カッコ良いスタイルにひかれる人も多いと思います

車の雑誌やカタログの数字に 創造の世界が開いて夢を見る
同じ様に掲載されてる写真を何度も見たりしてニヤケたり
車好きな方は 理解出来る光景ですね

自分が好きな車には共通点が有りまして それらの車をデザインした人が
「マルチェロ・ガンデーニ」と言うイタリアカロツェリア・元ベルトーネのチーフ
デザイナーです
その人の手掛けた車だと言う事です 代表作は ザ・スーパーカー カウンタックですね

カウンタックは前衛的で未来的 そんな彼はランボルギーニ・ミウラも手掛けています
古典的なものも彼の手に掛かると 何ともエレガントなデザインに成りますね 古典も
出来ると言う事ですね

ピニンファリーナやジージアロウとも違う天才がガンディーニさんですね
何でもミラノのオーケストラの指揮者の家の産まれだとか? 音楽的な
才能も有ったのでしょうね

前フリが長く成りましたが 自分の好きな車のデザイナーを調べるとガンディーニ氏が
多いのです 直線を上手に使いこなすデザインに何とも心が聞きつけられるのです
今度購入する古い車が 彼の代表作の一台です 近い内に掲載します。

涼を感じる

IMG_0521.jpg
異常気象とか温暖化とか 気候の変動が話題に成りますが
野菜や果物など旬の食べ物なども 温室栽培や保存技術が上がり
季節に関係なく 市中に出回ります イチゴなどは最盛期がクリスマス

需要に合わせた 不思議な製造とそれを求めるニーズに因るものか?
現在、宇都宮郊外でアグリカルチャー事業を展開してる「農人たち」
その農人たち様からの仕事の以来が有りまして 自分にとって未知の世界

数年前に ソニーコンピューターサイエンス研究所に招待されたときに
農業のDrの講演を聞いて 農業に興味を持ち頭に残って居ましたので
今回の仕事の依頼は キィ た~!って感じでした

農人たち代表の宮本さんは元ITの人でして 根っからの農家では無く
柔軟な思考と先を見る目を持ってると感じました

IT出身と言うとデジタルな農業をイメージしますが 真逆ですね
デジタル過多の環境に居ると 無性にアナログな物を求めるのでしょう
共感する事が多く これから暫く 自分も農業を勉強したいと考えています

今回はプロローグ的な投稿ですが 徐々に細かいところを紹介したいと思います。